『友情 力あり』
2008/04/28(Mon)
城山三郎著 『友情 力あり』 を読む。

内容の予告もなく(殆どの本がそうだが)読み始めた。

昭和14年、日中戦争から2年後日米開戦の2年前という時節、6回目の「日米学生会議」に参加した日本人学生50人アメリカ人学生ほぼ同数についてのその後の友情に着目し、その時の「日米学生会議」がどのようなものであったかについてそれぞれの人の記録や談話によってつづられている。

昭和14年の日本の上流家庭の優秀な子弟の様子や、アメリカの様子が伝わってくる。

当時の日本とアメリカの格差を現すものとして「アメリカの広大さ、物の豊かさ、機械文明、ほとばしる活力、あふれる自由、日本の学生達は禁断の木の実を口にする」とある。そして「日本には何もないといっていい」と肩を落とす学生もいる。
一方で遊園地のジェット・コースターに載ったときの奈良という人の感想を
≪奈良はそこに<アメリカ的マゾヒズムの感覚>をみる。あるいは、<物質的享楽主義傾向>を。<機械による娯楽、機械による散歩、機械による家庭生活・・・・・。機械で生まれ機械にいぢくりまはされて死ぬ(アメリカの病院は機械で埋まっている)。即ちアメリカ文化発展の規律者は物質であり機械である><彼等は新しいもの、新しいものと標榜し乍ら何か感覚にアピールするものを求めている。新しい国をより新しくするものはこの進取性に他ならない>と記しているという。

この格差ある中で、双方の学生達は自由な討論を展開する。

そして、次年度「日米学生会議」にむけて、アメリカ人学生がもつ日本の満州などへの「野蛮的侵略行為」との思いを払拭させるべく、第一回以来の慣例どおりアメリカの学生を招き朝鮮・満州へ案内しようと計画を始める。

≪いまから思うと、あの時代、アメリカ人学生を満州へ案内すると言うのは、薮蛇どころか、危険な賭けの感じがあるが、当時は満州が満州族、漢族、蒙古族、朝鮮民族そして大和民族の「五族協和」の地であり、日本の主導によって、新しい「王道楽土」が作られていると一般には受け取られていた。≫
の記述を読むと、なんともびっくりする。

この「日米学生会議」については始めて聴く事柄でないような気がして考えてみると、白州次郎についての本を読んでいて、白州次郎がサンフランシスコ講和条約が締結されるとき吉田首相に同行し、宮沢喜一も同行していて好印象をもったという話の中にあったのではないかと思う。

この「日米学生会議」のメンバーがのち日米関係の中で政界や財界の重要なポストにいて友情をはぐくみながら国難にあたる部分に繋がっていく。

城山三郎の行くゴルフ場で見かける、大蔵大臣・宮沢喜一をメンバーの一人とする仲の良い四人組みの話である。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『慶州ナザレ園』
2008/04/27(Sun)
上坂冬子著 『慶州ナザレ園』 を読む。

韓国の慶州に「ナザレ園」という施設がある。
韓国にいる日本人とその家族が暮らしている施設である。

金龍成理事長はじめ入居者の数奇な運命が語られている。

入居者には、
①戦前に自ら選んだ恋の結末として、両親の反対を押し切り逃避行で朝鮮に渡った人
②本人の意思に関わりなく戦前に両親に連れられて海を渡った人
③徴用などによって内地に渡ってきた朝鮮人の男性と結ばれて、戦後に独立した夫の母国に勇躍帰国したケース
がある。

国籍については
①日本国籍の人
②韓国籍の人
③二カ国の国籍を持っている人
④どちらの国籍もない人
がいる。

その物語は、日本が朝鮮半島を統治していた昭和の初めころからこの本の書かれた昭和57年くらいまでの韓国の歴史でもある。

その生活は、経済大国日本へとたどった日本にいる朝鮮人の生活とは随分違っている。
山の斜面の穴の中で生活をしていたり、乞食をしたり。

やっとこの施設に入居できはしたものの此処での生活もさほど良い暮らし向きではない様子。
それでも安心して暮らせると言うことで自分を取り戻している。

日韓の友好関係によって、日本に帰国できるようになるが、こういった人々は事情が色々で対象であることの証明がむつかしい人もおおいい。そしてやっと証明できても日本にもう身寄りがないとか、今更といって引き取り手もない人が殆どである。

しかし、上坂冬子の取材中にこの「ナザレ園」から日本の老人ホームへ55年ぶりに帰国できるようになった人もいる。

終戦後の日本人の苦労については、藤原ていの『流れる星は生きている』の引用によってその状況を説明している箇所もあった。偶然、藤原ていの作品は去年涙ながらに読んだばかり。藤原ていは帰国して数年でその状況を書いているので詳しく書かれているのだが、上坂冬子の取材は何十年も過ぎてのことであるし、韓国に残ってそのまま暮らした人なので映像的に訴えてこないぶんよけいにつらい話だ。

その時の入居者はそれから26年もたっているのでもうなくなられた方も多いだろう。
いずれにしろ日韓の友好関係が、この人たちの生活を左右する。どうかいい関係が続きますようにと祈り続けるという。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『永訣かくのごとくに候』
2008/04/25(Fri)
大岡信著 『永訣かくのごとくに候』 を読む。

≪「生があり、死があるから無量の法があるのではない。無量の法があるから、生があり、死があるのだ。無量の法とは、一切の有によって測り得ぬもの、すなわち無にほかならず、無なるがゆえに一切の有のうちに宿り、これを動かしている活機にほかならない。だからこそ、生は全機現であり、死は全機現であるのだ。」
「生」をも「死」をも無量の法が包攝(ほうせつ)し、貫流しているのだと信じるなら、生死の問題を考えるに当たっても、その立場そのものがすでに単なる相対論を超えていなければならないだろう。「しかあれども生は全機現なり、死は全機現なり」とは、そういう立場に立たなければ了解できない思想だろう。
私にはそれを把握しているという自信はまったくない。いつも鬼にせせら笑われているだけである。・・・・・・この本はそういう中途半端な、しかし追求心だけは多少とも持っている人間が書いた小さな本である。・・・・・・≫
この文章は、「あとがき」の抜粋である。

ながいながい「序章」があって、十章まである。

一章読み終わるごとに、先に掲げた「あとがき」を読んだのではないかというほど気になって読んだ。
大岡信が、若い頃くりかえしくりかえし読んだ、道元の『正法眼蔵』の一節を噛み砕いて語ってくれている。

正岡子規の最後、漱石の最後、国木田独歩の最後、岡倉天心の最後、渡辺崋山の最後などいずれも比べることなど出来ない最後。このように最後を描かれた本にであって行間に打ち震えるものを感じた。

しかし、死に対しては何処までいっても無量であるということがわかった。
わかってしまえば、ある意味ではそのことを考えるのはナンセンスなことであったような気がする。

ただ、芸術家の最後というものは、それを現して打ち震えるほどの感動を覚えるものであるし、自分の最後にこれらのことを思い出すことが出来れば感動的に自分の最後を見つめられるのではないかと思える。

良書であり重い本であった。

   糸瓜咲いて たんのつまりし 仏かな
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『人間を読む旅 城山三郎+佐高信』
2008/04/22(Tue)
城山三郎・佐高信の 『人間を読む旅 城山三郎+佐高信』 を読む。

「まえがき」を城山三郎が書き「あとがき」を佐高信が書いている。

第一章は、本書のために新たな対談を加えたもの。
第二章~第七章は『城山三郎伝記文学選』の月報での対談。
第八章は読書ノート的なものと「まえがき」に紹介されている。
また、城山三郎は佐高信のことを、畏友と述べている。

財界の人、政界の人など、城山三郎の本で扱った人物を中心に、いろいろな人を辿って話がすすんでいく。

話題に上る人々は、私の場合、城山三郎の作品を読んで始めて出会った(『秀吉と吉武・・・見上げれば海』・『指揮官たちの特攻』・『もう君には頼まない・・・石坂泰三の世界』・『粗にして野だが卑ではない・・・石田禮助の生涯』・『落日燃ゆ』など)というくらいで、どうしてその人をテーマに選んだのかというところに大変興味をそそられた。
彼の作品ではないもので知った大原孫三郎については、私の知らない「気性が激しい」という意外な性格の記述がある。
そういった対談だから出てくるそれぞれの人の生身の人間くさいエピソードが大変面白い。
知らない人のことが多くかたられており話の中に入っていけないところも多い。
とくに外国の人や作品についてはほとんどまったくといっていいほど知らない。
でも、書かれたものがそばにあればすぐにでも読んでみたいきがする話ばかりだ。

佐高信については何故か中坊公平に関する本ばかりを読んでいた頃に何冊か読んだことがあり中坊公平氏に関する秘話も聞きたいところだったのだがなぜかそれはほんの数行しかなかった。

最後の「第八章 私の読書術』はジーンと来るものがある。
読書というものをこのように捕らえて書いてあると読書好きの私としては救われる。

城山三郎は井上ひさしとも対談をやっていて双方ともそれが大変楽しかったと思っているという。この対談集は読んでみたい。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『井上ひさし 本の運命』
2008/04/19(Sat)
井上ひさし著 『井上ひさし 本の運命』を読む。

井上ひさしの本は文章が平明でわかりやすく楽しく読める。
井上ひさしが自分の人生と本とのかかわりについて書いている。

こういった本を十分読むことで職業が成り立っている人たち、考えられないほどの本を読んでおられるのだがそういった人たちの本との出合い方はに興味がある。
膨大な資料を集めておられることで有名な松本清張や司馬遼太郎がどういう風に本を集めているかのエピソードもおもしろい。
本の好きな人が本を読み、本を書き、本屋や古本屋になり、図書館を造り図書館に勤める。そういった人たちで繰り広げられる本の運命といったことに興味を持って書かれた作品である。
 
井上ひさしの読書の方法、あとで資料として役立てるための読書法も紹介されている。
私もこのようにブログを書くようになってそういった読み方が必要なのではないかと感じていたところだ。
本を読んでいざブログを書こうとすると、印象に残っているところの正確な記述がどこら辺にあったのか分からない。それを探すためについにもう一回読んでしまったというようなことも何度かある。
それはそれで、〆切があるものでもないし、読みもぐんと深まるのでいいのだが、いつも2、3冊を平行して読んでいることが多いのでほかの続きが読みたくて、早くやり過ごしたいと気がせいていることが多いのだ。

ただ、井上ひさしは本を買い求めて読んでいるので、書き込みを入れたり、線を引いたり、のりで貼り付けたり、ヒモをくっつけたりいろいろ工夫をしているのだが、私は大方借りてきた本なのでそうはできないし、本との出会いは一期一会だ。

このブログの前の記事で李登輝のことが書いてあったがブログを書くようになってから以後の100冊あまりの本の中にも何度か李登輝のことが書いてあったのだが、印象だけが残って正確な記述には出会えないもどかしさは否めない。
なんだか、行きずりの読書にあまんじる他はないのだろうとちょっと寂しさも残る。
しかし、二階の本棚の本、地震があると床が抜けるのではないかといつもひやひやしていることを考えるともう増やすことも出来ないしお金も続かない。
げんに井上ひさしも床が抜けたと言っているし・・・。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『冬子の兵法愛子の忍法』
2008/04/18(Fri)
上坂冬子・佐藤愛子の 『冬子の兵法愛子の忍法』 を読む。

この本を出版をするために企画された往復書簡である。
いうなればやらせの往復書簡集である。

「はじめに」にそのことが紹介されてあったのですかしがっかりして読み始めたが、お互いに誠実な手紙のやり取りなので、政治・外交・歴史観などに対する評論がだんだん面白くなっていった。

たとえば、台湾に対する考え方。

≪だからね。
私は佐藤さんのお手紙にスニヨンたち高砂兵に「謝罪したかった」とあるのを読んで、ちょっと違和感がありました。そりゃ高砂兵のスニヨンに対して日本からのカンパが横井庄一さんの四分の一しか集まらなかったのは不公平な気もします。
でも、私だったら可哀想とか気の毒とかで涙することはあっても、「謝罪」って気にはなれないと思います。だって、戦争って私の手に負えるものじゃないもの。
少女の私は時代に流されるしかなかったわけで、私に謝罪責任は無い。まあ字で書くとこんな方ぐるしい表現になるんだけど、この種の問題で私ごときが謝罪するのはおこがましいというような思いすらあります。・・・・・・・・≫

お互い台湾の人を主題にした作品を書いている。
上坂冬子は『虎口の総統 李登輝とその妻』であり、佐藤愛子は『スニヨンの一生』である。

上坂冬子はこの作品を書くために再三台湾に渡っている。佐藤愛子は1回である。

李登輝については、数年前『アエラ』で、台風か何かの変災時のとき、その対応指令を児童館から出したと言う記事を読み、当時、私達の自治体が児童館のランニングコストについて気にしていたとき、公共の施設がこういった変災時に役立つことを提案したことがあったので印象に残っている。
また、司馬遼太郎にも李登輝との関係について書いた作品が少しあったような気がする。
そのため李登輝については私にも好印象がある。

『スニヨンの一生』は、日本が台湾を統治していたときの原住民高砂族で日本名を中村輝夫といいモロタイ島守備隊の一員であった人の物語であるという。この当時の台湾の話は、このブログにも紹介した『Fマン事件』でも扱っていたのを読んでいたのででかなり理解が深まった。同じように統治しても台湾と中国の満州・朝鮮半島では国情も違えば国民性も違うし、統治した総督府の長によっても違いがあろうがなかでも日本の当地に対していちばん嫌悪感を感じていないのが台湾であると思える。
この『スニヨンの一生』を読んでみたくて近くの大学の図書館と公民館の図書館を探してみたが残念ながら無い。

このお二人の人間のどうしょうもない情の深さ浅さといったようなものも感じた。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『じどうかんものがたり』
2008/04/16(Wed)
財団法人 児童館育成推進財団 発行による 『じどうかんものがたり』を読む。

コミックである。
「數納賞」入選作品をもとに多くの方に児童館のことをもっと知って頂きたいと考え、親しみやすいマンガという形式を試みましたとある。

学園ものコミックが数多くある中、児童館ものもコミックが出たかともいえる。
全国で、膨大な学校人口(学校に在籍している人またそこに従事する教職員・事務員・現業員給食関係者などなど)に対してコミックマンガがあるのは当然だが、いまや少子化対策として児童館の普及率も上がってきており、児童館の存在も生活の中に日常化されていっているのかもしれない。

しかし、これは児童館関係者から見ると少し違っているのではなかろうか。児童館は普及しているけれどもその開設条件は学校のようにカリキュラムに至るまで画一化され義務教育として普及しているのとは違って、あらゆることが自治体によって違う。共通認識としてマンガコミックに表現できるものかどうかわからない。

児童館にかかわったいち個人の話であればまったくどのようであっても関係ない話ではあるが、児童館を描き、それを広報しようと言うことになればかなり違いがあると言うことだ。

この本には4つのものがたり
  「中学生と赤ちゃんの交流事業 愛しいって、こういうこと?」
  「難病の子どもを地域で支える虹の架け橋」
  「子ども主体の児童館まつり僕たちの夏」
  「中高生活動支援「町ING(まっちんぐ)児童館っておもしれえ!」
という実際に活動したことをレポートし優秀と認められたものが、マンガ化されている。
児童館における活動が、利用する人々に生きる喜びをあたえた記録が描かれている。
最初の話の中で、中学校にこの企画をしめして協力を要請したしたとき一番反対していた教頭先生が「性教育より効果がある」と思う部分がさもありなんといった感じがする。
実際には児童館はこれら4つのパターンの活動プラスもろもろのことに複合的に応えていく必要がある。
世の企業と同じく小さい施設ほどオールマイティーでなければいけないしお客を選ぶことも許されない。
児童館への需要が高まるなか、児童館が最低限住民になにがサービスされなければいけないかと言うことから考え直す時期に来ているような気がする。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『だます心 だまされる心』
2008/04/13(Sun)
安斎育郎著 『だます心 だまされる心』 を読む。

3月の20日頃久しぶりに近くの大学に行って本を借りた。
岩波新書だけでも随分多くの本がある。何段にもずらーっと並んでいて全て購入し取り揃えておりますと言った感じだ。
何冊か借りたが年度終わりと年度始めの忙しさ。
毎日超過勤務でくたくたで読書どころではなかった。
ブログを書いていることさえ忘れるところだった。

この『だます心 だまされる心』と言う書名、意外な感じがして借りた。
読んでみるとまたまた意外な感じだ。

著者は、東京大学の工学部の学生の頃から奇術を趣味としてやっている人で、人をだまして楽しませる達人を自認している。人間の思い込みをいかに逆手に利用して奇術を成功させるか研究しているのでこういった書物を多く書いているようだ。

普通一般にある「だます」ということの犯罪性や不道徳性についても書かれているが、著名人として崇められている医学者や物理学者、考古学者などがその分野で嘘偽りをいっていたと言う詳細な記述に驚く。
例えば森鴎外、彼は軍医の最高の位にまで上り詰めた人だが脚気の原因について途中で自分の論が間違っていたことに気づくが最後まで自分の論を曲げなかった。そのために日露戦争では戦死者47000人に対して脚気による死者27000人という被害をもたらした。また、北里柴三郎がペスト菌を発見したとき東京帝国大学を中心とする学会と共に鴎外はそれを認めなかったと言う。
また、世界的な物理学者の長岡半太郎、初代の大阪大学の学長で湯川秀樹や朝永振一郎らの素粒子物理学グループを育成したほどの人だが、50歳を過ぎて「水銀を金に換えることに成功した」と発表し、錯誤したいきさつについても、頑固な人が人の意見を聞かないために優秀な頭脳を「夢追い人」に終わらせてしまった話として書かれている。
そして、野口英世が、いまでは間違いだとされている「レピトスピラ・イクトロイデス」を黄熱病の病原菌だと発表したこと。
最近では「神の手」を持つと言われた旧石器発掘捏造の藤村氏についてなどなど。

こういった話を読んでいると、私達が今、先端科学理論だと思っていることもいずれ測定方法などの進歩などで、まったく違うことになっていくのではないかと言う気がしてくる。
ノーベル賞を受けたような理論もそうではないことが証明される可能性もおおいにある。
天動説が地動説になったように・・・・・。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |