「御文書」
2008/10/29(Wed)
『正信偈和讃』を読む

 仏壇の片付けをしていて何冊かの『正信偈和讃』のなかに古い『正信偈和讃』があった。       見るからに古いので捨てようとのけておいた一冊である。
印刷・発行は大正3年、その『正信偈和讃』のなかにこの「御文書」を見つけた。

 ≪それ女人の身は五障三従(ゴショウサムショウ)とて、男にまさりてかかる深き罪のあるなり。この故に一切の女人をば十方にまします諸仏もわがちからにては、女人を仏になしたまうことさらになし。然るに阿弥陀如来こそ女人をばわれ一人たすけんといふ大願をおこしてすくひたまふなり。このほとけをたのまずば女人の身の仏になるといふことのあるべからざるなり。これによりて、なにとこころをももちまたなにと阿弥陀ほとけをたのみまいらせて、ほとけになるべきぞなればなにのようもいらず。ただふたごころなく一向に阿弥陀仏ばかりをたのみまいれせて、後生たすけたまへと思ふ心ひとつにて、やすく仏になるべきなり。この心のつゆちりほども疑いなければかならずかならず極楽へ詣りてうつくしきほとけとはなるべきなり。さてこのうえに心得べきやうはときどき念仏を申して、かかるあさましき我等をやすくたすけまします阿弥陀如来のご恩の御うれしさありがたさを報ぜんために念仏もうすべきばかりなりとこころうべきものなり。あなかしこあなかしこ。》
 ≪それ女人の身は五障三従(ゴショウサムショウ)とて、男にまさりてかかる深き罪のあるなり。》にびっくりすると同時にこの時代のことであるからしてさもありなんという気もする。ほかの御文書やお経を読んでみても男でも二心無く阿弥陀仏に頼み参らせないととあるように思うのだが・・・・・。

 もうひとつ
 ≪そもそも当国攝州東成郡、生玉の庄内大阪という在所は、往古よりいかなる約束のありけるにや、・・・・・・・・≫
と、聖地めぐりをお勧めするような経もある。

 さすが、戦後生まれの私は生まれてこの方このような経は聞いた事がない。
 歌は世につれ世は歌につれなどというが、お経も世につれ世もお経につれと苦笑いするしかない教本であった。
古い本にはそれなりその時代の空気が残っているの感を持つ。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『「邪馬台国」はなかった』
2008/10/27(Mon)
古田武彦著 『「邪馬台国」はなかった』 解読された倭人伝の謎 を読む


 もともと私には邪馬台国について考えを持つほどの知識が無かった。
読んでいるうちに、そういえばそんなことをテレビで見たことがあるなとか、または、学校で先生に習ったことがあるなと思える程度のことである。
 いきなり、天下国家の論争である邪馬台国についてひとつの理論を拝読するのであるから時間のかかることこの上なかった。読むことへの時間でもあるが、いろいろと考える時間でもある。
 しかし、邪馬台国を知る上においていきなりこの著者である古田武彦氏の論を知ることは大変名誉なことであったようだ。何も知らずして真っ当らしき論に出会ったから。

 彼は、邪馬台国について記されている魏志倭人伝の選考から論をといている。
そして、日本の皇室図書寮に現存する紹熙本(1190年~94年にあたる紹熙年間に刊行された。『三国志』65巻の中魏志の第1~3巻を欠くだけで、他の62巻がある)を定本にしている。
そして、それらの記述において、誤りであるとか、誇張表現であるとか写し間違いであるとか言われていた部分についてひとつひとつ検証し、誤りであるとか、誇張表現であるとか写し間違いではなく、正確な記述であると論破し、正確に邪馬台国は『邪馬壹国』であり、博多であると解く。まったく異論を寄せ付けない説得力を持って読者に解説をしてくれる。どんな質問でもいいからして欲しいとも投げかける。
 このような本に出会うと、遠い昔のことであるので、読んだ後とてつもない想像が私たちの頭の中を駆け巡る。
 ながく日本の輸出製品として商品として樟脳があることを見てきた。日本以外には樟脳は無いのか?という疑問がわいてくる。神皇正統記の反対論者である楠正成は楠の既得権の持ち主であったと聞いたことがある。
 楠というものが、日本にしかなく、その木が虫に食われず真直ぐに腐らず巨木に成る。海洋民族である倭人が、その楠によって作られた船に乗ってアンデス山ろくやロッキー山ろくに出かけていく。コロンブスよりずっとずっと早くアメリカ大陸と行き来していた様を想像する。
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
『四季物語』
2008/10/05(Sun)
早坂暁著 『四季物語』 を読む。

目次
     1月 正月の女
     2月 お化け
     3月 春子の人形
     4月 虫愛(め)づる姫
     5月 鯉のぼり
     6月 花嫁の父
     7月 七夕の女
     8月 記憶
     9月 9月の台風
    10月 女相撲
    11月 月(ルナ)の愛
    12月 ロングサイズ

 図書館でこの本に出会ったとき、懐かしい気持ちになった。
 私の過去に早坂暁ブームがあって4・5冊読んだことがあったからだ。
 ことの発端は、松山の愛媛大学で早坂暁の講演を聴いたことにさかのぼる。
 それまで、早坂暁のものは読んだことが無かったし、映像化されたものも観たことがなかった。
 その講演の内容や感想を小さな新聞の記事に載せることになっていたために、聞き逃しのないよう丁寧に聴かなければとは思っていたのだが、話に引き込まれて、いっぺんにファンになってしまった。
 お遍路さんの話であった。
 帰って『花へんろ』を初めとして『夢千代日記』などを読み(後は覚えていない)、とくに『花へんろ』が気に入ったことを思い出していた。

 この書を読みながらさらに早坂暁の文体を思い出して「いいな」と感じる。
 
 ここではたいへんショックを受けた「11月 月(るな)の愛」について記しておきたい。
 近親相姦の話題である。
 著者の知り合いの方で青少年の電話相談を開設されている方がいて、その相談内容についてである。
 8割が性の悩みで、中に年数百件の母子相姦の相談があるというのだ。
 父親に犯された娘、兄に犯された妹などは残念ながらあるだろうと想像できた。しかし、母子家庭でもない家庭で母子相姦の関係があるとは・・・・・。また殆どが、母親の方から息子に関係をもっていき、その関係に悩んだ息子が相談をしてくるというのである。
「あれ、まあ、」の世界だ。知らなかったのは私だけでしょうか。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |