『この国のかたち』2 
2009/02/28(Sat)
司馬遼太郎著 『この国のかたち』2 を読む。

 この本も23の短文が編集されている。
 どの文もいろいろなことを教えられるのでいちいち記録したいが、昨今の官僚の気分の悪くなるような報道を見るにつけて、江戸幕末の官僚、川路聖謨(かわじとしあきら)という人についてかかれた「江戸風景」について、記録したい。
 彼は、勘定所あがりの役人で江戸開城の日、ピストル自殺をして幕府とともにみずからをを葬った人だという。
 彼の父は下谷に住む浪人であったが、聖謨は俊才を見込まれて長男ながら川路家に養子に行き17歳で勘定所の試験を受け合格した。合格した川路は、いきなり支配勘定出役といういわば高等官最下級になり、養父や実父より豊かになった。そして、21歳で本役、31歳で勘定組頭格、40歳で佐渡奉行になり、奈良奉行、大坂町奉行、勘定奉行、外国奉行を歴任し開国前の1853年、ロシアのプチャーチンの長崎渡来のときも幕府を代表してかたく国是を守りつつも縦横に交渉して外交史上に大きな足跡を残したという。
この話の中で、徳川家の立場と特徴が浮かび上がってくる。徳川は諸大名が藩校をつくり学問を奨励したなかにあって学問を推奨しなかったために勘定所がその役割をはたしていたとか、あるてんおおらかで、勝海舟やこの川路のようにもともと武士ではなかった人が旗本の株を買い直参になるようなことがわかっていたにもかかわらずこういった人の中に逸材のいることを知っていた気配がありそれを用いたといったことである。
「川路はじつにみごとな和文の書き手であった。」ともいう。公務のあいまに感想と観察の日記を書き続け『島根のすさみ』・『長崎日記』・『下田日記』などを書き、これらは江戸期の行政者の気息をしるのに得がたく、また文学的価値も高いという。

 こういった逸材が行政の中で力が発揮できればと願わずにいられない。

 そういえば古い話になるが、広島市の教育委員会に役所の中で上下に尊敬される役人がおられた。定年後のある日、新聞にその人の生い立ちについての記事が大きくでていた。
原爆孤児であった彼は、駅の掃除をしていた他人の婦人に育てられた人であったという。
記事を読んだ後、聞いてみると市役所の試験に合格し、保証人を立てなければいけないとき、私に保証人はいません採用したのが教育長さんだから教育長さん保証人になったくださいといわれたということでした。そんな人のことなども思い出した。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『この国のかたち』1
2009/02/24(Tue)
 司馬遼太郎著 『この国のかたち』1 を読む。

各章いちいち内容がこいくいいと思うし記憶にとどめおきたくて記載していたが早く読み進みたくて最後まで一気によみおわった、2,3と読み進みたくもあって、各章の題名をあげて、何が書いてあったかと読み返すとき、その内容を思い出せればそれで幸いということにする。

 「正成と諭吉」
 「機密の中の国家」 
 「明治の平等主義」
 「日本の近代」
 「尊皇攘夷」
 「浄瑠璃記」
 「信長と独裁」
 「高貴な虚」
 「孫文と日本」
 「江戸期の多様さ」
 「若衆宿と械闘」
 「藩の変化」
 「土佐の場合」
 「豊臣家の一情景」
 「谷の国」
 「六朝の余風」
 「日本と仏教」
 「日本の君主」
 「若衆制」
 「苗字と姓」

とはいうもののここですこし「孫文と日本」についてふれておく。
 孫文は、大正14年亡くなる数ヶ月前、日本にやってきて神戸で「大アジア主義」という演説をした。
「いまから三十年前まで、わが全アジアには、ひとつの完全な独立国もなかった。」三十年前とは明治27年日本が安政以来の不平等条約をようやく解消した年のことである。
 「あなたがた日本民族は、西方覇道の手先となるか、それとも東方王道の干城になるか、それは日本国民が慎重にお選びになればよいことです。」その後の日本がどうなったかは、触れるまでもない。と述べる。
 この演説の意外さは井伊直弼が安政条約を結んだ1858年から明治27年までの36年間の日本は、欧米の植民地であって独立国家ではなかったと規定したことである。とこの36年間について触れて日本人の中に欧米の植民地であるという意識がなかったことを述べている。

この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『この国のかたち』1 「“統帥権”の無限性」
2009/02/23(Mon)
 司馬遼太郎著 『この国のかたち』 「“統帥権”の無限性」を読む。

 昭和の始めころから敗戦までの十数年間についての話である。
 日本の歴史とか、特性を語るときさまざまな切り口があるが、司馬遼太郎はどの切り口から見てもこの時代は他の時代からつながっておらず不連続であるというのである。
 この時代に兵役に借り出された著者としては、資料を集めれば集めるほど、取材をすればするほど、日本を破滅に追いやった統帥権者独走ぶりがどのように考えても腹が立って仕方がないということが強く伝わってくる。
 丸谷才一に「司馬さんには、昭和の戦争時代が書けませんね」といわれうなずくしか仕様がなかったといっている。
 よかったことなら書けるが、まだ関係者が生存しているため書けないのだとふれていないが、想像に難くない。
 このときの参謀本部の持つ統帥権は、三権から独立しはじめついには三権の上に立って万能性を帯びはじめ無限に近くなったことについて、そのことがいかなる日本の歴史とも不連続であるというのである。
 彼のこのような記述については、以前にも何度か触れているような気がするのだが
昨今の社会情勢を見ていると、いまにも通じることを痛切に感じて不思議である。
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
『微笑みの貴公子ペ・ヨンジュンの涙』
2009/02/23(Mon)
 著者はコリア・ムービー・サークル 『微笑みの貴公子ペ・ヨンジュンの涙』を読む。

 2004年の発行で、デヴューして10作目の後の本。
 先に読んだ『ペ・ヨンジュン真実の感動』と内容はほとんど同じ編集に変化があるだけといった感じ。

 『微笑みの貴公子ペ・ヨンジュンの涙』を読む。としたが、正確には、ところどころひろい読みをして上記のことを確認したに過ぎない。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『この国のかたち』1 「“雑貨屋”の帝国主義」
2009/02/19(Thu)
司馬遼太郎著 『この国のかたち』 「“雑貨屋”の帝国主義」を読む。

 著者の司馬遼太郎は、明治38年から終戦までの40年間を、一種の得体のしれない生き物のように、あたかもカフカの『変身』の冒頭のような書き出しで登場させている。
 彼が、何かの作品で、「まほろば」と呼んだ美しいこの大和日本の山並みのなかの谷あいにそれをみいだし、みつめてなにやら問うている。

 日本史にあってこの時代だけが異物であると感じる表現なのである。

 日露戦争以後日本という国がなんとも理解しがたいものに統帥権を奪われて国家を破綻に追い詰めていった。
 そのなんとも理解しがたいものが、結果として「“雑貨屋”の帝国主義」であったというのである。
文中「ぺい」ということばがでてくる。日本は国の信を捨ててまで日韓併合をやってのけたがそれは「ぺい」できたのか。満州国うちたてたことについても「ぺい」できたのか。わずかな日用雑貨を華北への密輸によってかせいだだけのことで国家を破綻においつめたたというのである。

考えてみると近代において戦争というものはペイできるものはなにもないとおもうのだが。

この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『この国のかたち』 1 「朱子学の作用」
2009/02/18(Wed)
 司馬遼太郎著 『この国のかたち』 「朱子学の作用」を読む。
 明治維新の中心思想である尊皇攘夷という思想は朱子学の思想であるという。
 朱子学とは宋(960~1279)という対異民族問題のために終始悪戦苦闘した漢民族王朝下、中国史のそういった特殊事情下にうまれた思想であるという。
 それゆえに一種の危険思想で本来普遍性をもたない思想であるときっぱりいいきる。
 この朱子学は日本においては、後醍醐天皇がこの影響を受け我が天皇家を中国の王朝のようなものと錯覚したことから武家方と対立して南北朝の大乱を起こすに至ったとも言う。
 この尊皇攘夷思想がナショナリズムと結びついた時の歴史の悲惨さについてのべるとともにいまにいたってもこの宋学の思想が遺伝子のとしてのこっていることに苦味を感じることの感性をうながしている。
 水戸家が、二百数十年にわたって研究した学問の中心が朱子学にのっとった学問であっただけにそれは無益なものであったとものべている。


この記事のURL | 未分類 | コメント(1) | TB(0) | ▲ top
『この国のかたち』1
2009/02/17(Tue)
司馬遼太郎著 『この国のかたち』 を読む。

 冒頭、日本人は、いつも思想はそとからくるものだとおもっている。という文が掲げられている。

ひとつは、大きく「律・令・格・式」を取り入れたこと。
6世紀でもなお、全国の大古墳に眠っているような族長や氏族の長はそれぞれ土地を所有し、独特の伝統や気勢を持っていたはずであるが、「律・令・格・式」が入ってくると奇術か魔法にかかったようにそれらを手放した。
またひとつは1869年(明治2年)版籍奉還では一夜にして統一国家ができたことをあげる。
日本がつねに輸入したものは思想書であったといっている。そして、日本の場合思想は多分に書物のかたちをとってきたと述べる。
 また、日本国の人々のすべてが思想化されてしまったというような歴史はなく、そのことは幸運だったかもしれないといっている。

 先日テレビで立花隆が司馬遼太郎の本はみんな読んでいるといっていた。そして、日本は今まで、諸外国からほとんどのことを学んできたが、今の社会現象は世界のどの国も体験しなかったことなので学ぶことができないといっていたことが思い出される。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『ヨン様道』
2009/02/17(Tue)
八重薫著 『ヨン様道』を読む。

 ちゃんと著者の想いが伝わってくる本である。
 どうして、自分にとって「ヨン様」なのかとか、これだけ見て飽きない画像がこれまでにそしてこれからもあるだろうかとか、ヨン様に引かれていく自分がいったいなんなのかと自分に終始問いかけているように思える。
 また、ヨン様が嫌いという人は一体どうしたんだろうとも考える。
 そんなところは前の2冊にはないところで面白い。

 『冬のソナタ』でヨン様に強烈に引かれたという原点から始まって、ペ・ヨンジュンのほかの10の作品も念入りに見てみる。そのほかの韓国ドラマや韓国映画も見てみる。(著者はもともとアジアの映画はいろいろみていた)
 それらの特徴の中で『冬のソナタ』を日本向けに短縮したことについてユン・ソクホ監督が短縮したほうが物語りそのものが主題がはっきりしてすっきりした作品になった。といっていることがそのほかの韓国のドラマの特徴をよくあらわしているという部分にはそうなのかといった思いがする。

 韓国に日本のファンツアーが大勢押しかけ始める最初のほうでツアーに参加したらしい著者は、『冬のソナタ』のロケ地をいろいろ回っていてほとんどがセットという作品が多いいなかで、ほんとに、いろいろなお店や会社、ホテル、などを見ていてその様子を語っている。

 『冬のソナタ』が大好きだから何度も何度も見るうちに物語の中に矛盾もあることに気づいて、ツッコミといって14のな~にをあげていてそれは同じ思いの読者をすっきりさせてくれる。

 ツアー仲間との対談を読んでいるうち多くの人がこの、ヨン様ブームの中で、韓国の歴史、韓国の国民性、ハングル、韓国の文化について興味を持ち理解を深めていったことがわかる。
 





この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『ペ・ヨンジュン真実の感動』
2009/02/15(Sun)


著者はコリア・ムービー・サークル
ポケット ヴァージョン ぺ・ヨンジュン真実の感動 スター解体新書 を読む。
出版年数の記述がないが、『スキャンダル』が最後の作品なので2004年の後半ではないかと思える。価格は1048円。

『愛の挨拶』・『冬のソナタ』については回ごとのあらすじが丁寧に掲載され、そのほか、『パパ』・『初恋』・『裸足の青春』・『愛の群像』『スキャンダル』のダイジェストストーリも乗っている。エピソードについては、先のブログで紹介の『新版 オール オブ ペ・ヨンジュン -ペ・ヨンジュン大全ー』とほぼ同じ。

新たなエピソードで注意を引いたのは北野武に、興味を持っていること。初のドラマ『愛の挨拶』の撮影に入る前に出演者たちの団結パーティーで歌った歌が『釜山港へ帰れ』だったとか。私もチョー・ヨンピル大好きだった。また暇なとき本を読んでいるか、パソコンゲームをやっているかというところ私と同じだった。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『ペ・ヨンジュン』
2009/02/14(Sat)

著者は韓国パブリッシング 
新版 オール オブ ペ・ヨンジュン -ペ・ヨンジュン大全ー を読む。

2006年1月30日発行 1300円税別

これは、夫の義理のおばさん(85歳くらいか)から送られてきたほんの一冊です。その他この厚さの本が5冊送られてきております。これから、後の5冊を読んでいく予定です。もちろんこのたびもDVDも送られてきております。これは昨晩もう見ました。

ある時代の韓国、いやアジア全体、そして日本に人気を博した韓国青年の記録(?)として読んでいけたらと思います。

 それにしても、この手の人気アイドルのファンをターゲットにしたらしい本は初めてで、他のアイドルについての本がどんなものか知らない上に、日本のファン向けに韓国の出版社からの出版であるので韓国風なぶぶんがあるのかもわかりませんが、とりあえず同じことが繰り返されているところが多々あることがこの本の特徴のようです。

 表題に大全とあるとおり、後半は、辞書風に

 「」は

 ”『愛の挨拶』(オーデション)”で初めてオーデションを受けて主演が決まった話。
 ”『愛の挨拶』”そのあらすじとエピソード。
 ”愛のかたち”でペ・ヨンジュンの愛する女性の理想について。
 ”『愛の群像』”でペ・ヨンジュン主演の『愛の群像』のあらすじ(時々放映をみたことがあるが相手の女性が美しい人ではあったがもう少しさわやかな感じに演じられたらという気がしないでもなかった)とそのエピソード。
 ”アジア・ツアー”で台湾、シンガポール、香港、日本へのツアーの話。

というふうに編集されています。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『御伽草子』
2009/02/13(Fri)

やまだ紫著 『御伽草子』を読む。

 この前、太宰治の『お伽草紙』を読んだ。
 『お伽草紙』と『御伽草子』は同じこととは思うがどういうおもいで表記が違うのかはわからない。太宰治では、御伽草子を読むというより太宰治に充分ふれたという気がしてそのよいんでこの本を手にとった。
 偶然漫画であった。

 一寸法師
 鉢かづき
 長谷雄草子
 ものくさ太郎
 酒呑童子
 猫の草子

 著者が「あとがき」で述べている印象ではなかなか仕上がらずその原因としては宗教的であるところなどをあげているが、この物語の背景となった時代の課題が充分に飲み込めていなかったのではないかという気がする。
 作品を手がけるにあたっていろいろ研究しているうちにだんだんわかってきて楽しくなる前に出来上がった作品という感じがする。 
 もともと、たくさんある作品のうちで物語として面白いもの、教訓的であるもの、奇異な面白さのあるものなどは数少ないのかもしれない。
 漫画としての面白さにもかけたのは少し残念。

この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『春朗合わせ鏡』
2009/02/11(Wed)
 高橋克彦著 『春朗合わせ鏡』を読む。

 2009年発行の久しぶりの単行本。

 青年絵師・春朗(後の葛飾北斎)の若いころの話。
 おじさんにあたる人に将軍様の御用鏡師がいて、子供がいないために養子にほしいといわれるが、なかなか務まらず飛び出してしまった。
 父親は表面上は仏師をしているが実はお庭番で、町に潜んで世情を探るのが仕事である。この父親は勤めのためにほとんど家を留守にしていたために春朗にとっては恨みばかりが多いい父親である。しかし、自分も柴又の家に家族を置いたまま、ほとんど帰らず蔦屋からのたのまれの絵師をしている。 
知り合った女と見まがうほどの美貌の欄陽と北町奉行所筆頭与力の仙波一之進やその妻おこうらと協力して難事件を次々と解決していくという話。大変楽しい読み物であった。


 
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『こころの旅』
2009/02/09(Mon)
神谷美恵子著 『こころの旅』を読む。

 神谷美恵子の作品は以前一冊読んだことがある。
 十三年前になる。
 世の中にこのような素晴しい人がいるのかと感動をしたことをよく覚えている。
 あまりの感動に職場で話し、そのときすでによく知っておられた方(この方もこの職場で出会ったどの方にもまして大変頭がよく謙虚な方であった)がおられたので、その方と同じ職場だったときを計算していつ読んだのか思い出すことができた。
 
 ライ病患者の施設で働いていることについて書かれたものであった。いまこの書を読み終わって改めてこんなに素晴しい人と出会えたのであるならライ病患者の人も随分救われたであろうと心から思える。

 この度は、読み進みながら、この著者のことをウキベディアで検索することができた。

 神谷美恵子 1914年(大正3年)1月12日 - 1979年(昭和54年)10月22日)
 ハンセン病患者の治療に生涯を捧げたことで知られる精神科医。
 「戦時中の東大大学病院精神科を支えた3人の医師の内の一人」、
 「戦後にGHQと文部省の折衝を一手に引き受けていた」、
 「美智子皇后の相談役」
などと紹介されている。

 びっくりする.
 以前読んだ本の中にも、このたびの本の中にも、こういった経歴をうかがい知ることができる記述がまったくない(病について痛みとのかかわりのところでライ病患者のことが2度出てくるのだが)。
 学術書と思える文章の運びだからであろう。

 内容は、人が母親のおなかの中に宿ったときから死にいたるまでのこころの旅について書かれている。
 いかなる方法でどの様な視点から人間を分類してみても誰一人それに当てはまるということがなく人はそれぞれみんなちがったこころの旅をするということのさまがその成長や衰退の中で丹念に描かれており、いかなる様も受け入れられているこの書物の尊さにただただ頭が下がるのである。
 読書の間、たとえば、仏の説かれたことを学ぶのではなく終始仏像の前にひざまずいて御仏様を感じているという心持になる。
 書かれてあることは、こころのことであるので何一つ難しいことは何も無い。人間としてあらゆる心持のさまを経験してきているしこれから経験するだろうことばかりである。

 このような本に出会えたことに本当に感謝したい。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『ひ弱な男とフワフワした女の国日本』
2009/02/03(Tue)
マークス寿子著 『ひ弱な男とフワフワした女の国日本』を読む。

マークス寿子という人、イギリスの男爵と結婚して離婚をしていて今はといってもこの著作の1997年頃は日本とイギリスの大学で教え、両方の国を行き来している人という。
 どうして日本の女性はあんなに用も無いのに外出したがるのかとか、ブランド品を買いたがるのか、言葉遣いが悪いのか、結婚式などに高額な祝いをして、お返しにいらないガラクタを配るのかなど読んでみるとこの人の生活の仕方の好みは私と似ているので「そうそう」と思える。
 しかし、ここまで日本の女性の悪口を1600円の本で最初から最後までずけずけ言われると、本当であるだけにすこしショックでもあるし、日本人だけが特別そうなのかなと外国を知らないながらも思ってしまう。
 それにしても、以前読んだ『しつけの出来ない国日本』だったか著作当時はアメリカにいて日本留学生の世話などをしているという元芸者さんが書いたという本とも思い合わせて、良家の師弟といおうか、世間体を気にしなければいけない立場の家庭の子供が出来が悪い場合外国に留学という形で追い出してしまうという例が多いのかなと思える。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『ふられ虫の唄』
2009/02/02(Mon)
海援隊 武田鉄矢著 武田鉄矢のさすらい青春記『ふられ虫の唄』を読む。

 彼が26歳のときに書いた本だが、時には大笑いしながら、また涙しながらおもしろく楽しく読み進んだ。
 彼は、教育大学に学んだが歌手になった。唄の間に入れるトークが評判を呼んで彼の人生哲学のようなものに人気があり、『母に捧げるバラード』では、レコード大賞わ受賞し、NHK紅白にも出演した。そして結婚もした。
 大学4年の秋東京に出てからのこのような3年間のできごとは、教師になっていたなら10年間で経験したほどのことであったかもしれないと語っている。

 そうはいっても大学生の頃の人との出会い、読書、学問、教育実習などが彼のその後の人生を作り上げていることを強く感じる。

 武田鉄矢は昭和24年4月11日生まれ、私とは38日しか違わない。
 そのことに気づいて同じ世代を生きてきた者として一層読みが深まった気がする。

 武田鉄矢がそんなに好きなわけではないが以前から気になっていることが2点あった。

 一点は「暮れなずむ町の光と影の中・・・・・」という歌詞。
これは私が唯一詩を書いて高校の文集に載っている詩の冒頭の状況の描写とほとんど同じだったこと。あのような状況の時を詩に歌いこみたいと思う気持ちが一致していたこと。

もう一点は長女の菜見子という名前である。
私は長女が生まれる前、男の子なら姓が夫の姓であるからそれにふさわしい名前を夫につけてもらい、女の子だったら将来結婚すれば姓は変わるので手元に居る間だけでも自分の好きな音で呼んで可愛がってやりたいと思って私につけさせて欲しいと頼んでおいた。
生まれてみると女の子であったので私は菜美子と名づけた。菜見子さんより6歳年上。

 文中、大メジャーのプロデューサーの「いいかいキミ、今からこんな音の作りは通用しないよ。大衆はこんなものを求めてはいない。・・・・・」から始まる大衆論に反発しての言がある。「・・・・おのれを含めての大衆では有りませんか。それは操作可能な集団で有ろうはずがない。ぼくらは吹いてくる風で、どうにでもなる、たったそれだけの砂であることを肝に命じておきたい。はやり唄の世界に生きて、もう3年が過ぎていこうとしております。なんだか覚悟めいたものが、最近急に固まってきました。風のいうことは聞きながらもそれに左右されず、もう少しこの砂の上の世界を這い回ってみたい。」こんな覚悟が持てる人が坂本竜馬を理解できる人なんだなーと思う。



この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |