『陽気なイエスタデイ』
2009/05/31(Sun)
阿刀田高著 『陽気なイエスタデイ』 を読む。

1999年出版。 
 『陽気なイエスタデイ』と、『青春のイエスタデイ』・『気儘なイエスタデイ』というタイトルで日経新聞や読売新聞などに連載されたエッセイをまとめたもの。

 はっきりとものをいう文章のような気がする。
 そうでない人の文章と書き方がどう違うのかと、比較しながら読んで見ようと思うが、内容に引きずられてはっきりわからない。

 繰り返して読んでいると、「5センチの研究」という作に、彼の、人には表せない彼なりのどうにもしようのない文章表現についての特徴を述べている。
 
 プロ野球、阪神タイガーズのプロワーズというかっての4番バッターの構える位置についての話がある。アウトコースのタマが彼にはからきし見えていない。それならあともう5センチベースに近くたてばいいのにと誰しもが思う。
 ところが、友人の野球選手の解説によると「プロワーズは子どものときから、20年以上も野球をやってきたと思うんだ。子どものころはともかく、野球選手として自覚をもってプレイをしてから10年や15年、経験をつんでいると思うよ。その間、一貫してかどうかはわからないけど、とにかくバッターボックスの現在の位置でボールを見続けてきたんだ。アメリカのピッチャーはコントロールが悪いから打てた。日本のピッチャーはアウトコースが打てないとわかれば、正確に何級でもそこに投げてくる。だからといって5センチ前に出たら、今まで彼がボールを見続けてきた方法が全部根本から狂ってしまうんだ。・・・・・」
 「もう少しストーリィーにおもしろ味があるといいんですけど」と編集者に言われても、なかなかそれができない。・・・・自分の書く小説はストーリィー性において欠けるところがあっても、文章の巧みさとか、内容の深さとか、そういうところに特徴を持たせようと意図し、そのように修練し、それによって評価され、今日小説家として生きているわけである。急にストーリィーをおもしろくせよといわれても、それは小説観の根源に関わること、ものの見方、考え方、一行目の書き方から修正しないとうまくいかない。今までたどってきた道を捨てて、別な道を行け、というに等しい。・・・・・・・部分修正は難しい。

 そういうものなのかと、なんだか少しわかるような気がする。 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『忘れがたみ』(2)
2009/05/25(Mon)
安岡章太郎著『忘れがたみ』を読む。(2)

1999年出版。 

 『つくだ煮の小魚』

  ある日 雨の晴れまに
  竹の皮に包んだつくだ煮が
  水たまりにこぼれ落ちた
  つくだ煮の小魚達は
  その一ぴき一ぴきを見てみれば
  目を大きく見開いて
  環になって互いにからみあっている
  鰭も尻尾も折れていない
  顎の呼吸するところには 色つやさへある
  そして 水たまりの底に放たれたが
  あめ色の小魚達は
  互に生きて返らなんだ
                
 この書は、エッセイなどをまとめたものである。

 井伏鱒二について語ったエッセイが数編あるなかで、井伏鱒二のこの詩を引用したものが2編ある。

 この詩は、すでに亡くなっている井伏鱒二が「ほら!この小魚 を見てごらん!ね!生きているようだけど生きてはいないよね!」といっているようだ。

 そういえば、井伏鱒二の作品は、情景や心情が、生きて私たちに語りかける。


 いろいろの作家との交遊録が出てくる。

 とくに吉行淳之介や遠藤周作、エッセイではなくそれぞれの作家の代表作というようなものを読んでみたいと盛んに思える。
 とくに、遠藤周作など・・・。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『忘れがたみ』
2009/05/20(Wed)
安岡章太郎著『忘れがたみ』を読む。(1)

1999年出版。 

Ⅰ 血ぼくろ
  父の日記
  春のホタル
  父の酒
  土佐に山河ありき  私の原風景
  方言の感傷

 安岡章太郎なぜか敷居が高いようなきがして読んだことがない。
 読んでみると、肩が凝らなくてするすると読めるし、なかなか等身大に感じられる作品がかける人だなと感心する。
 作品は、いろんなところで発表されたものを再編集されたもので作品のあいだには20年の差のあるものもあるが、同じときにつづけてかかれたもののように感じる。
 内容は、自分の履歴書のようなもので、かれが、どこで生まれどのように育ったかということが書かれている。
 高知県の郷士の子孫ということである。
 明治維新のあれこれで、薩長土肥の郷士など、兄弟でも親子でも違った道を進んだ人たちがいて、結局その人たちは、そしてその子孫はどうなったのだろうと思うことがよくあるが、まさしく彼の先祖を語る内容はこれを物語ってくれていて大変興味深い。
 寺田虎彦とも遠い親戚に当たるということであるが、寺田虎彦の内面をかたる部分ではちょっとした驚きである。

 たまたま、年度替りの懇親会で子どもが登校拒否になってしまった打ち明け話を聞いた。
住居先を変えたため小規模校から大規模校に変わったことでそうなったと親のせいに思われていて痛ましかった。そのことで、いろいろ思いをめぐらしていた矢先、安岡章太郎の登校拒否の原因がまさしくそうであり自分自身でその心境についていろいろのところで述べているのに出会った。
 ほんと、いろんなことがあるんだの思いである。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『無読』
2009/05/15(Fri)
『無読』

 この何日か、仕事が昨年度の状況報告や新年度の事業計画書や雑多な書類の提出に追われているせいか、まったく本を読む気がしない。
 本を見ても体が反応しない。

 今日は一ヶ月ぶりに市役所の本庁に行った。
昨年一年間職場の順めぐりでおおせつかる役員をやり、今日の総会でやっと任期切れとなった。
 「このメンバーで昼食をとるのも最後ね」と16階の職員食堂のとなりの喫茶店のひろーい窓から町を眺めながら3人で昼食をとった。
 帰りの車の中では、エレベーターに乗ってくる市職員の「表情が暗い」ということが話題になった。
あれだけ市長がイエスマンしか受け入れなくなると、職員が硬直化してしまうのかしらともいう。
正月に夫婦で台湾旅行した一人が、「日本はもう少しおおらかになってもいいんじゃないかしら。台湾では新幹線はきちんと止まるにしてもほかの列車などはずっと先のほうで止まるのよ。日本だったら1メートル違ってもニュースになるんじゃない。私が食堂で食べ残したものでもほかのお客のためにきちんとしていたようよ。それでいいんじゃないかと思う部分もあったわよ。」と日ごろきれい好きの彼女の言葉とも思えないことをおっしゃる。
 
 庁舎前の公開空地を流れる緑のそよ風が庁舎内にもあったらねと感想を述べあった。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『1973年のピンボール』
2009/05/10(Sun)

村上春樹著 1973年のピンボール』を読む。

1980年出版。
 
 彼の二作目の作品ということだ。
 二作目に出会えて「かんぱーい!」という気分。

 ちょうどいい長さの村上春樹の作品。
 ちょうどいいとは、自分の気分や状況のことだろう。
 あくびの出るような作品。それでいて、村上春樹の世界に入り込んで価値観を共有できる。

 この作品は、芥川賞の候補にもなった作品ということだが、芥川賞にはすこし足りないような気がする。その足りなさがいいのかもしれない。

 作品中にカントを読む私が出てくる
 ≪「哲学の意義は、」と僕は、カントを引用した。「誤解によって生じた幻想を除去することにある。」≫
 カントについてはほとんど読んだことはないが、なるほどと思わされると同時に、このデタッチメントな作品が、現実的な生活の心情をすなおに表現することによって、幻想を除去しているかに思える。
 そのあたりが、大変乾いた作品と思わせるのかもしれない。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『吾妻鏡』上・中・下
2009/05/10(Sun)
竹宮恵子著 マンガ 『吾妻鏡』上・中・下 を読む。

1994年出版。

 わかりにくい本だった。
山岡荘八 徳川家康 【コミックセット】28巻 などは、わかりやすく子供が楽しみながら歴史に親しむことができるが、『吾妻鏡』は、作者がかなり手を入れてもわかりにくいところを見ると、その当時の記録がわかりにくいのだろう。
中に、頼朝が、「きちんと記録できぬようでは・・」と家来を叱責する部分があるが、」これは、竹宮恵子が言わせたものかと思えて苦笑する。

 ただ、このころ起こった氏族の中に、のち歴史上名家といわれるような人たちのことを頭に留め置くには面白みがあった。

 たとえば、先日近くにある高松山というところに登った。
 その山の頂上には熊谷氏の居城跡がある。関が原の後、毛利が山口に国替えになるときに一緒に行ってしまった武将だが、そのご先祖様がこの『吾妻鏡』では、熊谷次郎直実として源平合戦で活躍し、鎌倉幕府の重臣として活躍するさまが描かれている。大江広元もそうである。
 その功により三入(みいり)の荘をもらいうけこの高松山に城を築いていた。

そして、その高松山から10キロくらいのところに武田山がある。
ここには、安芸武田氏の城跡がある。熊谷氏に寝返られた後毛利に下っている。
この武田氏も『吾妻鏡』では信光などが活躍をする。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |