97「人間の復興と魂の再生」
2011/04/15(Fri)
五木寛之著 『他力』 を読む

≪97「人間の復興と魂の再生」

戯曲『蓮如』を連載している最中に、読者のかたがたからたくさんの葉書や手紙をいただきました。そうした中では、「死体の転がっている鴨川で死者を埋葬・供養する人々の前で『御文章』を朗読する蓮如の姿に、神戸の焼け跡を重ね合わせて読みました」という内容が、圧倒的に多かったのが印象的でした。そこまでの読みこみを期待して書いたつもりではなかったのに、読者がそんなふうに読んでいただいたことに私は驚いたものです。そして私は完成に向けて自分が描いていた構想が、大きく変わってしまったのです。
 「これは十五世紀の中世の話を書いているのではなく、いま、まさに阪神・淡路大震災以後の焦土に立っている、現代の蓮如を書いているのだ。それなら、こういうふうにならなければおかしい」と感じて、後は、ものに憑かれたように一気に書き上げてしまいました。もっと暗く、もっと絶望的な終わり方をしようと思っていたのですが、そうならなかったのです。
 いま大事なのは、人間の復興だ、魂の再生だ、そのための希望だ、とはよく言われることです。
 しかし、それは言葉だけでは難しい。それを語りかける人の熱意と感情が必要なのだという切迫感が、書いている間に、心の中に湧き上がってきて、二十何年ぶりに、書きながら読者と媒体と自分との一体感をびしびし感じたのです。
 蓮如が生きていた時代、十五世紀の日本社会は荘園制度が大きく揺らいで、下克上という下層民の反乱があり、全国津々浦々で、それまで賤民として蔑視されていた商人や職人、馬借・車借などの交易に従事する者、つまり農民でない非定住民たちが大きな経済力と武力と実力とを具え、守護大名に仕えている武士ではない、地侍というゲリラ的な武力と結びついて、新しいエネルギーで時代をひっくり返していこうとした時代なのです。
 その当時の京都は犯罪都市で、テロが横行する都で、魂の荒廃が一般に広がり、人々は絶望の中で何かを求めて迷信的な方向へ雪崩をうって進みつつあった。 
 当時の本願寺は、困窮のどん底にありました。それに反して、ありとあらゆるカルト的宗教が澎湃(ほうはい)として起き、そこに人々が吸い寄せられていた時期だったのです。
 いまの状況と中世とが、奇妙なくらいにぴったり重なり合う。こういうときにこそ、人間の復興、魂の再生、そのための希望が必要なのだと、もし蓮如が生きていたら叫んだにちがいありません。≫

 この文章は五木寛之の『他力 100のヒント』の97番目の文章の書き写しです。
 
 阪神・淡路大震災をさらにさらに上回る東日本大震災と福島の原発事故をうけ、毎日の報道に涙しているいま、この一文が身にしみる。

 この『他力』には、法然、親鸞・蓮如、なかでも蓮如について多く言葉を割いています。
 蓮如については私も若いころからあまりいい評判は読んでいません。しかし、五木寛之はほんとうにそうだろうかと問いかけています。
 
 ≪親鸞は真剣に念仏とは何か、信心とは何かということに取り組み、それを獲得した。しかし、蓮如にはそのような内面の求道性がないと言う人もいます。それでもわたしはそうは思わないのです。伝道家に
信仰が必要ないとは考えられません。そうではなくて、ふたつの谷間、深い信仰と伝道という活動の間の大きな亀裂を越えていかなければならないのです。
 そういう難しさは、書斎の思想家より現場の活動家の肩に重くのしかかってくるものなのです。親鸞と蓮如の間には二百数十年という時間があり、その時間を越えて、どのように親鸞の思想を手渡すかという苦渋は、並々ならぬものがあったと思います。≫

 この人間の復興と魂の再生とは何からの復興であり再生であるかといえば経済の高度成長という価値観からの復興であり再生であるということは言うまでもない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |