『父と暮らせば』
2012/12/31(Mon)
映画『父と暮らせば』をいつの日か録画しておいたのを連続3回みた。

終戦から3年。被爆から3年。広島市立図書館に勤める福吉美津江は、たった一人の家族だった父親を原爆で喪い、生き残った自分に負い目を感じながら暮らしている。ある日、原爆の資料を探しに図書館を訪れた青年と出会い、互いに惹かれ合うが、美津江は「うちは幸せになってはいけんのじゃ」と自分の心を塞ぎ、青年の誘いを断ろうとする。そんな娘を見かねたのか、その晩から美津江の前に父親の幽霊が現れ始める。“恋の応援団長”を名乗る父親は、あの手この手で娘の心を開かせようとする。その後、立ち直って結婚の決意ができた美津江の話。

 主演の宮沢りえをじっと見詰めていて、母の実家のお姉さんのことを思った。
彼女は18年生まれで、色白で美しい人だが顔や腕に被爆の後のケロイドがある。
子どもの頃から何度も手術を受けて左目は義眼だ。2歳のとき広島駅で母親の腕に抱かれていて被爆した。県立体育館の南、もとの市民球場のところにそのころ憲兵隊があり、そこにいた父親に前日面会に行き、一晩市内で宿泊して帰りでの被爆だった。
 私の母親の兄であるおじさんはその墓の命日が昭和20年8月6日となっているのでおそらく被爆して即死であったのだろう。
 私が小学4年生の頃だったと思うが、大学を出たばかりの端正な面立ちのM先生が赴任してこられた。しばらくしてこの先生から手紙や本を預かってこのお姉さんに何度か渡した。子供心にもこれが恋文ではないかというような思いもあったような気がするが、先生があまりにも真摯な態度なので、まじめにこの役割を果たしていた。
 M先生もどこかへ転勤していかれて、数年の後このお姉さんは婿養子をもらわれた。
 (このお兄さんは後、家に被爆したとき買い求めていた汽車の切符とそのとき着ていたワンピースが保存されているのを知って原爆資料館に寄贈され、そのことが新聞に大きく掲載された。)
 このM先生は、『父と暮らせば』の幽霊になって娘を応援し諭す父親のような役割をされたのではないかと思った。そして、被爆後このようなことが実はあちこちであったのではなかろうかと思われた。

 ※12月29日、『児玉克哉のブログ「希望開発」』という児玉克哉氏のブログでは、亡くなられた中沢啓治氏を悼んで、『はだしのゲン』について述べられている。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
『歴史と視点』その2
2012/12/23(Sun)
 司馬遼太郎著 『歴史と視点』 をほんの数ページ読む。
 司馬遼太郎が戦車隊にいたとき、戦術教育の中で兵棋演習をやった事に触れている。
 読んだあとそのことが頭を離れないでいる。
 箱庭に山や谷を作って、将棋の駒ほどの大きさの戦車に見立てたもので、敵の戦車部隊に対する戦術を教わる。教官は箱庭のふちに立って「この場合の小隊長の決心。」と質問するのだそうだ。皆いい加減な解答しかできなかったが、最後に教官の出した原案(正解)は詰将棋の正解のように明快でそうやれば勝てそうな気がする。しかし、このことは、むかしの僧侶が、自分でも信じていない地獄極楽の説教をするのに似て、僧侶のウソの上に地獄極楽のリアリティに富んだ精密な光景が構成されているのとおなじで、このウソは、日本という国家が国家の総力を挙げてついている大ウソの一部であったというのである。

 私は、この文脈から、憲法と民法の対比を思い起こさずにいられない。
民法で、債権譲渡のことに触れている。たとえば「Aさんが100万円の債権を持っている。債務者のBさんは、支払能力が5万円しかない。Cさんはこの債権を10万円で買った。」というようなことだ。こんなAさんの債権を5万円以上で買う人がどこにいるのだろう。私にはわからなかった。しかし、たとえばCさんは、支払能力のないBさんを遠洋漁業などに送り込んで働かせて、100万円回収するのである。若い女の人なら風俗ででも働いてもらって100万円回収するのだそうである。それがたとえ50万円の回収であっても充分儲かるのだ。「???。」これがあのすばらしい理想をもつ憲法の下にある民法である。

 いま、安倍さんは、民主党から債権を買った。私は3年前民主党の債務者にはなった記憶がある。このたびの選挙でも地方区ではその義理ははたした。しかし債権は自民党に譲渡され、いまや私の身は絡め取られ核汚染地帯に追い込まれそうな気がする。

 わたしにとって司馬遼太郎の兵棋演習の話は、テレビで安倍さんの顔を見るたび被害妄想に陥ってしまいそうになる衝撃的な文として頭の中に居座っている。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『歴史と視点』
2012/12/11(Tue)
 司馬遼太郎著 『歴史と視点』 をほんの数ページ読む。
 半月ぶりに好みの本を読んだ気がする。
 「六法」は、いま民法をやっと半分まで読んだところだ。
 今になってこれも慣れだなと思う。最初は30分だけやっても理解できないまま疲れてなかなか次を、という気分になれなかった。それが、今では理解できていないのは一緒だが、一時間半はどうにか続けてできるようになったきがする。
 その間、胃が痛くなったこともある。そうか、食後この民法を読むと、血液が頭に登って消化が悪くなるのかもしれないと、拭き掃除をしたり、洗い物をしたり、家は随分綺麗になった。そのついでに本を少し。
 横井庄一さんが帰還したことに端を発して、捕虜の、あるいは敵に走るといったことへの日本人の精神史が、語られる。

 横井庄一さんの帰還が、マスコミでどう取り扱われたか。その視点に一石を投じることによって、マスコミ論を語りつつ、それが、横井庄一さんの様をどの視点で捉えるのが日本人の本来の精神史から見て自然であるかを、考えさせてくれる。

 昭和初期の日本の陸軍・海軍の参謀が、軍人である前に政治発狂者であり、滑稽にも世界戦史に類のない国家的愚行をやってしまった。そこでの国民の悲劇は喜劇でもあることを感じさせる。

 この悲喜劇は、今の国難状況にもつながるので見過ごせない。
 原子力という今の人知では制御不可能な巨大エネルギーを持つ財閥に,投票券一枚を持たせられている私たちは、滑稽な軍閥に竹槍一本で戦わされているといった気分がする。
 危険な原子炉で働く労働者の姿は滑稽な横井庄一さんの姿に通じるものがあると、司馬遼太郎があの世で苦笑している姿を思い浮かばせる内容であった。

この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |