新潮日本文学アルバム『樋口一葉』
2013/05/22(Wed)
 前田愛編集・評論 新潮日本文学アルバム『樋口一葉』 を読みました。
 ほとんどが写真です。楽しく眺めることができました。
 『たけくらべ』の解説のところで、コンテクストということばが使われていて、はたとこの文章を書いた人が気になり目次などをめくってみました。前田愛だとわかり、「やはり」と思いました。前田愛という方は、私より10年遅れて同じ大学の国文科に入学した娘の、卒論の担当の先生が授業で使用されたテキスト『文学テクスト入門』の著者でした。娘の先生は田口律夫という先生で、私が在学していたときには居られなかった若手の先生でした。娘の卒論を読んで、私もこの先生の授業を受けてみたいと思っていたのをしり、娘がこのテキストは家に置いていってくれました。
 この『たけくらべ』の解説ではコンテクストはたんに文脈という意味で使われていますが、『文学テクスト入門』では、時代背景、場所背景、思想背景、著者の人生背景などを作品そのもののコンテクストとしてとらえています。それぞれのコンテクストをできるだけ可視化して作品を正確にとらえようとすることを次のようにのべています。
≪作中人物がどういう着物を着ているか、そこからその作中人物の身分あるいは性格を判断することができるわけですけれども、そういう風俗的な部分は、時の侵食にもっとも弱く、その意味内容は急速に摩滅してゆく。一つ一つの言葉を支えていた風俗、つまりコンテクストが次第に忘れ去られることによって、いわばテクストは至るところに穴があく、腐食されていくのです。文学研究の基礎的な作業である注釈というのは、単にテクストを読みやすくするという目的だけではなくて、いわば虫食いだらけになったそのテクストの空白部分を補うことによって、もう一度文学テクストを同時代のコンテクストのなかに置きなおす、そういう目的をもっている。これが注釈というものの役割だろうと思うのです。≫
 つまりこの本の写真によって樋口一葉の作品を理解するコンテクストと位置づけるという概念です。
と言い切りたいのですが、自信がありません。
 この本もみどりさんから頂いたものなのですが、樋口一葉に関する写真はすべて、取り揃えられて、作品を支える時代背景、彼女の家庭環境がうかがい知れました。さらに、最近では興味も失われていた『文学テクスト入門』あるいはいつになるかわかりませんが、それにつづく娘の田口律夫先生の『都市テクスト論序説』をまじめに読んでみたいと思いました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『私と踊りませんか (スケアダンス・ラウンドダンス)』
2013/05/22(Wed)
 二宮淑臣著 『私と踊りませんか スケアダンス・ラウンドダンス』 を読みました。
 この本は、周1回、近くの区民文化センターに8年位前から参加しているスケアダンスクラブに行ったとき、Hさんが貸してくださった91ページの冊子です。
 彼らしく、ホテル賀茂川荘の包装紙で丁寧にカバーが掛けられてあり、貸してくださったときには、何の本かわかりませんでした。すこして、スケアダンス・ラウンドダンス関連のお話であることがわかりました。
 特別な出来事に対するお話でもなく、一般的にスケアダンス・ラウンドダンスをやっていて、はまっている男性の心情が描かれています。
 スクエアダンスが、17世紀初頭のアメリカ東北部にイギリス、フランスなどの移民がカドリールというヨーロッパ宮廷風の踊りをもたらしたことにさかのぼり、近代的なスケアダンスの確立、普及の直接的な起因は1940年ニューヨーク・ワールド・フェアの開催で、そのなかでスケアダンス・ジャンボリーが行われたことであるという歴史。
 アメリカでは自動車産業を興したヘンリーフォード一世、日本では三笠宮がスケアダンス教会の創立に力添えをされ1980年から18年間総裁としてその普及に勤めてこられたこと。
 スケアダンスは国際的で、アメリカのメリーランドから来日した26歳の女性、セラが広島のスケアダンスクラブに米軍海兵隊岩国基地から日本語もぜんぜん話せないのに、大きな荷物を背中に担いで電車で通ってきていたエピソードもある、などです。
 日本全国でも1万5千人足らずの人が楽しんでいるだけのダンスのことなので、スケアダンスの説明がかなりな紙面を使って興味深く書かれています。
 アメリカ人のセラについては、数年前広島市内のアニバーサリーに参加したとき一緒に踊ったこともあり、簡単なコールもされた記憶もありました。まったく日本語が話せないのに、私たちと次々と手をとりあいながら一日中パーティーを楽しんでいる姿にほっとした記憶があります。世界中どこの部隊にいても地元にクラブがあればそこで楽しめていいことだとおもいました。
 克夫という男性については、周に5回もクラブに通って、熱心なのに驚きました。よく考えてみると、私のクラブでも、女性より男性のほうがはまっている人が多いと改めて思い返しました。
 克夫は、とくにパーティーで女性に踊る相手をお願いするのが難しく、男性の存在が非常に孤独であると再三語っています。このことは以外でした。私の所属するクラブでは、男性にも気を使って気軽に踊りましょうと女性が声をかけますから、男性も気軽に踊れてとてもフレンドリーです。さらに、コーラーを担当されているNさんが分け隔てがなく親切で、初心者の男性が気持ちよく覚えることができます。上手になってさらにレベルを上げるために他のクラブに行って傷ついてやめてしまう人があるかと思えば、ハイレベルで上手に踊れるのに私たちのクラブにも毎週来るようになる人もいます。Hさんはその例です。Hさんはさらに克夫同様定年退職をしての活動なので、この物語の話題の中心になっている、おととしの東京・品川グランドプリンスホテルでの第50回全日本スクエアダンス・コンベンションにも参加されたのではないかと思います。全日本には大体出席されて次の練習日にクラブにおみやげを買ってきてくださいます。
 そういえば、広島でのパーティーにもろくに出席しない私たちにも、全日本の様子を知らせてやろうとの心遣いからこの冊子を貸してくださったのかもしれないと今思いました。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『羅生門』
2013/05/19(Sun)
 芥川龍之介著 『羅生門』 を読みました。
 おなじみ芥川龍之介の『羅生門』です。
 そして、おなじみ88巻ある赤い表紙の集英社版の日本文学全集のなかの28巻です。
 先日、勤めている施設で、今年度初めて、館の周りの掃除をしました。いかにもうっそうと枯れ草が茂っておりましたが、年度末・年度始めが一番忙しく、新1年生の給食が始まるまでが、引き続きの忙しさです。給食が始まるとこのようにたまっている仕事でまたまた忙しいのですが、これらの仕事は、仕事が一つ一つ片付いていく安堵感があり、人事異動で新しいメンバーがやっと落ち着いて歓迎の気持ちを表し今年度の仕事の流れを伝えながらの時期になります。
 それてしまいましたが、汗だくになりながら、枯れ草のにおいにまぎれて草刈をしていると、なんと枯れ草の上に、ほんわか「まり」があるではありませんか。私が「まり!」というとみんなぽかんとしています。
 花てぼさんの朗読、芥川龍之介の『好色』にでてくる「まり」です。以後、職場では「まり」以外の呼び名はないかのごとくです。そしてさらに今、花てぼさん朗読のCDが順に同僚のあいだをまわっています。職場では結構子どもへの読み聞かせにはまっている人がいて、以前公民館で朗読会をやっていた人、さらに臨時指導員の中には、三浦精子先生(著書に「ヤン一族の最後」などがあります)などと朗読研究会をやっていた人や図書館にも嘱託で勤めている人もいます。みな一様に「素敵な朗読ですね!」「プロなみですね!」と感心されています。
 そんなことから、芥川龍之介について考えることが多くなり、何十年ぶりの芥川龍之介です。
 大火や飢饉や戦乱のつづいた後の死臭ただよう都大路の羅生門、泥棒をしなければ飢えて死んでしまう。このようなことは、どんな時代、何処にいてもいつ襲い掛かってくるかわかりません。この普遍的な課題に対して、人間の行動とはみな単純なものですが、その思いは行動ほど単純ではありません。心の奥にある思いのさらに裏、心の推移、動きを見事に描いています。
ついでに、『鼻』・『大導寺信輔の半生』・『点鬼簿』などの小品も読んで芥川龍之介の世界をたのしんでいます。
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
『銀の林』
2013/05/19(Sun)
佐藤貴美子著 『銀の林』を読みました。
 みどりさんが送ってくださった本を一応読み終えるが早いか、みどりさんがさらに、早速第2便を届けてくださいました。なんとお礼を言っていいのか言葉も見つかりません。
 この前は、箱の上から上から読んだのですがこのたびは、箱から全部取り出して本棚に納めてから読むことに致しました。地震のことを考えて、本箱をすべて1階に下ろしたので、本箱に2重に本を並べたり、横積みにぎっしり積むことができるようになったので、大切な本が本箱に納まるようになったのです。夫の次々購入してくる本は、我が家もみどりさん家と同様、夫の域にあって2階の机上に積まれていきますが・・・・。

 この、佐藤貴美子著 『銀の林』を取り出したときは、これのまえに読んだやはり佐藤貴美子さんの『お母さんの樹』の感動が強かったので、最初に読む本はこれ、と決めました。

 この本も、実際にあった、殺人の容疑で、死刑を宣告された人の冤罪を晴らすための活動にかかわった、1級建築士の女性と15歳年下の2級建築士の男性を扱った物語です。
1961年3月28日、三重県と奈良県にまたがった名張市葛尾の薦原地区公民館で、地区の「三奈の会」の総会が行われ、男性12人と女性20人が出席した。この席でぶどう酒を飲んだ女性17人が急性中毒の症状を訴え、5人が亡くなった。ぶどう酒に農薬が混入されていることが判明した。
その後、重要参考人として「三奈の会」会員の男性3人を聴取する。3人のうち、1人の妻と愛人が共に被害者だったことから、捜査当局は、混入のチャンスがあり、「三角関係を一気に解消しようとした」ことが犯行の動機とみて、奥西を追及。4月2日の時点では自身の妻の犯行説を主張していたが、4月3日には農薬混入を自白したとして逮捕された。しかし、逮捕後の取り調べ中から犯行否認に転じる。
1964年の津地裁の一審では無罪判決。1969年2審の名古屋高裁では死刑判決。
1972年最高裁上告棄却 死刑確定。1977年名古屋高裁に第五次再審請求。1988年名古屋高裁への第五次再審請求棄却 異議申立。
検察側の主張する証拠の品が偽装されたものであることや、証言が途中から変わっていることなど冤罪の可能性が顕著ななかで犯人が仕立てられていく。
彼の刑が確定することで、警察の面子が立ち、この小さな集落で住人が、疑心暗鬼にならずに暮らせる。この共通利益が住民の偽証が公然と許されるという、なんとも怖しい話です。
 安部内閣のいう憲法改正や原発再稼動への反対を心から願っている私としては、このような社会問題に目覚めていく物語は何かしら自分も何食わぬ顔でいることへの罪悪感を持つと同時に、活動の輪が広がっていくことを願わずにはいられません。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『母さんの樹』
2013/05/12(Sun)
 佐藤貴美子著 『母さんの樹』 を読みました。
 みどりさんにたくさんの本を頂き、順に読ませていただいたのですが、とうとう最後の本になりました。
 じつはこの最期の本こそ、読みすすむにつれ、友人の裁判の応援に携わっている、いまの私たち夫婦にとって、最大関心事であり、力を得ることができる一冊でした。

1961年(昭和31年)全電話労組新潟県支部で中央本部指令による2時間のストライキを指導したことを理由に解雇され、その後組合員をも除名された、24歳の執行委員川島芳子が、その後、職場復帰のための裁判で闘う20年間のお話です。
 東京高裁まで上告し、棄却の結審を受けたところで物語はおわります。

 裁判のための多額の費用をまかなうために、一緒に解雇された森野と、元の職場などの組合員をたよって下着やお茶などの行商をして働きながら、署名集めにも奔走します。その間、結婚もし、2児の母親になり、息子は大学受験の年齢になります。留守番ばかりさせている息子の学校から呼び出しをうけたり、忙しい彼女を支えて家事の大半を受け持つ夫が病気でたおれたりと、家庭の悩みも人並み以上にあります。そんななかでも戦いをすてない彼女たちの心意気と辛抱強さに感動して、何とか応援したいという田中の提案を受け、彼女の戦いをテーマにした組曲をつくってもらい150人の大合唱団をつくり公演する計画をたてます。何度か挫折の危機を迎えながらも、その公演が大成功をおさめます。ひきつづき日本の各地を公演することにもなってゆきました。その組曲を作詞した詩人の滝いくこがこの組曲につけたタイトルが「お母さんの樹」でした。このタイトルが、彼女の日々の長い苦しみを超えて歩む姿にとてもぴったりです。
 この滝いくことは、どこかで最近聞いたような、そうです前の記事の『ちひろの愛と絵筆』そ著者でもありました。

 この物語にもありますが、以前から、どこの町に行っても、その地域のもっとも大きなビルのひとつが電電公社で、そのようなりっぱなビルに勤めている女性職員がそんなひどい職業病に冒されているとは一般には想像しにくいことです。この本を読んではじめてその実態にもふれ私も驚きました。自分の経験からでしか人の苦しみや悲しみを感じることができないのであればこそ、世の中のいろんな人の体験に耳をかたむけなければならないことを感じさせられ、その苦しみを自分の事とする力を持たなくてはいけないと感じさせられた一冊でした。


この記事のURL | 未分類 | コメント(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |