『風青き思惟の峠に』
2014/03/30(Sun)
 右遠俊郎著 『風青き思惟の峠に』上・下 を読みました。
 この本もみどりさんに頂いた本です
 1989年11月17日から90年6月23日まで250回にわたって連載されたものだそうです。
 読み始めて、なんだかこれに近い内容の本を読んだ気がして、過去記録を見ると、やはりみどりさんから頂いて読んでいました。
 右遠俊郎著 『海を渡った蝶』です。この本は自身の自分史で終戦前後の青春時代の記録でした。
 『風青き思惟の峠に』は『海を渡った蝶』より7年前に書かれた作品でフィクションですが、主人公が旅順高校に入学して、同校から退学処分を受けるまでを描いています。著者は≪戦争末期の、植民地における支配民族の息子たちの、愚かながらも真摯な青春の「思惟」をできれば普遍的な形としてとらえてみたかった。≫と作品の最後に付記として語っています。
 高校生として普遍的な真理を追究し、それによって自己を確立したいと願う主人公が、戦況もいよいよ悪くなるという世情にあって、常に兵役徴集を気にして精神的に追い詰められ、学徒動員での無意味に思える作業内容の重労働で学問はままならず、人間としての誇りを失うことへの虚無感だけを抱くようになるいきさつが丁寧すぎるほど丁寧に描かれています。そんな心情をどうにか救って支えてくれる家族、友人、恋人とのかかわりが美しく描かれていきます。
 久しぶりに本を読み上げました。
 ブログが思ってもいない様子になっているのであわてて記事を書きました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |