続『ラフカディオ・ハーン再考  100年後の熊本から』10
2016/08/27(Sat)
 里見 繁美著 続『ラフカディオ・ハーン再考 100年後の熊本から』10 「ハーンとローエル」 を読みました。
 ハーンが来日の決意をしたその原因のひとつにあげられることのあるパーシブル・ローエルの著書から、三つの引用文があります。
 『極東の魂』より、《それと反対に、仏教は厭世主義の信仰である。現世は悲しみの鎖にすぎないと。それは説く。日を重ねることは悪を重ねることだ。我々を書き立てる欲望は、我々の苦しみの根源である。われわれは、この現世の姿を自分自身だと思っているが、それは誤りである。この現世の姿は総て幻影であり、我々は幻影のとりことなっているのだ。この個性・自己意識は残酷な欺瞞であり、罠である。その幻影の背後にある属性をもたない真の魂―従って、それは苦悩することのない偉大な没個性的自然の魂と不可分のものであるが―を認識せよ。そうすれば、そのとき初めて、我々は至福の涅槃の静寂の中に幸福を見出すことができるのだ。》
 読んであまりにも仏教の真髄を端的に述べてあるのにびっくりしました。夫に読んで聞かせると、没個性的なのが他力で個性的なのが自力だと解説を加えてくれます。ここでは没個性的を中心に考えていくことによる仏教を述べています。
偶然、この作品を読む直前に、今月のハーンの会での資料で、1月と2月の資料にある高成玲子氏の「ラフカディオ・ハーンと日本美術」を再読するよう進めてくださっていたので、再読したばかりでした。この中にある、『歴代名画記』の「画の六法を論ず」を解説して、《すなわち絵画制作の根源は、外面的な写実にあるのではなく、描写対象の骨組みを決定するほどの妙味ある筆法によって本質に迫ることにあり、そうなれば、おのずとそこに気韻が生動するということである。》や、ハーンの「日本美術におけるの顔について」などで、没個性的な表現に言及している、《個性を類型に、人格を人間性に、細部を情緒に従属させる。・・・・日本の絵師は、形態のかげにかくれている『自然』の意図を・・・・一般性を描いてみせる。・・・・その伝統的画法が個性を類型に従属させることにあるから・・・真実のひとつの形態を描いている・・・・そのことが、ふつうの西洋の絵画が表現できる以上のものを表す。》といったことに、宗教的な深みさえ感じてしまいました。
 このローエルの日本人の信仰する仏教への捕らえ方を平成の時代に読むと、なんだか私達は、仏教書や仏教美術や仏教儀式に触れすぎて、ずいぶん厚化粧の仏教にふれて、素顔の仏教を見失いかけていたことに気づかされます。
 パーシブル・ローエルと、もうひとりハーンが思想的なバックボーンとしていたというハーバート・スペンサーの当時の、あるいはそれ以前の日本人・日本文明への言及については、とても興味深く読むことができました。西欧文明を取り入れて江戸時代の政治形態を解体して、新しく帝国主義化していく過程を、日本人が後年、たとえば司馬遼太郎が小説などに描いて見せた日本人や日本文明ととてもダブって見えるからです。ちょっとした時代のズレや切り口で、あのようにもこのようにも見えていたのではないかと思えます。
 しかし、それらを分析して記述したものへの人気の傾向について、理性的な分析の仕方よりも、多少欠点が多くても感情的な分析の描写力のほうに依存すると述べているのが、印象的でした。
 ローエルのもうひとつの引用文『能登』と、ハーンの「夏の日の夢」の類似もとても興味深く読めました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
「海賊から水軍へ」
2016/08/25(Thu)
 請川洋一著 「海賊から水軍へ」を読みました。
 『郷土史紀行』60号のなかの紀行文です。

 と書き始めて、半ばまで書きすすんだあと、この暑さで脳みそが茹だってきたのか、炒められてきたのか、いつもの駄文さえ書けなくなり、枕もとの1号~60号までの『郷土史紀行』を手当たり次第に数記事読んでは眠り、生き延びるという生活を送っておりました。いまPCに向って書きかけの文章を読んでいると、因島や、呉市警固屋や下蒲刈、竹原市の忠海、愛媛県伯方町などの海賊城や水軍城をめぐった紀行文を詳細に書いています。あとで、どれと言うことなしに読んだ紀行文でも他のいくつかの海賊や水軍の記事にであい、常に今月6日の「広島ハーンの会」で海軍について学習したことが頭の片隅にあったことで充実した読書になったと思います。
 無人島でない限り、小さい島、あるいは島国は、いつ他の人たちに占領されるかわかりません。島にあるもので工夫して、警固し、自分達の生活を守らなければなりません。海の幸を得るための造船技術も高めなければいけません。人口が増加すればそれだけでは間に合わず、中央の政権が納税を課すような時代になると、それらの運搬船への海賊が横行するようになり、それを警固する為の役割を課せられたりする水軍にもなります。海賊になったり警固する役になったりしながら、我が物顔で海を支配していましたが、そのうち、国取り合戦が始まるようになると、海軍の役割を担うようになり、「海を制するものが陸を制する」のことばどおり、海軍の力が試されるようになります。しかし、1588年「海上賊船禁止令」により、豊臣政権の統一した水軍としてのみの存続となり、さらに江戸時代、外様大名が、江戸から遠方に追いやられ、造船に制限がかけられ、水軍は陸に上げられてゆきます。船大工などが、宮大工などに転身してゆく過程を眺めることもできました。
 戦いのない江戸時代の事情については、司馬遼太郎の『菜の花の沖』の高田屋嘉兵衛の物語で読み知っているばかりです。
 いよいよ「広島ハーンの会」のときに学習した明治時代に入ると、天下統一のため功績のあった塩飽水軍が、塩飽領1250石を与えられ江戸時代も存続を認められて、物資の輸送、長崎奉行の送迎など幕府方の御用船方を務め、さらに高い造船技術で千石船を建造したり、北前船の運航で巨万の富を得たりしていて、幕末以降、創設された海軍の軍艦の乗組員となって活躍しました。アメリカ留学中に米西戦争の観戦をした秋山真之は、ここでは、海戦の作戦をたてるに際して、村上水軍の戦法を参考にしたと述べられています。
 54号では、秋山真之についての記事がありました。この記事では真之の晩年について知りたいとの長年の思いが実現しました。
享年49歳で逝った真之は、仲良しだった正岡子規の16年後の大正7年2月4日盲腸炎を患ったことが原因で亡くなったということでした。
 「辞世というほどのものではないが・・・・」といって、「不生不滅明けて烏の三羽かな」の句を吟じ、二階の障子を開け放つように頼み、「ああこれでさっぱりした。今何時だ?」といって静かに目を閉じたと言うことでした。烏の三羽とは、志なかばで亡くなった清水則遠と正岡子規、真之であるといわれているそうです。
 ほんとになんだかさっぱりしていて気持ちよく亡くなったようで、「真之のこんな死もありホトトギス」でした。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
2016/08/18(Thu)
 月がとっても青いから 遠回りして帰ろ ・・・という歌がありましたが、今まさに外は満月で、煌々と月が照っています。

 そして今、こんな満月の夜中の3時に夢を見て目が覚め、パソコンに向かっています。
 夢はシャボン玉のようにすぐ記憶のから消えるのですが、とりあえず、今思い出せることといったら、社会教育によって、世の中が、すこしづつ変わっていくというものでした。それは、ある昔の風景の映像が、徐々に変わっていくという、不思議な夢でした。
 どうしてこのような夢を見たのか考えているうち眠れなくなって、とうとうパソコンにむかったのでした。
 昨日、6時半まで仕事をして、やれやれ疲れたと思っている矢先に、夫から電話で、帰りに吉本さんが寄ってほしいんだって、と伝えてきました。お父さんにどうぞと言って収穫したりっぱなイチジクを下さいました。
 吉本さんは昨年ご主人をなくされて、今は大きな家に一人で住んでおられて、時々声をかけてくださいますが、公民館に嘱託で長年勤務されていました。
 その公民館は、地元の公民館で、偶然にも夫が現場監督で、何もないところから、建ちあがっていく姿を、幼い我が子といっしょに見守った公民館でもありました。夢のきっかけは吉本さんだったにしても、15日に、夫がこの公民館で活動した当時の青年達の同窓会に招かれて出席したので、その送迎をしたことではないかと思えます。夜逃げをして東京に行ったY君がお盆に帰ってきたので開かれた同窓会なのだそうです。なんと、そのY君が東京でりっぱな建設会社を起こして活躍していると言うのです。おなじ建築業の夫はその仕事内容に感動して、帰る道々、さっそく私に話して聞かせました。ゼネコンに勤務していたY君は、父親の事業の失敗で、東京にゼネコンをたよって父親と夜逃げをしたというのです。後を追って、残って大工の棟梁の家から、夜間高校に通っていた弟が卒業するや彼の元に来て、3人でそれぞれの能力を発揮して立派な仕事をしているのです。建てるのはお寺です。今東京のお寺では、地震に備えて、見た目以前のお寺の姿ですが鉄筋コンクリートで建て、信徒の方々がいざというとき避難できるように設計されているそうで、門徒の方々からの寄付も多いということのようです。会社案内のホームページを見ますと、仕上がった大きなお寺の写真が載っています。それぞれがすばらしく美しいものです。
 もともとお父さんが周防大島の出身ということを聞いて、夫が、もしかして先祖は船大工で、それが宮大工になったと言う経歴ではないのかと聞いたら、そうだと答えたそうです。以前、岡山県総社市の国の重要文化財である備中国分寺の五重塔を夫婦で見に行ったことがあります。五重塔も重文ということで60年に1回くらいしか開帳されないのですが、その修復工事をした藤木工務店と市教育委員会の人が一緒にいって鍵を開けて説明しながら見せてくださいました。その時、この建物はその昔、船大工によって建てられたと説明を受けました。
 さらに、このお盆には、日本の水軍の歴史についての本を夫婦で読んでいました。それらのことから、Y君の今の偉業への工夫がご先祖のDNAだと思ったのではないでしょうか。私は、今年になって仏陀の本を読んでいたこともあり、こういったお寺のありようにも感動したのでした。地震に耐える寺社建築のY家の男達の工夫への努力が充分すぎるほど理解できる夫に、公民館活動で知り合って結婚し、苦労したY君の奥さんが泣いて喜んだと夫はうれしそうでした。そんなことからの夢ではなかったかとも思えたのでした。
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
さるなし酒
2016/08/13(Sat)
 8月1日、さるなし酒を仕込みました。

 さるなし             720g
 氷砂糖              650g
 ブランデー(サントリーV・O)  640ml(1本)

 さるなしは、玄関横に夫が数年前に植えこんでくれました。今年初めて沢山の実がつきました。
 脚立をたてて、総ての実を収穫して、きれいに洗ったら、実の先と根元に黒いものがついているので、居間の大きな座卓に座り込んでひとつひとつとりのぞきました。根気の要る作業でしたが、テレビをつけると、丁度、井伏鱒二原作の『黒い雨』を上映していたのでそれを見ながら作業をしました。なんだかケロイドのある従姉妹のおねえさんのことなど思いながら涙が止まらない部分もありました。映画が終わったときに、丁度作業が終わりました。終わってハカリにかけると、720gでした。
 その間に、夫がブランデーと氷砂糖を買い求めてきてくれました。
 2,3日して、ちょっと蓋を開けてみるとたまらなくいい香りがします。

 8月10日、とうとうもっと量を増やしたくなり、話し合って、のこり350gの氷砂糖と、ブランデーをもう1本加えることにしました。

 私は、先天的にお酒の強い母方の家系を受け継いでお酒は強いのですが、母同様、ほとんど飲みません。しかし、美味しいお酒ということになると少しいただきます。

 さるなしを、庭に植えてもらったのはいいのですが、山で出会う人から、熊がさるなしで飢えをしのいだという話を読んだことがあると聞きました。それから、近くでの熊の出没の話を聞くと、熊が庭に来ることもありえるので、夜はいつも玄関の戸を少しあけて庭の様子を見てから開くようにしていました。熊にさるなしを採られてしまうのもいやでしたのでどうしたものかと考えていたら、裏山に登ったとき、「道の駅」で売っていたと聞きました。どうして食べるのかと聞くと、さるなし酒を造れるとお店の人がいっておられたということを教えてくださいました。それなら我が家のさるなしも、もう収穫してもいいのだと、夫の「まだ早いよ」という言葉をよそに収穫し、仕込みにいたったということで、少し不安が残るお酒です。

 その日は、葡萄も収穫して、葡萄ゼリーも7個作りました。
 葡萄は、ワインにできるほどの収穫は見込めませんでした。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『コンビニ人間』
2016/08/12(Fri)
 村田沙耶香著 『コンビニ人間』を読みました。
 120回芥川賞受賞作品『日蝕』を読んで、夫が買っていた今年の第155回芥川受賞作品を手に取ったのでした。衒学的な『日蝕』とは対照的な作品で、いまやインフラのひとつと目されているコンビニで働く人を描いた作品で読みやすい作品です。
 恵子は大学卒業後も就職もせず、大学1年生の頃からアルバイトしていたコンビニで、18年間働きつづけています。彼女は「普通」ということがわからず、子供の頃から問題を抱えた子どもとして、教師や家族を問題が「治らない」ことで不安にさせるのでした。しかし自分自身、どのようにすれば「治った」ことになるのかわからず、とにかく自分を目立たないように行動をするようにして成長していきます。ところが、コンビニでアルバイトをするようになったとき、コンビニのマニュアルどおりの接客や仕事を学び、それを忠実に守っていくことをとおして充実した日々が送れるようになり、自分の人生がコンビニ店員になる以前と以後ではっきりと分かれていると自覚し、コンビニ店員として合理的にてきぱき仕事をこなし、働けるようになるのでした。あるとき同世代の甲斐性なしの童貞の白羽が恵子のバイトしているコンビニにスタッフとして入ってきます。しかし、白羽は問題行動のためにすぐにコンビニを首になってしまいます。このようなダメ人間の白羽と出会って、彼をアパートに住まわせるようになり、そのことが働いているコンビニにばれて、自分も白羽も、「普通」でないことを自覚させられ、居づらくなってそこを辞職します。白羽は、彼女のひもになり、彼女にちゃんと就職させようとし、彼女もそのつもりなのですが、やはりコンビニで働くことしかできない自分を再発見するという作品です。
読み終わって、コンビニで買い物をするなら恵子のいるコンビニで買い物をしたいと思いました。私がコンビニで買い物をするときはいつも食べ物です。食べ物を扱うお店としては、コンビニがいちばん当たりはずれがなさそうですし、さっさと買い物が済まされるという利点があります。こういう要求にまちがいなく応えてくれるコンビニだと思えるからです。
 私もおなじ職種で、転勤を重ねながら30数年働いてきました。退職してそこにそのまま臨時指導員としてときどき働きに行って3年目です。もともと、4人の職場でしたが、今年から6人になり3人新しい人が入ってきました。その中の一人が、私と二人だけの仕事になったとき、「ここの人たちは、みんなそれぞれに変わった人たちなんですよー。」と言いました。言われてよく観察していれば、うなずけます。なんだか今まで自分がいちばん変わっているかなーと思っていた私が、いちばん普通になっているようです。やはり私たちの職場にもマニュアルが必要かもしれないなどとテーマとは外れたことをも考えさせられた読書でした。

この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
『日蝕』
2016/08/10(Wed)
 平野啓一郎著 『日蝕』を読みました。
 読みかけの本が数冊あるにもかかわらず、本の帯の“芥川賞受賞作”に惹かれて、今日は裏山登りを取りやめて、集中して読みました。
 主人公のニコラは、パリ大学で神学を学んでいたとき、一部分だけ持っていた『ヘルメス選集』を読み返していが、キリスト教と異教の古代哲学の融合を志ざし、それを完読したいという希望を持っていました。パリでは無理だが、リヨンなら手に入ると教えられ、1482年リヨンに赴きますが、ここでも手に入れることがかなわず、司教からフェレンツェへ行った方がいいと教えられるが、とちゅうヴィエンヌの教区にある村の錬金術師に会うように助言されます。
 宿を決めて、物静かなピエェルを訪ね、書棚の沢山の書物の中に『ヘルメス選集』を見出します。家に通って蔵書を読むことを許可されたニコラは、思索を深めたり、錬金術についての講義を聴いたりすることができます。
 ある日、ピエェルが、悪魔が出現するとうわさされている森に通っていることを不思議に思い、こっそり後をつけます。森の中にある洞窟に入って行き、その中で、金色に輝く両性具有者を目撃します。ピエェルは、全裸の両性具有者の乳房や、ペニス、などに儀式的な接吻をする姿を見て、最近知り合った、異端審問官のジャックから聞かされていた、魔女のサバトの儀式を思い出し、逃げ出します。
 以後、村には奇妙なものを見たという噂がたち、久しく冷害による貧困にあえいでいたにもかかわらず、疫病が蔓延し始めた。死人が続々と出はじめ、豪雨にも襲われ、村人の不安はジャックの魔女狩りへの思いに拍車をかけ、橋の真ん中に異様な格好をして、男か女か判らない者がいるとのことから、ジャックは「この者こそは、村に災厄を起こした魔女にほかならぬ」と捕まえ異端審問にかけ、火刑に処せられることになりました。処刑が始まっても両性具有者は泣き叫びもせず、身を焼かれ始めると痙攣し、突然に空が暗くなり、皆既日食が始まり、さらに、男女の巨人が現れ性交をはじめ、虹を描きながら射精する。その様子を見て、ニコラは両性具有者と霊的に共感し、宇宙との神秘的な合一を体験します。そして両性具有者は消滅します。すぐ後、ピエェルが灰の中から金塊のような物質を拾い上げそのことでジャックに捕らえられてしまいます。ピエェルの審問中にニコラは村を出て最初に目ざしていたフェレンツェへと旅立ちます。
 30年後・・・ニコラは出世して、時間もできて、錬金術を始めます。
《錬金術の作業には、それを為すことそのものの裡に、ある種の不思議な充実があるということである。私は一握りの小さな物質に触れている時、自分が恰もこの被造物界の渾ての物質に、云わば世界それ自体に触れているかの如き錯覚を感ずる。》と記しています。
 この部分を読んだとき、私が子供の頃、錬金術のことを何かで読んで、興味を持ち、南方熊楠の粘菌を、錬金と聞き違えて、彼の本を読んだことがありましたが、熊楠が粘菌を研究しているときも、世界それ自体に触れているかのごとき錯覚にとらわれていたのではないかという思いがいたしました。

この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
第192回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録
2016/08/07(Sun)
 当日、8月6日は、平和式典の中継もあり、オリンピックの開会式もあり、個人的には、昨日葡萄の収穫後に剪定をしたとき、隣の敷地に落としてしまった切り落としの枝などの清掃をさせていただいたり、やっと重い腰を上げてくれた夫を伴って冷蔵庫を買いに行ったりして、あわただしくむちゃくちゃ暑い中を早めに出席いたしました。
 このたびは、「極東の将来」について学びました。
 ラフカディオ・ハーンが、熊本第五高等中学校に勤務していた、明治27年(1894年)1月27日、端邦館で開かれた演説部例会で、全校生を前に「極東の将来」の題で講演したものです。
 わたしたちの会であつかう対象作品として風呂先生が、参加者の希望を聞かれて決まったものです。会員が読んで、それぞれ感じるところがあった作品だったからの希望と思えます。
 風呂先生が、作品の部分、部分を指し示しながら要約して、ポイントをきっちり整理してくださいました。
 日本の将来は、西欧の影響抜きには考えられない。西欧の問題は、急激な人口増という問題もあり、各国が自給自足できず、飢餓の恐怖にさらされており、国外からの海路輸送不能になれば餓えるという問題です。日本国民は、本来あらゆる面で生活コストを抑えて、生活できることで、偉大な経済家である自然の理にかなう。《日本の偉大な将来は、生活中で単純、善良、素朴なものを愛し、不必要な贅沢と浪費を憎む、あの九州スピリットとか熊本スピリットといったものをこれからも大切に守っていけるかどうかによる。》と締めくくってあります。
 「飢餓の恐怖」について、本文中の《テニスン卿でさえ「艦隊」というバラードの中で、「餓える」という飾りけのない言葉をためらわずに使っている。》という部分から、西欧のそのころの事情をもっと知ることによって、ハーンのこの講演内容の意味を深めようということで、寺下さんが資料を提供して説明してくださいました。
 当時のイギリスのジャーナリズムを刷新し、近代ジャーナリズムの祖といわれるウィリアム・トーマス・ステッドは、イギリスと帝国の安全保障にとっての海軍の予算拡大の重要性を、当時社会的影響力を持つ国民的詩人でもあったテニスンに伝え、それによって作られたテニスンの「艦隊」というバラードが新聞紙上に掲載されました。そのようなステッドのキャンペーンによって、彼の主張が注目されるようになり、1889年の海軍防衛法成立もしたということです。食料自給については、安価な食料を手に入れようとして自由貿易にすれば、国内の農業が立ち行かなくなるといったジレンマは、当時からあったこともわかりました。
 秋山真之が観戦した、カリブ海での米西戦争についても話されたので、お話の後で、秋山真之も「飢餓論と海軍の重要性について勉強したでしょうか」とお尋ねさせていただくと、「最初に読んでいました」と答えてくださいました。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『雨月物語』
2016/08/02(Tue)
 木原敏江著 マンガ日本の古典28『雨月物語』 を読みました。
 上田秋成の怪談小説集の『雨月物語』には、9編あるとのことですが、そのなかの「菊花の約」・「浅茅が宿」・「吉備津の釜」・「蛇性の婬」の4編が収録されています。
 「菊花の約」と「浅茅が宿」は最近読んだものとほとんどおなじ内容の物語のような気がします。
 最近読んだものといえば小泉八雲ばかりなので、きっとその中に・・・。
「浅茅が宿」は、たしか、ハーンの会で見せていただいた映画「黒髪」とほぼおなじでした。この黒髪を見せていただいたときの感想をこのブログに書いていたのを読んで、やはりそうだと確信しました。少し内容を引用すると、
 《武士は妻を置き去りにして遠い任地に向かい、良い家柄の娘と結婚しますが、彼には前の妻のことがやたらと思い出され、反省して、任期を終えて京にもどった男は妻のいる家に向かいます。そこには機織をしている妻の姿がありました。男は今までの自分を詫び、妻をいたわり、一夜を共にしますが、夜が明け男が目を覚ますと寝ているところは朽ち果てて、横に長い黒髪があります。その黒髪はずっと以前になくなった妻の頭蓋骨から生えており、恐怖にさらされるというお話でした。その妻のいた京の家というのが、広い屋敷にところかまわずススキが生えています。それを見ていて、
 伊香山(いかごやま) 野辺に咲きたる 萩見れば 君が家なる. 尾花し思ほゆ
 (伊 香山の野辺に咲いている萩を見ていると、あなたのお屋敷にあるススキがしきりに. 偲ば れますよ。)
という笠金村(かさのかなむら)の歌を思い出しました。屋敷にススキが生えている光景とはいったい?と長い間思っていたからでした。》
 もし、小泉八雲がこの浅茅が生えた屋敷が心に残れば、「浅茅が宿」というタイトルにしたところを、「黒髪」のほうが印象に残ったのでしょう。わたしは、「黒髪」というタイトルなのにススキが生えた屋敷の荒廃が印象に残ったことが、このブログの感想でわかります。
 さらに、マンガ『雨月物語』の著者木原敏江氏は、
 《これは究極の夫婦愛。勝四郎は、原作よりかわい気のある男にしてみました。宮木が待つかいがある男に。でも立ち直れるのだろうか。》
 と、この作品についてコメントしています。
 この暑さで、この世に待つかいのあるひとと、そうでないひとの区別など付き添うもありませんが、著者は、待つかいのあるひととはかわい気のあるひとなんだと思ったことでした。そうだと、立ち直れないほうが、かわい気があるかなとも思いました。



この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |