FC2ブログ
『赤猫異聞』
2018/06/30(Sat)
 浅田次郎著 『赤猫異聞』 新潮文庫 を読みました。
 一昨日裏山に登ったとき、展望台で秋末さんが、中国新聞の切り抜きをくださいました。
 日曜版の「武一騒動」に関する記事です。展望台にいる人は、数人がすでに読んでいて、展望台は武一騒動の話題で持ちきりになりました。下山道でも大方その話題でした。
昨日は上奥さんがこれをあげるよ。と、この文庫本をくださいました。そのあとラジオ体操をしていた途中から、豪雨になり、大水が流れる道路、傘などあっても無くてもという勢いで、玄関にたどり着くとただの水の滴る山姥になっていました。それでも、この文庫本を水筒袋の底に入れていたビニール袋を取り出してしっかり包み、一滴の雨にも当てずに持ち帰ったのは本当に奇跡に近いと思えるほどの豪雨でした。

 「武一騒動」は明治4年の出来事ですが、この作品は、途中から明治元年になった年の12月25日、江戸に大火が発生し、伝馬町の牢屋敷の囚人400人を解き放ちにしたことに端を発する物語です。

 江戸時代から続いた奉行所配下の牢屋敷、そこに徳川幕府開府以来明治に至るまで、≪石出帯刀はじめ、配下の同心六十人は、名目上いわゆる一代抱の分限であっても、手代りの侍などいるはずはないから、つまるところは父子永代の不浄役人とされておりました。≫とある、この不浄役人の鍵役同心丸山小兵衛について書かれたものです。

 江戸時代二百七十年中でも何十年に一回の大火、大火による囚人の解き放ちというような決断をどのようなタイミングで、どのようなやり方でやればよいのか、自分たちは幕府の役人ではあるが・・・、御一新の直後の修羅場、勿論二・三か月前にできた新政府は司法にまでは手が回らず、司法のこのようなことにまで、トップダウンの道筋はついておらず、そんな中で、子どもの頃学んだ、「法は民の父母なり」という教えを自分の職分として心におき、その職分を全うすべく鍵役同心丸山小兵衛が最後の仕事をして、おなじ鍵役同心に最後の仕事として、自分の首を斬らせます。

 ≪時は明治元年暮。火の手の迫る伝馬町牢屋敷から解き放ちとなった訳ありの重罪人たち・・・博奕打ちの信州無宿繁松、旗本の倅岩瀬七之丞、夜鷹の元締め白魚のお仙。牢屋同心の「三人のうち一人でも戻らなければ戻った者も死罪、三人とも戻れば全員が無罪」との言葉を胸に、自由の身となった三人の向こう先には・・・・・。幕末から明治へ、激動の時代をいかにいきるかを描いた、傑作時代長編。≫
 と銘打っての作品ですが、最初から最後まで、気の置けない作品でした。

 小泉八雲の「ある保守主義者」では武士の子ならではの育てられ方を描いていますが、上は公方様から旗本、末は不浄役人と言われ蔑まれている人間に至るまで、腰抜けもいれば、悪人もおり、心を据えて、自分の職分を果たし、人間として恥じない立派な生き方を心がける人もいることを描いているのでした。

 あれから8年のちの明治8年、鍵役同心丸山小兵衛に三度まで命を助けられた、高島交易商会社長高島善右衛門こと博奕打ちの信州無宿繁松が、典獄様から、急に呼び立てを受け、解き放ちの時のことについて尋問されて答える部分に、
 ≪・・・四六のこの齢まで相変わらずの不信人なんだから是非もござんせんが。いえ、感謝はいたしておりやすよ。ただ、功徳を
恃んで寄進をしたり、手を合わせたりするのが嫌いな性分なもんで。
 あっしァこう思う。人間はみんな神さん仏さんの子供なんだから、あれこれお願いするのは親不孝です。てめえが精一杯まっとうに生きりゃ、それが何よりの親孝行じゃござんせんか。だから、寄進する金があったらその分給金をはずむか、お国に使っていただくか、貧乏人にくれてやります。それが一等、神仏のお喜びになることだと思いやすので。私も遅ればせながら人の親になりやした。・・・・。≫
 最後のどんでん返し、 なかなか、しびれる作品でした
 

スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
「現代日本の開化」
2018/06/26(Tue)
 『漱石全集』 第二十一巻の中の 「現代日本の開化」 を読みました。
 いま、精力的に読んでいる伊藤秀輔編 『夏目漱石を楽しむ』 という木曜会出版の本で、漱石の明治四十四年の講演記録 「現代日本の開化」 の紹介があり、何十年ぶりに岩波の新書版の漱石全集の一冊を開きました。
 読みかけた本をさし置いてこれを読もうと思ったのは、ラフカディオ・ハーンの「ある保守主義者」との比較を思いついたからです。
 ハーンの見た日本の文明開化と、漱石の見た文明開化の比較です。
 漱石を熱心に読んでいた三十代の初めころ、漱石が悲しみを込めて、「コロコロ、コロコロ西欧化に向かって転がっていかなければならないのです。」といった意味のことをどこかに書いていたことが忘れられずにいました。
 この作品だったかなと思って読むと、ここでは、

 ≪時々に押され刻々に押されて今日に至った許りでなく向後何年の間か、又は恐らく永久に今日の如く押されて行かなければ日本が日本として存在できないのだから外発的というより外に仕方がない。≫とか、≪涙を呑んで上滑りに滑って行かなければならないというのです。≫
 という表現で、滑るに傍線まで引いていました。
 ≪斯う云う開化の影響を受ける国民はどこかに空虚の感がなければなりません。又どこかに不満と不安の念を懐かなければなりません。夫を恰も此開化が内発的でヾもあるかの如き顔をして得意でいる人のあるのは宜しくない。それは余程ハイカラです。宜しくない。虚偽である。軽薄である。・・・≫といい、開化の推移はどうしても内発的でなければ嘘だと言っているのです。
 これらのことを読んでいて改めて、漱石自身は自己本位の内発性を取もどすことで、外圧によって失った自分自身を取り戻すことができると考えたとき、自分に自信を持った経緯があることを確認し、これが彼の個人主義であったりしたことに思い当たることができてくるのでした。
 此度この作品で感心したのは、開化ということの定義を説明するのに、定義という言葉の定義から始まって、開化を定義するのに、水も漏らさぬ慎重さで絶対に誤解させないというほどの説明をしているところでした。じつは土曜日私立の中学校へ通い始めた孫の中間テストの試験用紙を見せてもらいました。老眼鏡なしで見たので難儀もしたのですが、歴史ならこんな年端のいかない孫に負けはしないと高をくくって設問を読むと、基本中の基本の問題すぎて、これがわからぬようではと思っていることが、じつはわかったつもりになっていて、正確に解けないということがありました。帰って同じ中学校出の夫に聞いてみると、答は正確で、その説明も孫の説明以上でした。
 漱石の事もわかったつもりでしたが、まだまだといった思いになりました。
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
第214回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録
2018/06/16(Sat)


 6月9日(土曜日)、第214回「広島ラフカディオ・ハーンの会」に参加しました。
 当日今度は、夫が声が出なくなり、調子も良くないので一人で出席しました。
 参加者は14人でした。
 記録を書き置くのが遅れています。行事が少しばかり立て込んでいたのに加えて、私も体調を崩してしまい病院へかかったりして、書けずにいました。夫はケーキなどを買ってきてくれたりしながらも、古文書の「三業惑乱」に入れ込み過ぎるからだと苦言を言いますが、大好きな野菜の届け物も次々と重なって、その調理にもずいぶん手間を取られていたりもしていることもあるんだけど・・・。
 今になって会について思い出すのは、貝嶋先生の丁寧な翻訳で、「ある保守主義者」のを読み終えたこと、 末国氏の「影像で見るケルト」の発表が私にとってとても心に響いたこと、会が引けて駐車場で参加者の女性4人で、初めてハーンについていろいろ話したことです。
 貝嶋先生の丁寧な翻訳では、この講義を聞くのが20代の自分であったらとしきりに思われます。私のほとんど知らない言語で、ある映像に近づこうとする作業ですが、古文書に出合ったときがまさにこの光景でした。いま、40年近くのブランクを経て、逆に古文書の会に出てみると老いて解読を志す人もすこしおられ、その方々との類似点に思いをはせる昨今です。先生の説明で、他の人の翻訳でえがいた影像を思い浮かべて、私としてはすごい集中力で文字や音をたどります。
 末国氏の「影像で見るケルト」の発表では、その伝え方の巧みさに感動しました。
 アイルランドに留学されて学びながら感じられた、ケルト文化の持つ特性と日本人が古代より変わらず持ち続けている特性の共通点を、最近話題になった『君の名は』の表現の中に見出し、その部分の幾つかを丁寧に朗読してくださり、受講者の心の奥底に眠る日本人としての心に語りかけてくださいました。
数か月前、浮田氏の発表してくださったやはりアイルランドを訪ねての影像での発表によって、すこしその地方に具体的に関心が向き始めたときでもありました。さらに、先月配布してくださっていた、日本人がケルト文化に接して受け止めたことへの考査が学研的につづられている資料、吉津成久氏の 「環境と人間と文学」~ケルトと出雲を繋ぐ八雲文学の一考察~ を読みこんでいたことで、末国氏の研究環境が推し量られていたことが、つたない私にもよりいっそう感興を促したと思えます。
会が引けてのかえり、キャンバスの駐車場で会のメンバーの女性ばかり4人がハーンへの思いの立ち話になりました。
話題は彼の作品批評や思想をこえて、生身の男性批評の様相をなしてきました。なかなか女性研究者の男性批評は鋭い。しかし、その両面を見逃さない目を持ちつつというのも大切かもしれません。この方面での会話を楽しめたのも夫が欠席したからかもしれないと、ちょっと夫の欠席をありがたく思いました。


この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
『ペスト』
2018/06/03(Sun)
 中条省平著、100分de名著 アルベール・カミュ著『ペスト』を読みました。
 ≪北アフリカのある町が、突然、疫病禍に襲われる。人々はこの災厄を乗り越えることができるのか・・・ 。不条理に反抗する人間のありようを描いた傑作小説『ペスト』の現代的意味を考える。≫
と著者が表紙で語っています。
 ペストがはやり始めて、医師のリウーはペストではないかと、医師会の会長に新たな患者の隔離を要請しますが、その資格がないと断られます。
 皮肉に感じたのはそれからです。
 ≪医師リウーは、県庁で会議を開いてもらい、そこでいかにも官僚的な姿勢を代表する医師会会長リシャールと対立します。法や行政は、現実より形式的な言葉のほうを大切にしますから、ペストがもたらす厄災への対応ではなく、ペストという言葉をどう定義するか、その言葉がどういう影響をもたらすかといったことばかりを議論しています。・・・「いいまわしは、どうでもいいんです」とリウーはいった。「ただこれだけは言っておきましょう。我々は、まるで市民の半数が死なされる危険がないかのようにふるまうべきでない。なぜなら、そんなことをしたら、人々は実際に死んでしまうからです」≫
作品の解説書ですから、このようなところは本当の作品を読んでみたい気がします。このようなやり取りが、その国やその時代の、考え方や実施の現実を垣間見ることができるからです。
 結局リウーの意見は受け入れられず、
 ≪死者の数はうなぎのぼりに増加し、ようやくペストという病名が認められるのは、責任を回避していた県知事のもとに電文が届き、植民地総督からの命令が下されたときでした。「ペストの事態を宣言し、市を閉鎖せよ」。つまり市を丸ごと閉鎖し、ペスト地区として隔離せよという命令です。≫
 東北震災のあとの原発への政府の今へも続く対応に似てもいます。
 また、この作品は群像小説を目指したと述べられていました。
 さまざまな境遇の中で、いろんな考え方をする人が、元気だった人が突然高熱を出して死んでゆくという厄災との不条理の中に閉じ込められてしまいます。
 パヌルー神父が
 ≪「なぜ、あなた自身はそんなに献身的になれるのですか。神を信じていないのに?」・・医師は・・もし自分が全能の神を信じていたら、人々を治療するのをやめて、人間の面倒をすべて神に任せてしまうだろうから、といった≫
 カミユは、人間は世界の一部にすぎないということを絶えず考え続けた人だと著者の解説があります。
 この作品は、水俣病で苦しむ人のことを書いた作品や、ハンセン病の事を書いた作品を思い起こさせます。人間は、そんな環境におかれたとき、その実相のなかに、その敗北のなかに、見出す人間本来の生きるということの本質を見つめざるを得ません。そんなことを描こうとしていることを感じます。   


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |