FC2ブログ
『血の挑戦』
2020/12/22(Tue)
 大薮春彦著 『血の挑戦』 を読みました。
 勿論これも隣のご主人に頂いた本の一冊です。
 徳間書店よりの、2005年2月の初版本で、510ページの文庫本です。
 これも楽しく読めました。「読書は娯楽です」と思える本でした。

 最後の解説を参考にしての作品記録です。
 4年前――北見は十歳以上も年上の兄貴分三井と組んで、K市で幅を利かせていた進藤組から当時の価格にして5千万円に相当する10キロ分のヘロインを横取りすることに成功する。
 だが、アパートに戻った北見は、待ち伏せていた正体不明の人物にヘロインを強奪されたうえに警察に逮捕され、北の果て網走刑務所に送られてしまう。
 懲役7年のところを4年で釈放され、極寒の網走で重労働を科せられたが逆境をバネに、消失したヘロインの行方を突き止め、自分を襲って網走に送った人物を探し出して復習を果たすという目的のための再起を画策します。

 K市に戻る途中、すでに青函連絡船内で殺し屋に狙われます。K市に戻り、三井宅に身をおきながらも、三井に4年のあいだに市の暴力団地図は大きく塗り替えられていることを教えられます。

 正確な情報を得ようと、人間殺人鬼ともなって、対峙するのですが、終わりに近づくと自分を狙って一番危ない思いをさせて苦しめていたいた人物がじつは三井であったということを知ります。このように、信頼していた人物が次々と裏切りをするというのがこの作品です。相手についての正確な情報を得るためには、信頼しているふりをしなければならないと思わせられる作品です。

 以外に私もスーパーアクションものが好きだということがわかった読書でした。
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『凶獣の罠』
2020/12/20(Sun)
 大藪春彦著 『凶獣の罠』 を読みました。
 これも隣ご主人に頂いた本の一冊です。
 平成6年初版発行の文庫本です。

 おもしろくてあっという間に読みました。
 大藪春彦という作家の名前も、聞けば聞いたことはあるかも?と思えるほどの作家でしたので、まずウィキペディアで、この作家について読んでみました。
 なになに、3億円事件のとき、彼のある作品の内容に事件が似ているということで、警察に犯人に疑われたことがある? と知ったとき興味がわいて読み始めました。
 読みはじめると、3億円事件は小さく思える、アフリカの西海岸の小さな国ローマニアから世界で一番大きく時価3千億円以上もするダイヤモンドを手に入れてくるという奇想天外な犯罪の話でした。
 ヒーローのF1レーサーの高見沢優は、外人の女性の罠にかかります。最終的にはこの女性も被害者なのですが、主犯は義足をつけたヤミンスキーです。タウチェスク大統領が権力を握っていたローマニアが、1年前民衆蜂起によって壊滅し民主ローマニア政府が誕生したが、革命の混乱によって経済が逼迫してきている。タウチェスクの隠し財産は中央アフリカのモザンピアにあり、ローマニア民主政府とモザンピア政府の取り決めによって12月9日にタウチェスクの財宝の引き渡しがあるので、そのお財宝を奪取してくるようにというのです。経費は総てヤミンスキー側が持ち、芳洲は1千億円で引き受けることになります。

 彼はそのことをやりとげるのですが、そのあと、ヤミンスキーの手下から、それを奪われそうになり、敵はヤミンスキーになり、彼からもダイヤを守りぬきます。その間に犯した殺人は数え切れませんし、その証拠は一切残さなといったやり口です。
 作品では、拳銃をはじめとして武器の説明が丁寧すぎ、それは字ずらを追うのが精いっぱいで、まるで知らないことばかりを読み流しました。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『金正日が仕掛けた「対日大謀略」拉致の真実』
2020/12/13(Sun)
 西岡 力著 『金正日が仕掛けた「対日大謀略」拉致の真実』 を読みました。
 これも隣のご主人に頂いた本の一冊です。
 この作品は、2002年10月31日の初版本です。
 2002年10月31日といえば、小泉純一郎日本国総理大臣と金正日が同年9月17日に平壌で出会い会談を行い、同年10月15日5人の拉致被害者が帰国してまもなくです。著者は、当時「現代コリア」編集長、東京基督教大学教授、97年から北朝鮮拉致被害者の家族とともに、被害者救出の運動をしていた方です。

 このように慌てての出版は、北朝鮮の拉致被害者の実状の発表に、大きな不信感を抱き、その奥にある金日成の企みと狙いを明らかにするためだといいます。
 彼らが必死に隠そうとするこの企みと狙いについて、「北朝鮮は日本人を拉致はしたが、① 拉致被害者をテロ活動に利用するようなことはしなかった。② 拉致を命令したのは金日成ではない。」 ということを主張したかったことだといいます。このなかで、①の、拉致被害者をテロ活動に利用するということは具体的にはどういうことかと思っていると、韓国などほかの国にテロ行為を行うのに、日本人が犯人であるかのように、朝鮮人に日本人になりすませるように日本人教育をさせるのです。これは、1974年に起きた文世光事件にヒントをえた対策だそうです。北朝鮮の工作員が在日韓国人・文世光に接触し、朴大統領を暗殺すれば南北は統一し、韓国の民主化も実現すると洗脳し、大阪府警から盗んだ拳銃を与え盗んだパスポートの写真を張り替えて日本人として韓国へ入国させ朴大統領を狙撃させた事件です。

 このように、工作員を使っての他国への犯罪に拉致被害者を教育してあらゆる方法で利用することを考えてやっていたのでした。その実例を読むと北朝鮮の国際的犯罪手段がうかがえます。
 死亡したと伝えられている元工作員(金賢姫・安明進)による目撃情報のある人たちをすでに死亡したと発表。表に出すと工作機関の実状が暴露されるからです。

 最後に、当時の北朝鮮の置かれた実情を踏まえ、≪北朝鮮の置かれた立場などから、拉致被害者全員の救出のための最終局面への扉が開かれつつあるといってよいだろう。≫ と述べられていますが、あれから18年。それ以後、だれ一人として帰国できていません。この本を読んで、私たちより多くの情報をこの頃から聞いていろいろ考えておられた被害者御家族の気持ちはなんとも言葉にあらわしようがありません。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『聖徳太子』
2020/12/12(Sat)
 上原 和著 ドラえもん人物日本の歴史『聖徳太子』 を読みました。
 夫の亡くなった弟の小学4年生の孫が遊びに来て、漫画でも漢字を覚えるのだと聞きました。そうかも知れないとさっそく喜びそうなマンガを探していて、見つけました。

 とはいえ、私は一時期、秦河勝にご執心の時期があったために、懐かしい気持ちで読みました。この作品では、物部守屋との戦いの時と、562年欽明天皇の時代に任那が新羅の支配下になったために、それを取り返しに聖徳太子が新羅を攻める決意をし、弟の来目王子を将軍として行かせる決意をするところで秦河勝が登場します。秦河勝は朝鮮からの渡来人でしが(新羅からの渡来人であることはしっかり頭んはいっていなかったようでこのたび確認できました)、この作品では、新羅は自分の故郷だから胸が痛むと述べます。結局弟が筑紫で病気で亡くなったりして新羅遠征は中止となりました。

 久しぶりの秦河勝だったのですが、もう少しかっこよく書いてほしかったな―。

この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『五体不満足』
2020/12/11(Fri)
 乙武洋匡著 『五体不満足』 を読みました。
 お隣のご主人に頂いた本の一冊です。
 この本の存在はよく知っていたのですが、いままで読んでいなかたのでした。
 頂いてよかったと思っています。でないとうっかり出会わない本でした。
 歯医者での待ち時間でも、大好きなテレビ番組のコマーシャルの間も読みました。
 乙武洋匡氏が手も足もジャガイモがコロンとくっついたような状態で生まれてから、早稲田大学の学生になって活躍するまでの話でした。

 彼の成長記録は奇跡のように思えます。
 このような五体不満足な体で生まれながら、自分の目立ちたがり屋の性格や、負けず嫌いの性格のままに、そして周りの人の応援をバネに自分の能力を引き出して頑張って成長していく姿勢に、こうでなくてはと、思わされます。

 保護者をはじめ、地域の方々、学校での受け持ちの先生や友達などなどのいろいろな形での協力をいっぱいいっぱい受けての成長であったはず。

 そんな中で自分と人との違いに気づき、自分の役割に気づき、人から求められ過重だと思える役割にも挑戦していこうとする力を得ていったと思えます。

 21歳の時、アセック(国際経済商学学生協会)という学生協会での活動を補助してくれた横内さんという人にキャンパスで再開しました。横内さんは一班企業に就職することの難しい重度の障碍者に自立の道を提供している社会福祉法人東京コロニーという会社に勤務している。横内さんもサポートしてきたごみリサイクルのイベントに関する用事できたのでしたが、さらにやってきた。新宿区西清掃事務所の所長である木谷さんという人を紹介される。木谷さんはごみリサイクルの問題を考えているうち、街が抱えている問題のいろいろについて考えが及びバリアフリー問題について協力を要請さ、バリアフリーという言葉はその時初めて聞いたのでが応じてしまいます。それからの活動の展開には目を見張るばかりでした。
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『私は旅人』
2020/12/08(Tue)
 いつきじん著 1999年詩人会議 土井大助 より発行されたものです。

 ≪ 私は生きている

 こんなに小さな体でも
 こんなに小さな心でも
 動けるじゃないの
 考えられるじゃないの
 生きているってそれだけのこと
 人間の存在は小さいけれど
 それでいいじゃないの
 その他に何を求めるっていうの
 私は地球の小さな小さな片隅に
 太陽を求めて 生きていく
 新芽のようなもの
 芽はこれから大きく伸びようとしている
 芽はけっして倒れはしない
 伸びずに倒れてはいけない
 芽は地球に存在しているから
 私は生きているから ≫

 著者は、1953年生まれとあります。私より4歳若い人ですが、この詩は彼女が何歳の時読まれたのでしょうか?
 いま、71歳の私が読んでもうなずけます。五体満足な時読んだらどうだったろうと思えます。すこしずつ機能が衰えているからこそ、いま自分の生活に希望を持つために同感できるのかもしれません。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『寺澤正・岡島茂夫 詩画展』
2020/12/06(Sun)
 1993年12月25日 光村印刷株式会社より、発行されたものです。

 最後まで読んで、まさしくこれは大人の詩だ・・・・・・と思わされます。
 開くとカバーの折り込みに、「コワイもの見たさ」 という本郷淳氏の推薦のことばがあり、その言葉を借りて、感想を述べるしかないかとも。

 ≪詩人というと仙人のように遥か高所にいて、われわれ世俗人とは次元が別な、と言って天才とも違う世界の人間を想像しがちだ。しかし、寺澤詩人は 「ウム、現代ニイキテイル詩人トハ此ノヨウニ棲息シテオルノカ」 と思わしめる食うや食わずや筆一本の文筆家業、テレビ・ドキュメンタリーの構成など、なかなかナウイ仕事もしている。≫
にかもしだされる詩から読める思い。

≪詩は

詩は ことのはのなかに在り
ことばは日々薄氷を履む
 人間のなかに在る
生れでた
かりそめのいのちは 
死を迎え
踏み出すひとときの 耀きにことばを紡ぐ
繭のように帯のように 
羽のように吐息のように  
かたくなに紡ぐ
ことばこそ薄氷を履む 日々の歩行となる
生き下手の旅は 
あいあえぎあざけり
あおざめる悲鳴
あなたへの呼びかけの こえが地平への 
白い道をひらかせる
詩は あいのあつれき
あらん限りの いのちの途上に 在ることば≫

この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
『伊勢物語』
2020/12/04(Fri)
 100分で名著  『伊勢物語』 です。
 最近、100分で名著は購入はしてあるものの、読んでいないことがよくありました。
 このたびもそうでしたが、放送での高木のぶ子氏があまりにも魅力的だったので、気を入れて読みました。
期待以上でした。
 『伊勢物語』 は、在原業平を描いた物語ですが、著者ははっきりしていないとのことです。高木のぶ子氏は、書き継いでいった人たちがよんだときの願望、欲求や怨嗟を書き加えて形成されたものが藤原定家(1162~1241)によって現在の125章段にまとめられたといいます。著者については、最後(82ページ)の方で、高木のぶ子氏は、自分の小説 『業平』 を執筆する過程で、斎宮の専門家に取材し、業平の最後の妻は斎宮だった恬子(ヤスコ)に仕えていた伊勢という女性だったという説を聞かされます。自分の小説のラストには、病床の業平が自分のすべての和歌を彼女に托して死んでゆく場面を書いたと述べておられます。
 こんな素敵なラストシーンを書くことができたのも、彼女の在原の業平への思い入れからすればなるべくしてなったとの思いがする解説です。

 この作品は、読んでいて懐かしささえ感じるような美しさを感じます。

 4回の最初、思いは解ってもらえないという虚無 の章で、

≪むかし、男、いかなりけることを思ひけるをりにか、よめる。
   思ふこと言はでぞただにやみぬべきわれとひとしき人しなければ
 (思っていることは言わずに、そのまま終えるべきであろう。私と同じ人などこの世には居ないのだから、心の底より解ってもら えるはずなどないのだ。)≫

 という歌とその解説があり、

≪自分の思いは不十分にしか伝わらないという認識も、みやびの一つであると言えるかもしれません。自分の思いが百パーセントと伝わることはないし、伝わると思うこと自体が傲慢だ。あるいは、言葉がそのまま伝わると過信してすべてを言い尽くそうとする、そんなことはやめておこう。そうしたある種の諦念は、叶わぬことに抗わないという本質に通じるでしょう。≫

 という部分では、先ほど読んでいた三島由紀夫について思いを巡らすことになりました。三島由紀夫は読んでいてウンザリしてきます。あまりにもしつこすぎると思えるからかもしれません。自分の気持ちを伝えたくて最後は切腹迄することについては。何もそこまでしなくてもと思わされます。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『永六輔 新・無名人語録』 死ぬまでボケない智恵』
2020/12/03(Thu)
 永 六輔著 『永六輔 新・無名人語録』 死ぬまでボケない智恵 を読みました。
 株式会社飛鳥新社より、2007年第1刷発行、2008年第2刷発行の新書版です。
 ≪町を歩いていて、
  喫茶店で、
  電車やバスの中で、
  ・・・・・・聞き耳を立てる。
  なんという名語録の洪水。

 無名の人々が語りあう言葉のコレクションをして40年。≫
と書きはじめられています。

最後まで読んで、最後の方で引いた語録を少々紹介します。
≪「トラブルの多い原発に 『文殊』 『普賢』 というような仏教にとって大切な名前を付けるのを許しておいていいのでしょうか。
だめですね、日本の仏教は」
               ◎
「原発のことは『トイレのないマンション』とか『ブレーキの効かない新幹線』と言われていますが、最近ではトイレのない新幹線でブレーキの効かない状態です」
               ◎
「昔の大工はうらやましいよ。素材のいい木がいくらでもあったんだから、材料で差がつい ちゃっているということをわかってもらいたいよ」
               ◎
 「平安時代には樹齢1000年なんて木がいくらでもあったんだ。
 鎌倉時代で500年、江戸時代で200年、最近じゃ100年くらいで大騒ぎしてる。
               ◎
 「日本の政治家って半分以上が二世なんですからね。
 政治家は血筋ってものじゃありません。
 親父がラクな仕事をしていると、子どもは跡を継ぎたがるものです」
                  
すこし真面目なものばかりになりましたが、なかには読んだ瞬間大笑いするのもいくつかありました。

この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
『ディスタンクシオン』 
2020/12/01(Tue)
 岸 政彦著 『ディスタンクシオン』 を読みました。
 100分で名著 ブルデュー の 『ディスタンクシオン』 についての解説書です。
 前日歯医者に行った帰りに購入しました。
 ブルデュー の 『ディスタンクシオン』 とは、初めて知る著者であり著書です。読みかけの本をそっちのけで開いてみました。結局最後まで読んで、よく理解できなかった最初の方をさらに少し読んでみました。

「ディスタンクシオン」とは、フランス語で 「区別」。英語で 「差異・弁別・卓越「 であるとなっています。この本のテーマは、趣味とは何か・文化とは何かだといいます。 それをつきつめて、 「自由とは何か?」 ということだとのべ、結論として 「人間は不自由である」 ということに行きつくことの説明がなされていくとあります。
 これでは何のことだかさっぱりわかりませんが、岸 政彦氏 の解説を通して、 著者ブルデュー の住民の各層に及ぶ綿密な調査によって、人は自分が好きで選んでいる(と思っていた)趣味は、社会階層と学歴によって傾向づけられているとし、そのメカニズムを 「ハビトゥス(習慣・くせ・性向・傾向性)」、「界」、「文化資本」 などの概念を使って、その構造と、その構造の生成の仕組みを明らかにしたことが分かってきます。

 このようなところを読んでいると、私も、自分の学歴、育った家庭の文化や経済状態について、また今となっては職歴、住んでいた場所などについて思い起こし、「自分は一体どのような人間なのだ」 と改めて考えてしまいます。

 そのように考えていると、私の今までの読書は、自分とは関係のない何かを読んでいたような気がしてきます。
 例えば、直前に読んだ1997年8月に出版された 辺 真一著 『北朝鮮餓死か暴発か』 という本について考えました。結局その体制は2011年まで続き、さらに2020年の今日も、その延長線上にいるのではないかと思えます。餓死はますます進んでいるのかもしれませんが、暴発は起こりません。
 これだけ、人民の厳しい状況を見抜いてそのことばかりが描かれているにもかかわらず、暴発は起こらないのです。暴発を起こすことで、いま丼一杯の粥が食べられるという状況が絶対にないのが現実だということがよくわかっているのです。人民のもつ、「ハピトゥス(習慣・くせ・性向・傾向性)」 がそうはさせなかったのだということになるのでしょうか。

 私の町内会では、災害の多いい今日のことを考え、老齢化している団地のまさかのときの救済活動についていろいろ話し合っています。まずは ブルデュー の社会学に見習ってプライバシーに気をつけながら住民の現況を調査することから始めることが大切と切実に思ったのでした。


この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |