避難訓練のときの講演から
2017/06/11(Sun)
 6月11日日曜日、朝から上大毛寺町内会の防災訓練がありました。
 朝、8時30分から連絡網が発信されそれを聞いて、団地の下にある病院の駐車場広場に集まり点呼をとり、そこから国道191号線を東に200メートルほどの全体避難場所に設定されている亀山小学校体育館に歩いていきました。
 そこで、2014年(平成26年)8月20日に発生した豪雨が広島市の安佐北区や安佐南区の住宅地を襲い、全体で死者77名を数えた大規模な土砂災害のとき、同時に襲われた新建団地の元自治会・可部東自主防災会会長だった今田勝馬氏の講演がありました。
 新建団地では、災害が起こる3・4年くらい前、自主防災会ができていて、その時の会長であったこともあり、3人の死者が出たということは、この自主防災会の取り組みは失敗でした。その失敗が何であったかということをここでお話をいたします。と語り始められました。まず、いろんなところで災害が起こった報道を見て、気の毒には思うものの他人事であったことを挙げられました。それは私たちも一緒です。
 災害時のことについて、少しメモを取っていたので、以下に書き記しておくことにします。
 19日の昼ごろから雨が降り始め、20日に夜中の1時には、すぐ近くへのあちこちの雷の音、雨の音が異常な大きさでした。2時に窓を開けて外を見ました。すると、隣の横の水路の橋がなくなっており、隣の家に裏からの大木が刺さっていました。川は流木などで流れがせき止められ、道路は濁流が流れ、判然としませんでした。もう家から出られる状態ではありませんでした。3時30分ころ小康状態になったので、連絡網で連絡を取り始めましたが、すぐに、電話は使えなくなりました。4時、高松山の大文字の方から、ものすごい音がして山が崩れ落ちてきました。すぐ近くにある公園のトイレの屋根がまったく見えませんでした。団地から外部への道が4本あるのですが、3本は全くダメで、1本だけ、皆で力を合わせて通れるようにし、避難しました。朝は、避難所で朝食をいただいたのですが、昼食ときにはほとんどの人が団地に帰っていませんでした。うれしいことに、被災していない人もみな出て、スコップなどを手に復旧作業を手伝いあっておられました。避難生活は40日に及びました。亡くなられたのは幼子を救出の為に預かった消防士さんとその幼児、そして、定年を迎えられたばかりの60歳の男性でした。2階に寝ていた奥さんと娘さんは軽いけがで済んだのですが、1階に寝ていたご主人は亡くなったのです。
 この災害で、道路を流れる水にハンドルを取られながら避難された二家族がありました。一家族の方は帰ってみたら土砂に埋もれて家がなかったそうです。このような災害では、電話は災害の音が大きくて会話は聞こえず、メールを見るしかないこともわかりました。生死を分けたこの災害を体験した後のこの自治会の避難への活動にもずいぶん教えられました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『100分de名著 維摩経』 | メイン | 『5000匹のホタル』>>
コメント
-  -
 間もなく3年目を迎えるのですね。危機一髪の大変な風水害、土砂災害だったことを思い出しました。
あの頃、あかね様ご夫妻が隣人の奥様を助け、毎日のように土砂を掬い出したり、お食事のお世話をなさったと思いますが、自分のことすら落ち着かない中で、ほんとうに見事な支援でした。私たちの団地でもここ数年災害訓練を実施していますが、どこか他人事です。今月にも又訓練がありますが、消火器の使用訓練などには実地で試しておきたいと思っています。
 皆様、思い起こすさえ辛く苦しい感情に包まれると思いますが、苦い体験の報告には、必ずプラスの教訓が含まれていることと思います。私も他人事と思わず、色々学びたいと思っています。
2017/06/13 18:50  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 避難先では段ボールに詰めた食料など燃えるものばかりのそばでの炊き出しで、たとえば講演のあった体育館でも、火災が起こることが想定されるということで、救助隊の方の消火器についての話もありました。その体育館には4隅に消火器があります。それを1本ずつ順に使うのと、いっきに使う時の違いから話され一気に使うと急激に効果が増すこと、近すぎると噴射した瞬間に返り火を浴びてやけどすることなど丁寧に話されました。
 まだ今のところは自助プラス共助ができます。「オオカミ少年を何度でもやってでも頑張ります。」
2017/06/13 20:49  | URL | あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1010-f40aaa1f

| メイン |