『100分de名著 維摩経』
2017/06/18(Sun)
 釈 徹宗著 『100分de名著 維摩経』 を読みました。
6月のNHKの『100分de名著』は、釈 徹宗氏が、『維摩経』について解説してくれます。
 NHKの『100分de名著』は、毎月1冊の名著の紹介をしてくれる番組です。毎週月曜日の午後10時25分から、25分ずつが4週間放送があり、これはそのテキストです。
 前の月の終わりころこのテキストが発売されますので、買い忘れていると、番組の途中から思い出して買いに行くことがあったり、時間がなくて読めないままで放送を見ることもあります。
 このたびは、第1回を見た後から読み始めました。最近は読書に当てる時間が少ないため、フィードバックしながら長期間で読みました。そのため、少し読んでは読んだ内容についてそのときどきでよく考えました。
 今までであった経典、といっても具体的には何も覚えていないのですが、そのなかで、この維摩経の経典は初めてで、とてもユニークな経典でした。
 読み終わってみると、知恵と慈悲から社会や人との向き合い方を学ぶ経典であることがわかり、今現在の日々の生活のなかで、仏教的に自分が生きていける具体的な姿を描くことができると実感できます。
 そのように感じられることに力をえたのは、このところ勉強している、貝原篤信著『家道訓』の教えに日々接しているからではないかとも思えます。
 古文書としての『家道訓』なので、巻六まであるなかで、4月18日からはじめて、まだ巻4の初めの部分に到達したばかりですが、これが江戸時代も初めのころに書かれたものだということを忘れることがしばしばの内容なのです。士農工商ともに、その家を保つ方法を具体的に指南しているのです。これが、日本人の生活の根幹としてながい江戸時代に保たれたが故の、明治の23年にラフカディオ・ハーンが日本にきて、日本で生活し始めて美しいと感じた基をなしているのではないかと率直に感じ取れました。
 『家道訓』が、ひとつひとつ手をとって生活のあり方を教え諭しているのに対して、『維摩経』は、維摩という在家仏教者が病気であることに端を発しての物語です。釈迦が維摩が病気であることを察知して誰か見舞いに行ってくれないかと直弟子たちに依頼します。釈迦の頼みであるにもかかわらず、りっぱな直弟子たちはみんな嫌がって拒絶します。それぞれの弟子が、以前、維摩に仏教者としてのありかたをやり込められたことを語ります。その語りを通して維摩の菩薩行のありかたを知っていくというトリックになっているお話です。
 今このときを、執着する心を持ちながらも、自分も宇宙のなかの生じ滅していく現象の一つだと捉えて生きていけそうです。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『100分de名著 高慢と偏見』 | メイン | 避難訓練のときの講演から>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1011-00b37413

| メイン |