FC2ブログ
第204回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録
2017/08/14(Mon)
 8月12日(土)、第204回「広島ラフカディオ・ハーンの会」に参加いたしました。
 連日の暑さで、幽霊も溶けてしまうのではないかと思える早朝、目覚めるとNHKプレミアムで、小泉八雲原作・小林正樹監督の『怪談』の放映中でした。最後の「茶碗のなか」の終わりの部分を観てまた朝まで眠りました。
 夫は10日に安佐市民病院から退院したばかりで、今少し静養が必要なので今回はお休みしました。ですが、同じ団地の伊藤さんが出席してくださいました。伊藤さんとは私が集金した区費を届けに行って初めてであい、この会のことを話してお誘いしたのでした。そのとき伊藤さんは松江に月に1回、中村元の顕彰会に出席されていると話してくださいました。私も中村元には大いに関心があり、帰って、1995年に収録された『こころの時代』の再放送を2014年3月に収録した「空飛ぶ鳥に迹なし」と「自らを灯りとせよ」を再度観ました。亡くなる4年くらい前の映像です。書籍では筑摩書房の世界古典文学全集の6・7巻の中村元編の『仏典』があるばかりですが、いずれまた読めるといいなと思っているところです。
 このたびのハーンの会は、風呂先生が『雪女』の原文の朗読カセットを聞きながら、解説をしてくださいました。
 説明を聞きながら、私は、原文を読んで参加していったつもりでしたが、字面を訳すということが精一杯で、全く読みこめていないことに茫然自失の心境でした。
 先生は、お雪が巳之吉に「おまえが何を見たのかについて話したら、・・・そのときには、おまえを殺すつもりだ・・・。」と言ったのに、巳之吉にあえて話すように促していることを指摘されました。言われてみれば、なるほど、直訳「おまえが明かりに顔を照らされて、そこで縫物をしているのを見ると、おれが十八歳の若者だった時に起きた不思議なことを、想いださずにはいられない。そのときおれは今のおまえと同じくらい美しくて肌の白い者を見たんだよ。本当に、そいつはお前によく似ていた・・・・」までしか巳之吉は話してはいないのです。つづいて、直訳「縫い物から目を上げずに、お雪は答えた。」となっていて、そのとき、もし目をあげて顔をあわせていれば、巳之吉はそれがお雪であることに気づいてそれから先は話さなかったかもしれないものを、さらに直訳「その人について話してよ・・・・。どこで彼女に会ったの」と、お雪は話すよう誘いかけるのです。そのために直訳、「それから、巳之吉は、渡し守り小屋における恐ろしい夜のこと、彼の上に屈み込み、微笑んでささやいた白い女のこと、そして、年老いた茂作がものもいわずに死んだことについて、彼女に話をした。・・・・それがおれの見た夢だったのか、雪女だったのか、おれには今でもよくわからないんだ。」と書いています。そのつぎ「お雪は縫い物を下に投げつけて立ち上り、そこに座っている巳之吉の上に身をかがめ、彼の顔に金切り声を浴びせた。
 風呂先生は、その時にはお雪は巳之吉をすでに必要としていなくなっていて、巳之吉に言わせて自分が去っていくつもりだったと示唆されたのです。
 「雪女」と言えばテーマは「約束を破る」と思ってしまいがちですが、ハーンの思いは・・・・。あとで、それぞれ参加者の感想発表があり(聞き取れなくて残念でしたが)、いつになく盛り上がって終わりました。

※小林正樹監督の『怪談』では、巳之吉は、縫物をしているお雪を見て、あの夜のことを一人で問わず語りに長い時間話すのです。話初めの頃、お雪はじっと巳之吉の顔を見ています。最後まで聞いて、「夢ではない」と静かにいい、ゆっくりとそれは自分であることを話し、「私とあんたの命に代えた永遠の誓い、それに背いたら私は殺すといったでしょ」とさらに思い出させるのです。そして雪女が異界の霊であるように映像は変化します。その別れは、約束を守れなかった巳之吉のせいで愛する子供たちと別れなければならなくなったお雪の深い悲しみを思わせます。お雪のさったあと、巳之吉が後悔のあまり泣き悲しむところで終わります。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<「ある保守主義者」 | メイン | 『100分de名著 野火』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1025-aea0f402

| メイン |