琴引山登山
2017/09/24(Sun)
 9月23日、夫と二人で島根県飯南町の琴引山に登りました。
 調べていて、この9月23日は、琴引山山頂でお祭りがあるということを知り、お祭りの日であれば、二人で登っても熊に出合う心配はないのではないかという思いで、この日の登山を夫が計画してくれたのでした。
 肺が弱く、病気がちの夫は、二人だけなら、自分のペースで、途中無理になったとき、いつでも計画を中止することができるのでリハビリを兼ねての計画です。
 朝、6時30分に家を出発。54号線をひたすら走って、琴引フォレストパークスキー場に到着。駐車場で見かけた登山者の方に登山口を聞いて、出発しました。
 私はこの琴引山についての神話を何一つ知らずに上り始めたのですが、夫が道々話してくれるので、だんだんに、これは神聖な山だと気づいていくのでした。少し登ったところにそれを表示する案内板があります。
 途中、6人くらいの人が追い抜いて行かれます。何しろ急こう配なのでゆっくりゆっくり登りました。頂上に近づくと今度は下山者と出会います。駐車場で親切に教えてくださった方も下山してこられ夫を励ましてくださいます。
 頂上の方から、お祭りの太鼓の音が聞こえてきます。50メーターも登れば頂上という所に巨岩があり、その根元にブルーシートが広く敷かれていて、皆さんお弁当を食べて休憩をしておられます。行き着くとすぐ、観光協会の方々から思いがけず美味しい豚汁をふるまっていただきました。
 岩を回るように石の階段を上っていくとちっちゃな社務所のようなものが建っており、その前から見上げると、巨岩の裏側にもう一つの巨岩との間に急こう配の石の階段がありそこに大勢の人が所狭しと詰めかけておられるのと、その上に間口一間くらいの神社の立派な屋根のてっぺんが見えます。これが琴弾神社のようです。この日は9人の子どもさんの健康への祈願が申し込まれていて、その祈願の太鼓の音が聞こえていたのでした。若い新聞記者の方が階段をはさんだ二つの巨岩が意味するものについて耳打ちしてくださいました。つい最近古文書にのめり込んでいる私は、近世の「物成を下方にては御免米という」という古文書の文面の御免米について読み解こうと、「免」という文字を漢和辞典で調べると、先ずこの文字はお産をイメージする解説があり、女へんがついて分娩ともいうようにお産のことですとありました。ついでに、許すという意味があり、取れ高は従来すべて領主のものなのに、半分は免除されるということで差出す側からは御免なさいという意味で御免米といわせたことを理解したことを話しました。この若い新聞記者の男性はこれは新しく学んだことですと、びっくりするほど丁寧に挨拶されて、ついこの琴弾神社の石段の下から見た情景が「免」の文字にぴったりだったのでこんなことをおしゃべりしたことに面はゆい思いをいたしました。
 階段を下りて回り込む道を頂上に登ると、見晴らしのいい頂上に二人の観光協会の方がおられ、御一人の方が頂上におかれた可愛い観光協会のキャラクターの石造りの猫の置物を作られた石材店の方だということがわかり、私は幸い猫とその製作者に加わっていただいての登頂記念の写真を撮っていただくことができました。(この写真は夫のブログに近々掲載するとのことです)
下山路は、大国主命の御琴があったという岩屋を見るために真北へ向けての道を降りていきました。途中で偶然チューピー登山クラブの方々が登ってこられるのに出会い、下山道の情報が得られたのはラキーでした。お蔭で岩屋を充分見学できたり、日暮れまでに駐車場に到着できたのは感謝でした。安全運転もできて5時48分、我が家に無事到着できました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<旭山登山 | メイン | 一兵山家山・中野冠山縦走登山>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/10/12 16:56  | | #[ 編集]
- Re: タイトルなし -
 
今朝コメントに気づきました。
また琴引山の感激を思い起こしています。
当日はおいしい豚汁、それに登頂記念の写真に作品ともに加わっていただきありがとうございました。
これも神様のお導きだったと感謝しています。来年も健康管理に努め友達を誘って登れたらと思っています。
2017/10/14 06:29  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1040-cda4b813

| メイン |