FC2ブログ
『ビルマの竪琴』
2017/10/30(Mon)
 竹山道雄著、『ビルマの竪琴』 ポプラ社 アイドル・ブックス7 昭和54年第14刷を読みました。
 10月14日(土)、の「広島ラフカディオ・ハーンの会」のとき、今学習している「ある保守主義者」の資料に竹山道雄の「私の文化遍歴」も紹介されました。
 それがきっかけでふと家にあった『ビルマの竪琴』を読みました。この作品も小学生の時読んで大変感銘を受けたことは覚えています。感銘は受けたものの内容は忘れてしまっていました。
 映画やテレビで何度も見る機会もあったらしいのですが、それも見ないで過ごしてしまいました。
 「おーい、水島。いっしょに日本にかえろう!」青いインコに教え込まれた部隊全員の強い思い。その思いを込めた合唱。
だんだんに思い出してきました。
 子どもの頃、感動したはずです。児童図書としては最高のものだと感じます。子どもたちにこんな素晴らしい贈り物があるでしょうかと思わされます。
 しかし、読み進むうち、8月に大岡昇平の『野火』を読んでまだ間がありませんので、戦場の状況、ことに敗戦間際の状況が心境に及ぼす影響については、違和感があり、著者は戦場経験がないのではと感じ、途中、著者の竹山道雄について「彼の年譜」や、他の作品も読んでみました。
  確かに経験がないということはわかりました。
 しかし、終戦間もない昭和21年に。原稿依頼を受け、この作品を手がけたいきさつと当時の情報の状況を読むと、経験のあるなしによらずこの作品が素晴らしい作品であるということがわかってきます。
 最初にこの作品の原稿を読んだ、児童雑誌「赤とんぼ」の原稿依頼者の藤田圭雄氏は、≪ぱらぱらと読んでいくうちに、私はいつの間にか、ぐんぐんとその中に引き込まれていきました。読み終わったときの私は喜びでいっぱいでした。すぐ、猪熊弦一郎さんに挿絵をたのんで、これで新年号ができたと思いました。≫と「解説」で語られています。それがアメリカ軍の検閲に引っかかり、うずもれてしまうところを、こんな立派な作品を埋もれさせてしまってはと、再度頼み込んで読んでもらい、許可を取り付け、遅れて第1部「うたう部隊」が3月に掲載された顛末も記されていました。
 ビルマに配属された部隊の人たちが、文明の遅れたビルマの人たちと日本人を引き比べてどちらが人間として尊い生き方であるかと論議するところなどは、いつの時代にも考えさせられる問題です。
 子どもへ向けての文章が、飾り気がなく率直で純真であることに最近なぜか魅力を感じています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『銀の匙』 | メイン | 「舞姫」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1045-fe680aa9

| メイン |