『さわらびの譜』
2017/12/31(Sun)
 葉室麟著 『さわらびの譜』 を読みました。
 2013年9月発行のハード本です。
 やはりみどりさんが送ってくださった本です。先の『山月庵茶会記』同様鮮烈な筋立てに一気に読んでしまいました。

 ―岩ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも―
 『万葉集』にあるこの歌が好きだという伊也という女性が主人公です。5歳の時から弓術日置流雪荷派(ヘキリュウセッカハ)を引き継ぐ父親の有川将左衛門から弓術を仕込まれて育ち、藩では女だてらに大和派の樋口清四郎と競うほどの腕前です。

 ―伊也の気性を小説では才気煥発と表していますが、読者にその姿を例えて、岩ばしる垂水の上の萌え出づるさわらびと、この句が使われています。
 だれでもよく知っている歌ですが、私はこれまで、「岩ばしる垂水の上の」という言葉をほとんど意識しておらず、わらびを見始めたころ「さわらびの萌え出づる春になったな」と思って陽だまりを恋しく思っていただけのような気がします。これだけの名歌を、このようにいい加減にしか味わっていなかったことを思うと、気を入れ込んで読まないと、著者の真意が読めとれないのではと、思わされます。―

 妹がいますが、妹の初音はそのような武張ったことはいたしません。
 そんな妹に樋口清四郎との結婚が決まります。この時代、親の決めた結婚に沿うことは至上命令です。しかし、この婚約時代に、ともに弓術を通して生き抜こうとする伊也と樋口清四郎は、常に気持ちが通じあう究極の場面に出合ううちに、お互いの気を合わせる瞬間を感じ取るようになるのです。
 そのことを、家に居候している新納左近は気づいて3人のことをそれぞれ勇気づけるのですが、この左近がいるために、伊也と樋口清四郎は様々な試練に立ち会わされるのです。彼は、実は藩主の腹違いの兄で、父親より、藩にことが起こったときには、彼を藩主に据えるようにと、時の重臣にも言いつけており、彼にも藩を助けるようにと言い渡してあるのでした。実際藩の現況は藩主は江戸にいては遊蕩によって莫大な散財をし、家来は藩主の気を引くためなら武士としてどんな恥ずかしいことでもやってのける悪なのです。それが、藩主を諌めようとする新納左近や伊也の父親有川将左衛門を亡き者にしようと災難をもたらすのです。
 最後は、藩主が伊也の仕掛けられた千射祈願を達成しようと命がけで弓を射る姿を見て自分を反省し、新納左近に藩政を任せ、有川将左衛門を次席家老としそれまでの側近を遠ざけ、新納左近を一門衆に迎える引き出物として望みの初音との結婚を許し、伊也は京都在番となった夫の樋口清四郎と京都に行くのです。三十三間堂の通し矢に挑戦するためでもあります。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『この君なくば』 | メイン | 『山月庵茶会記』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1056-ccd0e01f

| メイン |