『可部町史』
2018/03/29(Thu)
 昨日、交通安全協会定例会議に出かけ、くたくたになって帰ってきたところ、夫が、三業惑乱のいい資料が見つかったよ!と、印刷してくれていました。
それがこの『可部町史』でした。
 この『可部町史』は広辞苑を小型にしたような本です。

 昨夜は、三業惑乱に関するところを読みました。三業惑乱について、ローカルな出来事としてではなく、浄土真宗の歴史的な法難として、織田信長によるものと、この三業惑乱の二つを挙げ、織田信長によるものは、物理的な法難であったが、三業惑乱は法意の根本的なことにかかわる出来事であったことが語られていて、グローバルな視野からの記述でした。しかも、可部町に存在する寺院の江戸時代のある時期の個別の門徒数の記述などもあり、これらの数字の示すものからの考察もできるのでした。また、全体的には日本人の宗教観というものについて考えさせられるというものであったように思います。
 今朝は、裏山に登る前、編集後記を読みました。昭和43年4月に可部町史編集事業が発足し、昭和47年(1972)広島市との合併に伴い事業は広島市に引き継がれます。町時代に古文書目録などもできていて、かなりめどが立っていたようですが、執筆するにあたって、中心人物としての広島大学の松岡先生の基本方針が、「的確な資料を集めて権威ある町史を作るという高い理想」であったため、利用し得る資料を残すところなく把握するため、以後さらに古文書を掘り起し集めるために町職員などの甚大なる協力を要するとともに、先生にはその間大学で学生運動などが起こりそれに忙殺され、さらに、モスクワで開かれた第13回国際歴史学会議に日本の代表として発表することが決まったり、翌年9月から12月にかけて在外研究員として欧米各国に再度出張が決まったりで、編集作業の渋滞のやむなきなど紆余曲折を経ての51年9月13日発行になったことがわかりました。
 そして午後、第四章近世の可部の第五節災害・救恤と町民生活を読みました。
 目次をみていて読めない文字「救恤」を辞書で引いていて(きゅうしゅう)であることを知り、その事柄に興味を持って読んだのでした。これも、『可部町史』が理想とした「的確な資料」によっての考察ができていることが確認できます。勝円寺の資料を用いて、檀家の人の死亡人数の統計をもって災害や飢饉があった年の検証をその数字とともに考えることができるのでした。勝円寺は町内の中心地にあり、檀家数も多くその統計が使われていることも、よく知っている地形であるだけに状況が想像できやすいのでした。
 『可部町史』は、他の町史との違いについても、充分味わって楽しめそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<第212回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録 | メイン | お見舞い>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1090-19cc8bd0

| メイン |