FC2ブログ
『石仏 くまもとハーン通信 №25』熊本地震復興記念号 3
2018/05/30(Wed)
 記録が、最後になってしまいましたが、この冊子では、最初に一昨年の地震災害に負けず、復興に心を注がれていることが伝わってきました。
 ハーンが熊本の人びとに感じていた熊本スピリッツ。その忍耐強い精神に支えられての復興への道のりを歩んでおられるご苦労に敬意を感じます。
 地震の後、11月に震災の傷跡もまだ生々しいなかを、夫婦で10日間九州をめぐる旅をしました。
 小泉八雲旧居では、館長さんには、忙しくしておられるにもかかわらず、丁寧な説明をいただきました。その復旧が、この冊子では「後は南東のトイレの一部を残すのみ。」とあるのにほっとさせていただきました。

  「甦った石仏~熊本の再生と祈りのコスモロジー~」では、熊本の再生と祈りのコスモロジーという付加価値として創造的復興を願う事業の盛況も伝えられていることには、熊本の力強さを感じてうれしくなりました。

 小泉凡氏の寄稿文では、昨年暮れ頃松江に、新作狂言「ちんちん小袴」の公演を夫婦で見に行ったことを懐かしく思い出しました。

 「随想」のなかでの、松下純一郎氏の「かそけき音を聞く」では、重度の難聴の私もそっと耳を澄ますつもりで読ませていただきました。
 一昨年どうしても九州旅行をと思い立ったのには一つには、石牟礼道子の作品に出合ったからでした。物言えぬ人の心を掬い取っての作品に深く心揺さぶられたからです。ここでも八雲の「門つけ」の作品が最初に取り上げられています。ハーンの弱き者のかそけき声に耳をすます生き方がしのばれます。

 大友清子氏の「三角道によせて」でも、旅のことを思い出します。明治に創られた港湾施設などの美しさと、ハーンが訪れたときの旱魃のことをです。雨乞いの太鼓の音が聞こえてくるような気がしながら車を走らせました。
 この作品では、清少納言の父親についての記事がありました。清少納言の父親が赴任した土地だと知っていたらまた思いが少し深まっていたかもしれないと読ませていただきました。

 この~ハーン通信編集余話~「熊本地震と八雲の石仏」を書かれた菅 慶司氏の記事。ハーンが愛した石仏を大切に思い、冊子のタイトルにされ、表紙を飾る絵にまでされていて、そんな心のシンボルとなるものがあるということを、うらやましく読ませていただきました。石仏に寄せる思いが復興への慰みにもなったことを思うと表紙の石仏につい手を合わさせていただきながら読ませていただきました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ペスト』 | メイン | 『石仏 くまもとハーン通信 №25』熊本地震復興記念号 2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1098-c8cff5fd

| メイン |