FC2ブログ
第215回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録(2)
2018/08/30(Thu)
 会の初めに情報交換があります。そのとき私は2点伝達しました。
 1つは、7月23日の中国新聞コピーです。
 現在、平和公園の原爆資料館が建っているところに、原爆が落ちたときあった町並の一部に、陸上選手の山縣亮太選手と私たち夫婦の知り合いの今中圭介さんの家があったという図面の記事のコピーを配布しました。
 今一つは、以前回覧された『石仏』の記事で紹介された向井ゆき子さんの『合志義塾 明治三十九年塾生のノート』と合志市が発行した『「カタルバの樹」シンポジウム記録報告書』と、『「カタルパの樹」と合志義塾展図録』が送られてきたので紹介し、3冊とも回覧させていただきました。災害によって発見された、この塾生ノートが一級資料であることを会員のみなさんに伝えました。

 わたしは、かって発表とか、情報提供なるものをしたことがなく申し訳なかったので、不要の傘をリホームして作った水をよくはじいて軽―い腕抜きを縫ったのが登山仲間のあいだで人気だったので、あれでも発表しようかと夫婦で笑ったこともあったのでした。 でもちょっと思い返してみると、風呂先生がおられたとき、会に参加するときは、私は早く行っていろんなものをこっそり先生に見せびらかして自慢していたのでした。なかでも先生が「この写真、一枚わしにも現像してもらえんか」といわれた、庭で撮影したイシガケチョウの写真や、山で見つけたハーモニカの形をした蜂の巣の写真など。「これはいい本じゃ、儂も欲しい」といって注文され、すでに売り切れだったのに、この六月に可部プリントで再販すると聞いて墓場で残念がっておられると思った本。「みんなにも見せてやれーやー」といわれた、なんでも鑑定団にハーンの会へ入会以前に出演したときのDVD・・・。
本当は今日の情報だって、いちばんに風呂先生に見てほしいのに・・・。

 このたびは、早く来られていた田中先生や、貝島先生、そして隣の席の三島さんにも聞いていただきました。でもいまそう書いていて気が付きました。そういえば他の会員の方も、先生のところにいっては、みんなこそこそ先生と話をしておられたのです。それぞれ一人一人がみんな私と同じように、自分のそんな情報をまずは風呂先生に聞いてもらっておられたのです。でも先生はもう亡くなられた。この数ヶ月間、何にでも興味を持ってじっと聞いてくださる先生がなくなられて、皆我慢していたのでしょう。それが今日一気に皆の前で、情報として、発表として噴出したのでしょう。だから、発表も、情報交換も多くなって、時間を大幅に延長し、それでも誰一人帰らず、聞き入って聞き役もみんながしました。貝嶋先生がいっそうの工夫を凝らして『ある保守主義者』の翻訳の勉強の準備をしてくださっていたのに、それができないままになってしまうほど・・・・。思い出すと涙が出てまた書けなくなりそうです。
つづきは第215回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録(3)でまた報告します。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(5) | TB(0) | ▲ top
<<第215回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録(3) | メイン | 第215回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録(1)>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/08/31 17:55  | | #[ 編集]
-  -
 今更ながら風呂先生の暖かいお人柄が忍ばれます。
深山あかね様の会のご報告で、実際にもお目にかかったような気分となり、私まで親しみを抱いておりました。まだまだ触れ合い教えて頂きたいものが沢山あったことと推察致します。
私も高齢化する中で、肉親や先輩達が次々亡くなり、秋の彼岸が近付くと淋しさ哀しさが募ります。連れ合いなどは弟二人に先立たれ、6月には妹の連れ合いにも先立たれ、私以上に孤独感を強めているようです。
 厭でも、苦痛でも遺された者は、与えられた命を全うするしかないのでしょう。お互い此の命に感謝しながら、少しでも明るく楽しく暮らせたらいいですね。明日からは9月、猛暑、残暑も去り行く季節、台風や豪雨には何かとご心痛と思いますが、日々ご無事に過されますよう、念じております。
2018/08/31 18:15  | URL | みどり #-[ 編集]
- 向井ゆき子さんへ -
 原稿に追われておいででは大変です。そんなときにコメントまでを書いてくださるとは・・・・。
でもすごいです。頑張ってください。
出来上がったらまた教えてください。
私も左の耳がほとんど聞こえません。5年前に手術をしたらひどい真珠腫でした。右もあまり聞こえません。ですから大変さがわかります。
 大切になさってください。

 向井さんの本については、よく九州大学に出かけて発表などもされている田中先生にまずお見せしました。監修が中村青史先生だと告げました。向井さんのお父様の姓が鍋島だということにまず驚かれました。何しろ鍋島藩のことがすぐに思い当たりますので・・・。新島襄から徳富蘇峰、宮本常一の絶賛した工藤家の従妹同士の塾にその素養の深さを二人で認め合ったものでした。
会が終わった後、安田女子大学の国文で宮沢賢治を専門に教授されていた伊藤先生が、農業学校ということで、読みたいと言ってくださり、家がすぐ近くなので、いま、さきに読んでいただいています。

 


2018/08/31 20:50  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
- みどりさんへ -
 ほんとに身内も少なくなりますね。
 今の悩みは、今は22軒でできた区の副区長なのですが、来年から2年間区長をしなければならないことです。それと6月から交通安全協会の支部の事務局をする羽目になったことです。本の読めない日が続いています。つくづく自分勝手で、わがままな性格だと今頃になって自分のことが情けなくなります。でも28日に出席した定例会で笑ヨガの紹介をされたので、しっかり笑って免疫力を高めて、暇を見てすこしでも本が読めたらと思っています。
2018/08/31 21:12  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/09/12 18:35  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1125-fd8b9a92

| メイン |