FC2ブログ
 鳥帽子山・比婆山登山
2018/10/09(Tue)
 10月10日、久しぶりに山に登りました。
 朝6時15分に羽柴さんが迎えに来てくださいました。
 毎朝のように一緒に裏山に登っている4人で乗り込ませてもらって安佐北区民文化センターに集合です。
 そこから、15人で、4台の車で出発しました。
 広島北インターで、高速に乗り、庄原のインターでおります。
 私は、お弁当とジュースやお茶を持っていきましたが、朝が早いので、途中のセブンイレブンで皆さん全員がお弁当や飲み物を買われました。
 西城に進みますが、どこまでいっても西城という感じで奥へと入って行き、最後、広島県民の森の公園管理センターの前の広場が駐車場です。駐車場には、小さなクリがいっぱい落ちていました。あまり小さいので拾う人もいません。団栗より小さいのです。公園管理センターでトイレをすませ、前の広場で柔軟体操をすませていよいよ出発。しばらくは清流を左下に見ながら、

広島県民の森の公園管理センター→出雲峠→鳥帽子山(1225M)→大膳原分岐→比婆山(1264M)・御陵→池の段分岐→スキー場分岐→広島県民の森の公園管理センター

と、徐々に山道といった順路でゆっくりゆっくりを心掛けて、昼食時間30分を含む約4時間、8Kの路を歩きました。
 昼食の時、なんといっても、ここで昼食をとる登山客も多く、場所探しにも一苦労です。やっと場所を鳥帽子岩の前の狭い場所に決め、皆とは離れて4人で食べました。
 青空の下、体調もなんとか、日程の調整もついて4人とも参加できたのが本当にうれしいことでした。昼食で充分栄養補給ですが、夫の炊いてくれていた栗おこわと、きんぴら人参、野菜サラダといっぱいの錦糸卵、しっかり噛んで充分身体に栄養を行きわたらせます。おやつ交換などもありましたが、ミカンを頂いて、お腹いっぱいで、おやつはもう入らず、リュックにしまって、お茶を飲んで元気が出ました。
 少しいくと、イザナミ(伊邪那美)の御陵とされる巨岩があります。小さな祠にもお参りいたします。たくさんの登山客にお参りされて、昔も今もここに眠ってその信仰を集めています。また、イチイの巨木群も、囲って大切に保存されています。ふもとでのイチイの木では、穴の開いた美しい赤い実をつけていましたが、ここでは実を結んでいないようでした。
帰りに、先頭の車を運転される水野さんの思いつきで、熊野神社に行きました。
 先日、早くに夫を亡くした友達と合い、亡くなった夫と行った熊野神社のことをよく思い出すと言っていたのを思い出しました。私は、比婆山もこの度初めて訪ねたのですが、熊野神社も初めてでした。
 友達も言っていたように、霊気を感じる奥深い神社で、ゆっくり散策して、杉の巨木に見とれる仲間から離れて、急いで神社全体をぐるっと見て歩き、写真に収めました。
 事故もなく帰宅でき、運転の皆さんにも感謝の登山でした。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『千の花びら』 (2) | メイン | 『千の花びら』 (1)>>
コメント
-  -
 良き友人と秋晴れの空の下で登山を愉しまれたようで、良かったですね。ご夫君が栗ご飯を炊き、キンピラにサラダまでとの心尽くし、お二人の仲睦まじさが目に浮んできます。いつまでもお元気でおられますように!
私の場合は買い物などで団地の坂を下れても帰りは登るのが辛く、太陽がじりじり照り付ける日は、買い物にもでません。とは言いながらも、気力だけは何とか保っておりますのでご心配なくね。
 こちらは本日素晴らしい好天です。湿度が少ないようで、真夏のような暑さですが部屋中風を通し、午前中は部屋の片付け掃除です。午後からは2ヶ月ぶりの通院日となるのですが、循環器内科での診断はいつも時間がかかります。それでも今年は寝込まずに通院できますので、自分を褒めながら暮らしております。
2018/10/10 10:56  | URL | #-[ 編集]
-  -
 運転手の羽柴さんだけは男性ですが、奈良の法隆寺近くの出身です。あと4人の内、広島県出身は私だけ、鹿児島県川内市の人、宮崎県境に近い熊本県の人、島根県の人で、皆さん長女で優しい人たちです。妹のいけずについての話題の時は、自分勝手な末っ子の私は小さくなって聞いています。でもほとんどが山やカープの話題なのでほっとしています。
 今日は朝雨だったので、お昼から歯医者まで30分かけて歩いて行ってきました。向かいの内科では肺癌の検査をしていただきました。内科医の廊下はカープ応援団の控室のようにカープグッズでいっぱいでした。
 私も団地生活ですがほんとに最後の坂が大変です。でもそこが体を鍛えるチャンスと考えることにして、無理のない程度にお互い頑張りましょうね。
2018/10/10 18:41  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1141-b734ffc7

| メイン |