『21世紀を生きる君たちへ』
2008/03/28(Fri)
小山内美江子著『21世紀を生きる君たちへ』を読む。

岩波ジュニア新書84。 1984年出版。2006年第30刷。

版を重ねよく読まれている。

著者は脚本家。『金八先生』や『翔ぶがごとく』など多くの作品がある。

この本は著者がテレビドラマの脚本を書くために取材で何度かシンガポールを訪ねたことが書いてある。

ドラマは、シンガポールと日本の歴史的関係を掘り下げてみていこうとする内容の企画であるらしい。
テレビ番組がどのように企画されていくのかを見ていく視点から読んでも大変興味ある内容だが、著者はこの旅行を通して日本を取り巻く国々から見て「愛すべき日本の姿」「反省すべき日本の姿」についてのべ、女性らしい筆遣いで、ちょっとした気のつかい方についても述べている。

また、世界の人たちに対して「被爆国日本だから訴えられること」「非核三原則を約束しているから言えること」「憲法9条を持っていて守っているから言えること」についても言及している。

この本が出版されてから20数年が過ぎた。
世界の状況もずいぶん変わった。
そしてあろうことか今憲法改正論も浮上している。憲法改正論を唱えている人には若い人よりは中高年以上の人が多いいようにも見えるのだが。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『だます心 だまされる心』 | メイン | 『漱石を書く』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/115-378ec2bc

| メイン |