『おせいさんの落語』
2008/05/04(Sun)
田辺聖子著 『おせいさんの落語』 を読む。

とにかくおもしろい!ひさしぶりに読みながら大笑いをした。
田辺聖子の本を読んだのは初めてではないかと思うが、こんな面白い本を書くとは知らなかった。
我が家にも『落語全集』や『小さん全集』があるが、20代の頃読んで以後読むこともなかった。
落語を書きとどめたものではなく、小説家が書いた文字遊び言葉遊びをもネタとした面白さも加わる。
話の展開もどうなるのかとわくわくさせられる。

藤本義一が解説を書いている。
おせいさんの落語の味と言う表現をしているが、そうとでもいわな表現できませんという感じである。
島田伸介などがテレビで次から次へと面白いことを言っては番組をにぎあわせているが、そういった楽しさがある。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『この世で一番の奇跡』 | メイン | 『友情 力あり』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/124-0fb8b906

| メイン |