『豪華絢爛殺人事件』
2008/05/24(Sat)
赤川次郎の 『豪華絢爛殺人事件』を読む。

本屋に行っても図書館に行っても赤川次郎の本に出会わないことがない。
なのに始めて読んだ。
ユーモアミステリーと副題が付いているとおり殺人事件でありながら気味の悪さは殆ど無い。
犯人がわかる瞬間がいつも「えっ!」という感じでよく分からないのが特徴だ。
これって私がユーモアが通じないからなの?それとも筋にむりがあるの?と疑問なのだが読み返して研究するくらいならもっと沢山の作品を楽しみたい気がする。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『たなばた』 | メイン | 『嬉しゅうて、そして・・・』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/128-e1a70c2c

| メイン |