FC2ブログ
『思考の整理学』
2021/01/17(Sun)
 外山滋比古著 『思考の整理学』 を読みました。
 この本は223ページのうすい文庫本なのですが、今の私にとってこの読書は実用的なので時間がかかりました。
 今の私というのは、年末から家のなかを使いやすいように整理しています。
 このことは私にとっては大事業です。
 なぜかというと、私は掃除は得意ですが、整理整頓は苦手なのです。納める場所をきちんと掃除して、きれいにしたものをきちんと収めるというのはどうにかやっていますが、整理にはなっていないというのがこれまでの人生でした。整理整頓が苦手なのです。
 今では老夫婦が一日中家で過ごすという生活がしっかり板についてきました。それで思い切って整理を始めました。まず家具は動かさないままで、収納するものを使いやすい場所の物入れに整理することにして、まずは自分の衣服の整理、家じゅうの自分の衣服について整理整頓する。夏服は袖なしや半袖はすべて破棄し七分袖から残す。次に夫の衣服の整理、当然衣服以外のものも整理されていきます。ここらあたりで整理することがだんだん楽しくなってきました。私にとって今までできなかった頭脳労働がです。
 そして、図書の整理。我が家では一番量の多いものですし、一般図書を著者の名前をあいうえお順に・・・・そんな時見つけたのがこの『思考の整理学』です。

 著者は、大学の先生です。学生が卒論を書くにあたって先生に相談に来ます。そういった学生へのアドバイスから始まって、このような著作、あるいは寄稿文、講演などについて、どのように思考を整理してやっていくかということが語られてあります。資料の集め方、それの醸成のさせ方・・・・。これが家の整理に役立ちます。

 やっている整理が大切と思えたことに、こんなことがありました。12月に100分de名著で高樹のぶこさんの『伊勢物語』の解説を聞いて、彼女に大いに関心がわき彼女の本が読んでみたいとしきりに思っていました。ところが本の整理中、彼女の芥川賞受賞作品『光抱く友よ』がありました。すでに読んでいて2013年の8月にブログ記事を書いています。みどりさんとコメントでその感動を分かち合ってもいます。もし、この度のように本箱に意識して整理しておけば、ここまで忘却の彼方に飛んではいないはずと思えたのでした。ブログを書くよりも読んだ本が何かの塊に見えずに、それぞれが語りかけてくれるような収納の方法があるのではないかと思えるのでした。またブログに書いてしまうと忘れやすいということも『思考の整理学』によって考えさせられます。隣のご主人に頂いた日航機123号の墜落事故についての分厚い本の2冊はブログに書かずにいるせいかいまだに心の中にしこりのように残っています。少し考え方が変わってきそうな我が家の整理事業と読書でした。

スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『手向山武蔵顕彰碑』 | メイン | 「道楽と職業」>>
コメント
-  -
 私も整理が下手です。
夫が亡くなり大きな本箱を二つ大型廃棄物として処分、ダンボール40箱以上の書籍を娘の力を借りまして、ネットで売りました。驚く程の安値でした。夫は重い単行本を毎月のように買い求めていましたが、中国の歴史的な作品が多く、私が今後読むには気力が足りないような本ばかりでした。2019年は来る日来る日も片付けに追われていましたが、今は収納するべき本箱や箪笥が無くなり、却って部屋は雑然となり、独り身の気軽さで部屋の隅は衣類や書物が積み重なっています。かなり捨てた物もあります。何とか、人様をお招きできるような、簡素で清潔さの漂う部屋にしたいものです。
 あかね様は私よりかなり若いのですから、焦らず楽しみながら整理なさいますよう!春になれば又元気で登山など出来るのではありませんか?暖かになる春の季節が待ち遠しいです。


2021/01/21 17:00  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
みどりさんへ

 コメントありがとうございます。
 みどろさんの整理整頓も大変そうですね。

 もともと苦手な整理整頓を本気でする気になったのは、知り合いで夫婦とも亡くなっている家が、冷蔵庫の中のものも整理する遺族がいなくて、庭の木は大きくなって塀を壊して近所が迷惑しているといった例で、けっこう立派なおうちの子供たちが不動産屋に頼んだところ20万円でしか売れなかったといった情報を聞いたときでした。まずそれだけの家を更地にするにはずいぶん費用がかかるということです。ごみの廃棄に費用がかからないうちに、そして体が動くうちに不必要なものだけでも処分しておこうと思うのです。我が家には所有していたもう一軒の家は更地にして15年くらいになりますが、その当時はまだ家を壊して更地にしてくれる業者が主人の仕事の取引先にもあったために安くてすみました。これらの費用と労力が子供たちに及ぶと思うと・・・・。皆さんそんな気持ちがあるのか最近ゴミの日のごみの量が大変です。ある時、植木鉢などの収集の日、私たちのところだけで収集車一杯分はゆうにあって、次へはいけないほどでした。

 みどりさんは和服も大量にあるので大変ですね。私は小学5年の孫がお茶を習っていて和服がいるということで、和ダンスごと進呈しました。和裁を習っていた時仕立てた着物が気に入って練習日には着ていくようです。それでもこのたびの整理で、白い足袋が7足くらい出てきて、この冬家ではこの足袋で過ごしてみました。
でも本は捨てる気にはなれず、ああしてみどりさんから送っていただいた本も大切に保存してあります、

2021/01/24 16:12  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1412-cfddff07

| メイン |