FC2ブログ
『可部の歴史と文化』2
2021/03/21(Sun)

 広島文教女子大学地域文化研究所 平成8年の発行の 『可部の歴史と文化』の、友久武文・神原雅之共著「可部地方の民謡」を読みました。

 

 この著作は、その前の「源平争乱期の可部」から比べると大変わかりやすく、民謡にさほど興味のない私もつい読んでしまいました。

たくさんの民謡に関する書物から可部地方を含む民謡を集めて解説されてあります。最後に、≪本稿は友久が素稿を書き、神原と協議して改稿した。採譜はもっぱら神原が担当した。≫とあります。友久先生というのは存じ上げないのですが、神原先生は私が在校生だったころ、幼児教育学科におられたことで名前を聞き、姿をお見かけしたこともあったのでなつかしく読ませていただきました。

すこし前、外山比呂志の『エディターシップ』を読みかじったせいか、二人で改稿されただけあって、より読者の興味を引くものになったかと思われます。

民謡では聞き知った歌はありませんでした。

わらべ歌のなかでは、手毬歌が5とおり紹介されている中で

1かけ 2かけ 3かけて 

4かけて 5かけて 6をかけ

7かけ 8かけ 9をかけて

10でとおととおと10かくし(可部町)

の最初のほうはすぐに思い出しました。

また、お手玉歌の

お一つ落として おおしゃあら

お二つ落として おおしゃあら

おおみいな おおしゃあら・・・・・

は、私たちは、おおさーら お一つ落として おおさーら お二つ落として おおさーら おみんな おーさら・・・・・と少しずつちがっていますが、これも懐かしく思い出します。

鬼遊び歌も3つ紹介されている中の一つ

あぶくたった煮えたった 煮えたかどうだか食べてみよう

(鬼) まだ煮えん

あぶくたった煮えたった 煮えたかどうだか食べてみよう

(鬼) もう煮えた・・・・・

もなつかしく何十年ぶりに歌いました。

スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<後藤新平の記事を読む | メイン | 『可部の歴史と文化』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/1420-57c15aca

| メイン |