「南蛮無頼」
2008/11/09(Sun)
早乙女 貢 著『ばさらい奴』のなかの「南蛮無頼」を読む。

原田孫七郎という南蛮流浪人が、ふとしたことから知り合った船主の原田喜右衛門に可愛がられながら、スペインのフィリピン総督のマリニヤスに自分を日本国王の使者だと偽ってついに長崎に500石の知行を得、侍になるという話である。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<「ホラ吹き武勇伝 大鳥逸平」 | メイン | 「博多商人」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/149-54cbb5e1

| メイン |