『福沢諭吉』
2009/01/02(Fri)
 子どもむけの伝記 浜野卓也著『福沢諭吉』を読む。

 この背表紙を見たとき、とっさに手に取り借りた。福沢諭吉は「天は人の上に人を作らず、人の下にも人を作らず」という言葉で知られているが、その言葉の出展が実は秋田県の和田本にあったというような情報にふれたので、そのことについて、触れられているのではないかとの興味があったためだ。
 残念ながら、この本ではそのことには触れられていない。

 子供向けの伝記というものは、読後感にすがすがしさが残る。
 そのことを差し引いてもやはり福沢諭吉という人にはみながお札にしてありがたがるだけの徳のある人なんだと改めて認識した。
 また、あの時期のそうそうたる歴史的人物が次から次へと出てくる中に榎本武揚のはなしがある。彼のことについても五稜郭に立てこもって最後まで幕府軍として戦ったひとというだけしか知らなかった。その後、婦人同士が親戚だったことから福沢諭吉などの助命嘆願で一命を得て、幕臣として以外にも新しい政府のなかで働いたという。その、榎本武揚について、いろいろと知ったことが楽しかった。幕臣がその滅び行く幕府への忠誠と国を思う国家への忠誠のはざまの中で苦悶する姿がここにもこういう形であったということだ。
 

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『教科書の文学を読みなおす』 | メイン | 『古典がもっと好きになる』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/178-38e29a04

| メイン |