『ラビ・バトラの大予言』
2009/01/29(Thu)
ラボ・バトラ著 ペマ・ギャルボ 藤原直哉訳『ラビ・バトラの大予言』を読む。

 お勧めもあって期待を大きくして読む。

 1995年の作品である。以後の世界の動向を大予言している。
 1995年の著作から、2009年の今日すでに14年が過ぎようとしている。
 予言がどれだけあたっているかが測れる部分もある。
 そして、14年前には予想もしていなかったことが時間の差はあれ、大予言の通りになっているのにびっくりする。(わかる人にはわかっていたのかも知れないが・・・)

 著者はこの著書の数年前にも大予言をして、本に著そうとしたがあまりにも内容が奇想天外であるため、出版を引き受けてくれるところがまったくなく、しかたなく自費出版したということである。
 しかし、1990年代に共産主義は崩壊し、2000年~2010年までに資本主義が崩壊するという内容であったということであるがすでに共産主義は崩壊した、資本主義もこの本の筋書き通りに変化していることを思えば崩壊の一途を辿っているといえるのかもしれない。

 著者は経済学者である。経済の難しいことはよく分からないがそういうものなのかと読みながら納得する。特に武力者・知力者・富者が順番に周期的に政権を握っていくとする歴史認識には一目置くことが出来る。たとえば、徳川家康が武力で政権を握る。知者が武士道などといって政権を継承する。体制が落ち着くと富者が現れて格差社会が到来し武力で其れをひっくり返すといったようなことかと想像する。
 今まさに資本が資本を生みマスコミを手中にし世論まで操作することが出来る。しかし、民衆は感覚的にあまりにも格差が激しいと分かっているのでこの体制が長くは続かないというのである。

 そして、著書の半分くらいは来るべき次世代のありようについて語られている。読者を不安に陥れるのではなく、前世代の反動として生まれた共産主義や資本主義と違って、輝かしい21世紀の到来を予想している。

 2・3冊前に読んだ堺屋太一の本では、核兵器はあの冷戦時代のあいだ大きな戦争が起こらず平和がつづいたことを思えば安いものであったと述べていたが、ラボ・バトラの提唱する体制ではもっと安いコストで世界平和が保たれると思える。

 そして、以外にも今後インドが世界のリーダーシップをとる国になるかもしれないと思うところは、その理由も含めて私と同一の予想であった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ふられ虫の唄』 | メイン | 『お伽草紙』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/187-b83f0322

| メイン |