『御伽草子』
2009/02/13(Fri)

やまだ紫著 『御伽草子』を読む。

 この前、太宰治の『お伽草紙』を読んだ。
 『お伽草紙』と『御伽草子』は同じこととは思うがどういうおもいで表記が違うのかはわからない。太宰治では、御伽草子を読むというより太宰治に充分ふれたという気がしてそのよいんでこの本を手にとった。
 偶然漫画であった。

 一寸法師
 鉢かづき
 長谷雄草子
 ものくさ太郎
 酒呑童子
 猫の草子

 著者が「あとがき」で述べている印象ではなかなか仕上がらずその原因としては宗教的であるところなどをあげているが、この物語の背景となった時代の課題が充分に飲み込めていなかったのではないかという気がする。
 作品を手がけるにあたっていろいろ研究しているうちにだんだんわかってきて楽しくなる前に出来上がった作品という感じがする。 
 もともと、たくさんある作品のうちで物語として面白いもの、教訓的であるもの、奇異な面白さのあるものなどは数少ないのかもしれない。
 漫画としての面白さにもかけたのは少し残念。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ペ・ヨンジュン』 | メイン | 『春朗合わせ鏡』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/192-38d1ef22

| メイン |