完四郎広目手控『文明怪化』
2009/04/16(Thu)
高橋克彦著 『完四郎広目手控文明怪化』 を読む。

≪時は安政年間<広目屋>という、江戸の広告代理店を営む藤岡屋由蔵。そこに居候する旗本の次男坊・香冶完四郎が、江戸の町に起こる怪事件を戯作者・仮名垣魯文らとともにみごとに解決。≫

と本の広告にあるように、怪事件を解決していく探偵小説。

明治新政府になって人の運命が大きく変わっていく。
新政府を担っている薩長土肥に対して、おいていかれた徳川側の人たちの悲哀を画きつつ、その人たちのがんばる姿が生き生きと画かれている。

徳川幕府が立ち上がり、落ち着くにしたがって直参旗本などの権威がおちていき、その次男坊などの行く末の所在無さ、それに変わって町奴たちが江戸の町を管理していくようになる姿を扱った作品を読んでいた時期があったが、今度は新政府が立ち上がって、もと旗本が活躍して新政府の悪を暴いたりして、世の中を正していこうとするその対比を楽しみながら読んだ。

司馬遼太郎によると、明治時代は官民が一体となって日本を作り上げることに精を出し、汚職などがほとんどなかった時代だったといっていたが、警察が反新政府側の会津藩の人たちからなり、また、錦絵や、新聞のマスコミをになったのがもと旗本などの人であったことも一因ではなかったかと思える。

このところ、マスコミの姿勢が問われおおきく論議されているが、マスコミが読者の売り上げで成り立つようにならない限り、市民のための報道にはならないのではないかということを思わされた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『中年シングル生活』 | メイン | 『大河の一滴』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/214-61b60d41

| メイン |