『「昭和」という国家』 
2009/04/29(Wed)
司馬遼太郎著 『「昭和」という国家』 を読む。

1999年出版。

司馬遼太郎が亡くなる10年前1986年(昭和61年)5月19日からNHK教育テレビで12回放映されたものである。

第一章 何が魔法をかけたのか
第二章 ”脱亜論”私の読みかた
第三章 帝国主義とソロバン勘定
第四章 近代国家と”圧搾空気”  教育勅語
第五章 明治政府のつらさ  軍人勅諭
第六章 ひとり歩きすることば  軍隊用語
第七章 技術崇拝社会を曲げたもの
第八章 秀才信仰と骨董兵器
第九章 買い続けた西欧近代
第十章 青写真に落ちた影
第十一章 江戸日本の多様さ
第十二章 自己解剖の勇気

付論一 日本語について
付論二 兵器のリアリズム

<感想>「雑談『昭和』への道」のことなど   田中 彰 
司馬遼太郎・「雑談『昭和』への道」制作余談   栗田博行

各章の題名を見ればなかに何が書いてあったか鮮明にいまは思い出せる。これが思い出せなくなったら何度でも読まなければと思わせる書である。

最後の田中彰氏の感想にも考えさせられる。
司馬遼太郎の読み方の注意すべきことを述べている。

≪さて、本書の感想を述べるに当たって、前提となるいくつかのことを確認しておこう。
 その第一は、司馬さんはあくまでも作家ということである。
「わからないということがわかった」という厳密さをもつのが歴史家とすれば、作家はそのわからないところをフィクションとして描き出す。
前者が禁欲の世界に学問としての厳しさを要求するのに対し、後者はその歴史家の禁欲の世界を自由にかけめぐるのである。
 第二は、フィクションを自由に駆使する作家の画く歴史は面白い。だから禁欲の世界で苦吟する歴史家の叙述とは比較にならないほど多くの読者を得る。描かれる人物は、豊穣な表現力によって自由に作品のなかをかけめぐるから、歴史小説はいきいきと叙述されて面白い。だが、そうした作品の上に作家が歴史を語るとき、本来は史実に忠実でなければならないにもかかわらず、みずから描いたフィクションの世界があたかも歴史の現実のごとくにすりかえられ、さらにそれが歴史の流れをつくり出しているかのごとくに語られることである。史実とフィクションとのないまぜから抽象された作家の歴史の見方が、いつの間にかその前提を無視してひとり歩きをはじめることがある。その語り口が魅力的であればあるほど、そこには落とし穴が生ずることもある。司馬さんの場合、しばしば司馬史観といわれる。司馬史観なるものは、司馬さん自身がいった言葉ではない。が、いつの間にかそう名づけられたのは、その影響の大きさなるが故である。その落とし穴がどこにあり、どのようにひとり歩きしているかを認識しながら、読者は歴史の流れのとらえ方を読み取る必要があるだろう。
 第三には、司馬さんの風貌のカリスマ性である。・・・・・・司馬さんのイメージは魅力以外の何ものでもないのだ。
このカリスマ性が前述の第二の問題と結びついて司馬史観なるものを神話化したり権威化したりしている。≫

この記述にはドキッとさせられた。自分もその落とし穴に陥っているからである。  
自分にとって多少司馬遼太郎の歴史認識に誤りがあったとしても、どうせ自分で司馬遼太郎に及ぶ研究ができるわけでもないからいいのではないかと、自ら進んで落とし穴に入っていくこともあったかもしれない。
彼の文章には、そう思わせるカリスマ性が確かにある。

司馬遼太郎の着地点があいまいなところもきちんと指摘してあるには頭が下がった。
自分との大正時代の認識の違いも明確にされている。

この人の一文によってこの書の重みがズシッと感じられる。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(5) | TB(0) | ▲ top
<<『吾妻鏡』上・中・下 | メイン | 『聖なる春』>>
コメント
- NHK大河ドラマなど -
深山さん。今日は。
興味深く読ませていただきました。NHKには大河ドラマがあります。いろんな視点で見てみる楽しみが出て来ました。文学の視点で。史学の視点で・・・ ドラマの内容を歴史そのものと見ることだけは避けられそうです。
2009/04/29 16:55  | URL | hamham #wMyNaENg[ 編集]
- hamham さん、コメントありがとうございました。 -

この書は小説ではなくテレビでしゃべったもので、司馬遼太郎は昭和は小説にはできないとほかの書でも言っていました。
実は大正時代の小説もないのですね。
これらの時代のことは歴史家としての視点のほうが色濃いいかも知れません。
それにしても魅力的な語り口には魅了されます。
2009/04/29 18:30  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/04 14:19  | | #[ 編集]
- 国民作家 -
昨晩再放送を見ました。
わたしはこの番組を書籍にした『昭和という国家』を読んで、そのなかで司馬は昭和という時代を<魔法の森>と称し、追求を放棄していたような印象があります。しかしこの番組の中で、ひどい戦争に日本を巻き込んだ原因は、明治維新(の結果としての官僚専制)、と、西欧の近代革命(ルソーなどのとなえた人民)の誤解~無理解である、とちらり、と述べていましたね。ハッキリ言わないのが国民作家と呼ばれる所以か。芸術院会員。
2009/10/29 10:27  | URL | 古井戸 #Odn1FXQk[ 編集]
-  -
 古井戸さんコメントありがとうございます。
 再放送があったのですね。
 私も見たかったです。
「ハッキリ言わないのが国民作家と呼ばれる所以か。」について。
 私のような、未熟な読者にははっきり言っていただかないとわからないことが多いのですが、司馬さんの奥さんがどこかの番組で、非難抽象でたいへんな思いをされていたことを話しておられたのを見て、作家も真実と思えることを書くのも大変なのだなと感じたことがあります。
2009/11/02 10:47  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/217-90909896

| メイン |