『南方熊楠の生涯』
2009/06/29(Mon)
仁科悟朗著 『南方熊楠の生涯』 を読む。

いつもは趣味に研修室だけを借りる公民館で、初めて図書室に入らせていただき、この書を見つけたときには正直ワクワクした。

熊楠に会えた!
しかも、彼の生涯だって!

読みかけの本もそっちのけで読み始めた。

しかし、この書はイメージしたものとは大幅に違った。

こういった伝記もののような題名だが、内容は熊楠の研究書といった感じ。
同じ研究書なら粘菌の研究書のほうが興味がある。粘菌についての研究でどこら部分に熊楠の研究が関与していたのかを知るほうが面白いかもしれない。

そして、、文章が主語述語・文脈などがわかりにくい。
自分の読解力にも疑問が出てくる。

読みづらいながら読み進んでいくうち、南方熊楠のイメージも大幅に違った。

じつは、熊楠のイメージが私の中で大きく変わったのは初めてではない。

初め、子どものころ粘菌と錬金を取り違えてこっそり錬金術を研究しているいかがわしいやくざな人だと思っていた。

それが、錬金ではなく粘菌というもので、その研究内容たるや科学雑誌『ネーチャー』に載るほどのものであると知り、漱石のイギリス留学と入れ違いに帰国した学者だというではないか。真理を追究する科学者。しかも昭和天皇に進講までしているという。

そのように、私は少ない熊楠情報から、また勝手にかっこいい熊楠イメージを長年抱き続けてきたのだった。

ところが、このたび、この書に登場する熊楠は、自分や家族や歴代著名な哲学者などの狂気に相対する人としての記述が多くを占めている。

それが、超常現象であったり、幽霊との出会いであったり、告知であったり、幻想であったりすると、私たちが普通イメージする科学者とはベクトルが反対のような気がする。

もう理解不可能な世界の話になってくるのだが、読み進んでいくうちこれが彼をして異才と言わしめる部分であろうかと思えてくる。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『奇妙な味の物語』 (1) | メイン | 『美人に幸あり』>>
コメント
- こんにちは。 -
和歌山には変わった人が多いので・・・(^_^;)。
私もなんです(笑)。
2009/08/09 11:52  | URL | bando #UwJ9cKX2[ 編集]
-  -
司馬遼太郎は、人の出身県名を当てたといいますのでそれぞれ県民性を持っているのかもしれませんが、こうして、他府県の方と気軽にお話できることはうれしいですね。
2009/08/10 21:40  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/229-392de433

| メイン |