『奇妙な味の物語』(5)
2009/07/05(Sun)
五木寛之著 『奇妙な味の物語』 続きを読む。

「カーセックスの怪」

 路上に車が増えて渋滞になり動かない。
 車で行くより自転車のほうが早くなる。
 何とかしなくてはと車の製造を止めるよう規制をかけるが一向に減らない。
 どうしてだろうと思っていたら車が生殖行動をして増えていることがわかったという話。
 

「おさびしい王様」
 
 会社経営の合理化を声高に言うテレビ局の代表取締役社長。
 あらゆる部門を合理化し委託請負制にしてしまう。
 役員までも合理化して社長一人の会社になる。
 合理化に成功して企業合理化の功績をたたえるメダルを授与されたがそれを喜び合う社員が一人もいなくて58階の社長室から飛び降り自殺をするという話。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『奇妙な味の物語』(6) | メイン | 『奇妙な味の物語』(4)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/234-0ebae390

| メイン |