『燕山夜話』
2009/08/26(Wed)
拓 著 毎日新聞社訳・編  『燕山夜話』 を拾い読みする。

 娘の出産で3歳の孫を預かっていて、図書館や公民館に行かなかったために、読む本がなくなった。
 やむなく、我が家の本箱から、古びた『燕山夜話』を取り出して眺める。


 「貴重な遺産・中国の書道」 原題 「有法和無法」

 これは、書道について書かれている。
 永字八法の解説から入り、実は線はたくさんの点が一列に並んだものである、などと説明し、ゆえに八法は四法に基づき四法は一法に基づくというのである。すべては、点の発展と変化によるものだとする。
 書道にはその前提として「法」が必要であるとする。
しかし、あまりこの法に束縛されていては書道の水準を高められない。
 「無法の法」・「天然を法とする」・「造化を師とす」もでてくる。

 ≪このように見てくると、書道の法なるものは、他の芸術と同様、根本的には、客観的自然界と実際生活のなかから生まれるものである。そこで、われわれは、あらゆる技法を掌握し、運用するにあたっては、決して法の束縛にとらわれず、法を客観的実際のなかに還元し、客観的事物の発展変化の特徴に照らしあわせて、大胆にこれを発展させ、条件が成熟したときには、新しい技法を創造するよう心がけるべきである。≫

  まことに、このたびの選挙でもこういった考え方で変革に望むべきではなかろうかと思う。

 また、職場にきてくださる絵手紙の先生の筆法が文の中の王義之(おうぎし)の書法と同じで、ガチョウのように「腕運びて手は知らず」というのと同じであった。 今の私はこの書き方に興味を持っている。


 「略字なのか、誤字なのか」 原題 「是簡化字還是錯別字呢」

 これは、中国の漢字の簡略化についての話である。
 教養人でさえ、かえって読めないというのである。
 これが、1961年から62年にかけて発表された随筆であるために、今の中国ではどのように感じられているかはわからない。
 奇抜なものの例として、略字の中に「漢数字の九の下に口」を書いた字をあげている。これは、「曹」と言う字の略字である。「曹」という字の中に口が九つあることからそうしたというので、
≪まったくのこじつけで、まるで話にもならない。≫
と言っている。

 これで思い出したが、吉田松蔭が自分の号を、「二十一回」としたことがあった。なんとも色気のない号だが、彼は、もともと杉家に生まれた。
 その「杉」と言う字は「十と八と三からなり、これをたすと二十一になる」。
 また、「吉田」という字の中に「十がふたつと一がありこれを足すと二十一になる。そして、大きい口と小さい口で回という字になる。」それで、号を「二十一回」。
 似たことを考える人がいたものと苦笑してしまう。

 あっ!もうひとつ落語に「平林」を「タイラバヤシカ、ヒラリンカ、イチハチジュウノモークモク、ヒトツトヤッツデトッキッキ」というの。これは、私の以前勤務した施設の前に「平林」という表札がかかっているうちがあり、子どもたちに図解で教えた。
 覚えの早い子どもたちのこと、成長した彼らもこんなことを考えているかもしれない。クワバラ、クワバラ。


「書物を持っているなら早く読め」 原題 「有書趕快読」

 なんと、私のいまの状況をいっているようで、おかしい。
 持っている本と、借りている本についてである。
 持っている本は、それが、分厚くてなかなか読めないようなものであっても一応内容を把握しておきなさいというものだ。

 二つのカバンに一杯になっている借りた本はすでに読み終わってしまった。
この書は夫の蔵書で、本の様子については聞いていたがそのうち読もうと表紙がボロボロになるまで読まずにいるのである。
 「梅をながめてかわきをとめようというもの」ですって。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
<<『燕山夜話』(2) | メイン | 『司馬遼太郎短編全集』2>>
コメント
- お久しぶりです -
3才のお孫さんとの日々、楽しいけれどたいへんでしょう~。高齢出産(超がつく)の私は「子育ては体力だ」と実感したものです。小学生になってずいぶんラクになりましたが、それでも一日中でも喋っているので、考えて相づちを打つだけでもたいへんです。お身体ご自愛を。それと、娘さんのご出産おめでとうございます。
2009/09/04 12:53  | URL | まい #ACUoX2Is[ 編集]
-  -
 ありがとうございます。
 娘も高齢出産です。
 おまけに、おなかの中の長子と一緒に子宮筋腫も育ってしまいました。筋腫をかかえたまま病休をとっての二子出産でした。
 長子の男の子は、危機管理能力があり、落ち着いた子どもだと思っていましたらなんと近視に遠視に乱視。
 三歳児検診でわかりました。
 結局弱視なのだそうです。
 見えていないので、私のことをお嫁さんにするのだといって、私の言いなりでしたが、メガネをかけるようになって、顔の表情がイキイキ。今度は私が振り回されて、やっと三歳児らしくなりました。
 保育所の先生方も見えていないことに気づかなかったショックがあったようですが、同じクラスの子ども達は「ヤッパリ見えていなかったのね」といったそうです。
 
 改めて、子どもを預かる職場で見回してみるとなんと 小学生の低学年でもメガネをかけている子の多いこと。
 目の悪い子ども達や保護者の色々な思いに心が届かなかったことに私もショックを受けた出来事でした。

2009/09/04 15:23  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
-  -
父が亡くなり本棚の特等席にこの本あり、ひまひま呼んでみましょうか。
2012/10/24 15:44  | URL | ジャスミン #-[ 編集]
-  -
 コメントありがとうございます。

 あの緑の本、お宅の本棚にもあるのですね。

 この記事を改めて読み返してみると、3話読んだだけですね。 ずっと昔にも、何編か読んだことがあると思うのですが、まったく内容など覚えていません。こうして、拙いながらも記録しておくと、本と共生できているような感覚になれ、こんなコメントをいただくと、よそのお宅の本棚とも共生できているようでうれしいです。
2012/10/25 10:41  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/262-25fcbb39

| メイン |