『北国物語』
2009/09/27(Sun)
船山馨 著 『北国物語』を読む。

 昭和16年の作品

 フー。職場の一番大きなイベントの準備でサービス残業が毎日続いた。

 やっと、イベントが予想を大きく上回る参加者で盛会裏に終わり、片付けも少し終わり、一息ついたら体調を壊した。
 体調は壊れていても、孫の子守や、ほったらかしになっていた家の片付けや何かで毎日忙しい日がつづいた。
 自分が自分でないような毎日の中で、眠る前に1ページか多くて10ページくらい読みすすんでやっと読み終えた。

 船山馨のものは、40年近く前に読んだ『お登勢』以来2作目。
 最近テレビで見た『北の零年』で『お登勢』のことを思い出していた。

 しかし、この『北国物語』は、開拓時代の北国の話ではなかった。

 昭和16年頃の話で、そのころの北海道の風景や風俗がうかがえる。
  
 東京の大学で2年生で孤児になった真岐良吉は苦学をして何とか大学を卒業し、昼は郵便局の事務員をやり、夜は神田の夜間中学の英語の教師をして暮らしていたが、ツテあって北海新報社の東京支社に職を得た。2年して北海道の本社に転勤になり、9月の初め、東京はまだ夏の残暑が厳しい中を、生まれ故郷でもある勤務地の北海道にむかうところから小説は始まる。
 そして、翌年の1月末のカーニバルを終えたところで小説は終わり、わずか4ヶ月内外のことのなかに、北国の人々の哀しい人間模様が語られている。

 ≪そのような凍えた夜風のなかをしばらく歩いてゆくうちに、真岐はふと急にこころの濡れてくるのを感じた。なにが悲しいというような、はっきりしたものではなかった。ただ漠然と、自分をも含めてナターシャも衣子も、イヴァンたちや叔母や信之や、それから死んだ叔父や、見たこともなかった衣子の母のことまでが、なつかしい人のように心に浮かび、それらの人々のかって生きていた、あるいはいま生きつつある心情に、いじらしい哀しみが湧いたのであった。この急な哀感は真岐にも思いがけないことだった。真岐はうろたえながら感傷の実態を振り返っていた。そうして、それは突きつめてゆくと、生きるということの哀しみのように思えるのだった。≫

 こういった、北国に生きる人の哀感を切々と語っている。

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『河口慧海』 | メイン | 『草の花』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/265-3c512738

| メイン |