『ブラックジャック』
2009/12/27(Sun)
 手塚冶虫著 『ブラックジャック』を読む。

 これは、どんな病気も治せるという外科医の話だ。
 小さな話が沢山載っている。
 私はてっきり続き物かと思って二十何巻まとめて借りて帰った。
 読むのに思わぬ苦労をした。
 なにしろ会話文字が小さいので、老眼鏡を二つかけてやっと読めた。
 いまから読みますよと準備をしてその気にならなければ読めない。

 それに、いま『ブラックジャック』をこんなに苦労して読んでいると話したら、ああ、アニメでもやっていたこともあるし、なんとかでもやっていたと軽くいわれてしまった。
 いいもん。
 とにかく私は原作を読んでいるんだからという意気込みで今日も老眼鏡を二つかけて読んでいる。
 いまやっと二巻の真ん中あたりだ。
 考えてみれば別に順番に読まなくてもいいのだ。
 漫画の世界という感じがとても良い。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<「出し巻き」 | メイン | プレゼント>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/293-c636c92f

| メイン |