『頼山陽』下
2010/05/30(Sun)
 見延典子 著 『頼山陽』下 を読む。

 見延典子の『頼山陽』が上下二巻であるとはきづかず、とっさに一冊ですべてかと思って借りてきた本が下巻だった。

 この本を読む直前に見延典子の『頼山陽にピアス』を読んで、彼女の『頼山陽』をぜひ読んで見たいとおもいあわてて借りたのが下巻だけになったのだが、期待通り面白くて一挙に読め、私にとってはいろいろな意味で大変勉強になった。

 頼山陽の『日本外史』が彼の死後、著作権のない時代1840年頃、中西忠蔵という人により『拙修斎叢書』として刊行、のち1844年川越藩が藩校の教材用として出版これが一般にも売れに売れ、その後頼家より嘉永元年頼氏正本として出版。皆売れに売れ大ベストセラーになり、明治以降広東語版、上海語版、ロシア語版、フランス語版も刊行されたという。
 そして、この『日本外史』がその後の日本の歴史に、大きな影響を与えたと言うのである。
『日本外史』では、言論統制の厳しい徳川幕府全盛の家斉の時代、幕府の忌諱に触れぬよう、藤原氏や他の幕府の将軍などを尊王家か否かを名分論を基盤として描くことを通して徳川家斉の批判をするという筆法で著作をしたと述べる。
しかし、万世一系の皇国を尊ぶのかと言えば、以下のような記述もある。

 ≪本気で日本の行く末を考えるようになっていた。
 山陽が理想とする世の中とは、「自分が願う通りの人生を生きられる世の中」である。
自分の息子である又次郎や、三木八郎には、自分が経験してきたように周囲との軋轢に苦しむ人生ではなく、もっと伸びやかな人生を歩んでほしいと思う。そのためにも少年時代に思い描いた夢を実現できる世の中であってほしい。一握りの権力者のために、たった一度の人生を犠牲にすることなどあってはならない。
 山陽が幕府を批判するのも、この点に尽きるのであって、天皇による政治の再来を待ち望んでいるわけではない。
親政によって、現在のような封建制度から解放されるなら、それもまたよいという意味である。
日本の政治は朝廷と幕府との二本柱になっているが、源平以前に戻り、朝廷に一本化したほうが、人々が得る自由の度合いが大きくなるのであれば、以前の政治体制に戻すことも吝かではない。≫

 と、そしてこういった考えが以後の吉田松陰や高杉晋作や坂本竜馬などの脱藩者に引き継がれて言ったのではないかと著者はエッセイの『頼山陽にピアス』で指摘している。

 大阪出身の司馬遼太郎による司馬史観に染められつつある読書時代が長かった私も、この広島出身の日本外史観に触れて、改めて日本人とは何かと言うことを考えさせられた。



スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『遺された指輪』 | メイン | あったかい日差し、まってまーす>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/332-837106b4

| メイン |