『加冶隆介の議』他
2010/08/29(Sun)
 弘兼憲史の『課長島耕作』の一部・『部長島耕作』の一部・『加冶隆介の議』・『ラストニュース』を読む。

 今年の夏は暑さがひどいせいか体調が優れなかった。
 ほとんど仕事だけの生活に切り替えた。

 そんな中、いきなり夫がここから3キロくらい奥にある団地の10数年前に住んでいた家を壊して駐車場にすると言い出した。
 壊し始めるまでにほとんど片付ける体力も日にちもなかった。いらないものばかりを捨てきれずに倉庫代わりに置いていたので清々してすっきりすると思っていたが、2・3度片付けに行って本箱を見たのが災いした。読返すわけでもないとわかっているのに処分した後の喪失感が体力減退に追い討ちを掛けた。
 ほとんどそんな本があることさえ忘れていたのに本箱を見て思い出したのだ。
 夫はもったいないから公民館に寄付しようかといったがそんな交渉や仕分け作業をする気力もなかったので「そんなことをしたら公民館が迷惑よ」と全部処分してしまった。どう考えても二度と手に入れることは出来ない。記憶の断片がなくなり痴呆になるような気分にさえなってくる。

 ただこの弘兼憲史のマンガは娘のものできちんとダンボールに入れてあったのでそのまま持ち帰った。
 娘に話すと「バザーに出すといいよ」というのでその手もあったのかと改めて思った。バザーは終わったばかりなので1年は手元に置くので順に読んでいった。
 なんだか、天然ボケの私も現実社会に引き戻された感じがして、日々の生活よりこれらの本を読むほうがさらに疲れた。

 『加冶隆介の議』を読み終わる頃、T市会議員が我が家を訪ねてきた。社民党でいまや市議会では彼の会派が一番の大所帯になっている。彼は今季限りで市会議員を辞めるという。少し前、後継者がイケメンだと夫が私に伝えたのでイケメンなら私にも紹介してと言っておいたので後継者を連れて来たよと若い後継者を連れて二人できた。私の息子よりも若いのでなんとも頼りなく感じる。出身を尋ねると竹原ですという。竹原といえば小早川家・・・というと小早川家跡の近くです。などと話しているとT議員、目ざとく読みさしの本を見つけて何を読んでる?と聞かれたので「マンガですよ『加冶隆介の議』っていうの読まれた?」ときくと二人とも読んでいないということなので読み終わったらまわしてあげますと冗談半分にいう。

 『ラストニュース』は、猪瀬直樹が原作を書いているという。猪瀬直樹というと、図書館から借りてきている『空気と戦争』の著作者だ。彼の論を打破できなければ、社民党の存在は危ういのではないかと思うのだが難しくてよくわからない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(1) | TB(0) | ▲ top
<<『空気と戦争』 | メイン | お通夜に行ってきました。>>
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/17 09:04  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/360-78c17ae4

| メイン |