『花てぼ』
2010/09/29(Wed)
太田雪影著 『花てぼ』 を開く。

ブログでおなじみの花てぼさんこと太田雪影さんの書を送っていただいた。
花てぼさんの美を求める姿の究極をいただいている書だ。大胆でありながらシンプルですがすがしい。一目見て気に入った。
予想を上回る素敵な書だった。
そして、たしかに装丁から何から何まで『花てぼ』さんだった。書が素敵だったと同時にわたしの審美眼にも自信が持てた。
 『花てぼ』さんのブログを読んでいて、本を出しておいでになることを知って、すぐにお願いした私のこの審美眼のたしかさ。ひさしぶりに自信満々。
 自信を失ったときと言えばずーっとずーっと以前、黛まどかの本を買ったときだ。
 あれっ、間違えてメモ帳を買ったかなと思ったほど開いても開いても白紙の本だったと記憶している。
 よく見ると両脇に一首ずつ句が載っていた。
 でも、黛まどかもきらいではない。図書館で借りた『サランヘヨ』これはすごくよかった。

句を楽しめる人にこっそりすごくあこがれている。
きっとそれは30歳のころ読んだ夏目漱石の
もらいくる 茶碗の中の 金魚かな
くらいからはじまっている。なんといっても漱石や子規の句はわかりやすい。でも最近読めないしわかりにくい、もっというとわからない句にも作者の思いを探りたいと思うようになり、わからないままで読むことにした。きっとそれは句をやる人たちの暗号だからだ。
さて花てぼさんの暗号は

口にして 暑限無暑限無と 極暑かな
 
 これなら受信できる
 ポンポコピーの ポンポコナの 長久命の長助

花てぼさんありがとうございました。
今夜も大切な一書、枕元において寝ます。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
<<『少国民たちの戦争』 | メイン | 『特攻隊と憲法9条』>>
コメント
-  -
「句と書・花てぼ」をお求めくださりありがとうございました。またこのように身に余る書評を頂き大変感激しております。ただ私自身の正直な「花てぼ」評は、「出来過ぎた本になってしまった」です。従いましてこの本から本人を想像していただくととんでもないことになりかねないという懸念を持ちます。自慢のような謙遜のようなわけの分からないことを申しましたが、とにかく私がこよなく愛しているこの本を、同じように感じてくださったことにまた感激しているというわけです。本当にありがとうございました。
「暑限無」の句は、確か2004年の夏、としていたと思いますが、その年は本当に暑かったのです。でも本当はこの句は今年の夏のためのものですね。
2010/09/29 14:23  | URL | 花てぼ #ZjTFAI5c[ 編集]
-  -
ブログでの花てぼさんの書、いつも楽しみに見てています。一度にたくさん見てしまうと、花てぼさんが見え過ぎてしまいそうで、知らない部分の多い、そしてなぞめいたオードリーの花てぼさんが魅力です。たぶん本は感動的な書だと思います。
もらいくる 茶碗の中の 金魚かな
私のは
甘海老が 小鉢で泳ぐ 一人酒
春先の甘海老の季節の一句です!?

2010/09/29 14:46  | URL | かわぐちえいこう #-[ 編集]
-  -
 花てぼさんへ
 本当に気に入りました。
 帯ははずさずに丁寧に扱っています。
 帯がなければ落款のない書のようですものね。

 ずっと見つめていて娘に買った振袖のようだと思っています。ぜいたくはしない私たち家族ですが、娘の振袖だけはとても美しい物に出会えました。両肩と裾は薄墨のようになっていて間に色々な模様があるのですがその色のなかのえんじ色が印象に残るのです。何度も何度も着るきかいにめぐまれ、あるとき「お母さん、私の着物はとても綺麗だと思っているんだけど改めて出して着るたびにいつも思っていたよりうんと綺麗だと思うのよ」と言いました。それは身につけて鏡の前に立ったとき、あらためてそのみずみずしさがあたりの空気を清らかにするからです。
 ・・・梶井基次郎の『檸檬』のような表現はどうしたらできるのかしらと今悩んでいます。・・・
 きっと、この『花てぼ』も、いつ本箱から抜き取ってもそんな気持ちになるのではないかと思っています。
2010/09/29 20:58  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
-  -
 エイコウさんへ

 あら!一度にたくさん見てしまうとなどと、かぼちゃかサツマイモをいっぺんにほうばって、喉太くなったようなことを言ってはいけません。

 大河の一滴とでも申しましょうかみずみずしいものなのですよ。
 その美しさに、世の中にまだ自分の知らなかった美があるってことに気づきますよ。

 最近、まだ夏の疲れが取れなくて、眠ってばかりいます。でも、皆さんのブログを読む楽しみがあるので幸せです。
2010/09/29 21:42  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/367-80637275

| メイン |