『松陰逸話』
2010/11/22(Mon)
香川政一著 『松陰逸話』 を読む。

先日、我が家の本棚を整理していて「ここにあったんだ!」とよけておいた本。
この本は、昭和10年初版、昭和32年発行第7版。84ページしかないうすっぺらいB4半分の大きさの本。
古くて、古さゆえの匂いもバッチリ、白かっただろう用紙も茶色く変色しインキの色も薄くなって所によっては読みにくい。
 以前読んだはずなのにほとんど覚えていない。
 松陰の潔癖さと現在で言うところの社会教育的要素の学習方法のみが印象として脳裏にあるような気がする。
 このたび再読して、松陰が手紙に書いた印象的な部分を抜粋してみる

 ≪満州を收めて魯に逼り、朝鮮を來して清を窺ひ、南州を取りて印度を襲はん、≫
 ≪和親して二虜(露、米)を制し間に乗じて国を富まし兵を強くし、蝦夷を墾して、満州を奪ひ、朝鮮を來して、南地を併せ、然る後に米を拉ぎ、歐を折く、事成らざるなし≫

この書を読んでいると、読みがわからないことが多く、また校正間違いなのか、むかしはこのような用法があったのか、わからないながら勝手に類推して読むことあり、正確に読めていないのではないかと不安にかられることがおおかった。

そんな中、長州人が彼の考え方を後のちどのように節度を持って国政に反映させたかに思いをはせた。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<「つれづれ日記」 | メイン | 「対機説法(たいきせっぽう)」について>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/378-8a5e3370

| メイン |