『司馬遼太郎全講演』第二巻
2011/01/31(Mon)
 この全集の第一巻を図書館に返しに行き、つづいて第二巻・三巻を借りてきた。
 一巻は、招かれていった土地の歴史や歴史上の有名な人物について語ることが多く、聴衆に郷土に愛着が持てるようなよい印象を与える講演ばかりであったような気がした。

 ところが、この作品1984年~1989年の最初の高知県安芸市での講演「土佐人の明晰さ」は、少し違う。むかしの土佐の人が日本のほかの地域の人とどのように違っていて、日本の歴史に与えた影響について語ることについては同じであるにしても、それにひきかえての今の若者のありようはどうかと訴えている。これからの日本が直面する課題に答えうるかということについてもきびしく問うている。
 そしてつぎの「訴えるべき相手がないまま」では、さらに

 ≪中国で、紀元前に成立したとされる『列子』という書物があり、その書物に、杞という国の人は天が落ちて来はしないか、ということを心配した、というふしぎな話が出ています。この故事によって、ありうべからざることを心配することを杞憂というようになり、いまでも生きたことばになっています。
 しかし、さきにのべた地球についての不安は、杞憂ではなく、世界中に共有されつつありますが、だれにこの「杞憂」を訴えていいか、相手がいないのです。国家や企業にとっての関心事は「今日とあすのパン」であって、百年さきのパンは架空のことなのです。
 やはり、
「ひとびと」
 に訴えるしかありません。ただ、私がここでしきりに使っている「ひとびと」というのも、実は、架空の概念なのです。
 社会主義国の「人民」はpeopleであっても多分に抽象概念で、現実には国家の属性的存在であり、自由な個人の複数ではないのです。国民も国家とかかわらざるをえない集団でしょう。
 はげしい規制能力をもった宗教における信徒や、あるいは、企業の構成員も、自分の所属集団を越えたレベルでの「ひとびと」ではありえません。むろん政党員も同じことです。
 この世に、国家やイデオロギーを越えた存在で、しかもそれらに影響をあたえうる「無名の、しかも良識のある多数の個人群(ひとびと)など存在するはずがなく、従って私は居もしない相手にむかって訴えようとしているのです。≫

 1984年10月23日 東京・有楽町マリオン・朝日ホール 国際シンポジューム「子どもたちに何を伝えるかー二十一世紀へのメッセージ」での基調講演。

 この引用文にいたるまでの杞憂の内容は深いものがある。あれから30年近くたっているが、国家・国民を守るという、あるしゅ偽善の政党論理にひこずられて、あらゆる国が国家エゴをむき出しに「人類は人類を滅ぼすだろう」の杞憂にむかっているような気がするのは私だけだろうか。

 この文章は彼の『二十一世紀の君たちへ』と題して絵本のような装丁で出版されている書に匹敵し、国内の地方にまでの政治家に読んでいただきたいとのおもいすらする。 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<日曜日の講演会 | メイン | 『小説家のメニュー』>>
コメント
-  -
政治家が来ると、日本人は上座に上げる習慣があります。司馬さんが言われる、人民は国家に属性的な存在ということでしょうか。人類が人類を滅ぼすと言いますが、神も悪魔も人の心に住んでいるので、そのとおりとだと思います。自立する「ひとびと」がいて、真の民主国家だと思います。名古屋市が興味深くなりましたね。ポピュリズムなどと河村市長は批判されていますが、最終的には、名古屋の「ひとびと」が立ち上がり、これからの地方自治を変えていくのですよね。
2011/02/08 11:43  | URL | かわぐちえいこう #-[ 編集]
-  -
 名古屋の川村市長は私も好感を持っていますが、市政の重要課題が、経済問題である以上、民主党のような危うさも十分持ち合わせているように思います。
 名古屋は、他の自治体に比べたらおそらく長年合理的な市政運営がなされていたと思います。ある意味、合理的過ぎて遊びのない台所である可能性があります。
 こんどの市議会議員選挙で、市長党のようなものが大半を占めて、一挙に政策が成果を上げることができると思いますが、傷が大きいと西南戦争のようなことになるかもしれません。いずれにしろ、「破壊」と「創造」を同時にやることがどんなに難しいか私たちは民主党政権で経験したばかりです。ごり押しが、長い歴史の後「凶」と出るか「吉」と出るかしっかり見守っていきたいところですね。
2011/02/08 13:36  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/390-2664e33a

| メイン |