「永富家」
2011/05/17(Tue)

 5月の連休、夫婦で播州を旅行した。
 もともと「永富家」は旅行の計画の予定になかった。

 3日の早朝、中世の龍野城は鶏籠山の山頂にあったとのことで、その山頂に登り、山頂より、豊臣秀吉が攻めてきたときの様子を想像しながら揖保川を眺める。下山して、山懐の近世の龍野城の周辺と城内を見学。そして龍野市立龍野歴史文化資料館に入館。
 その平屋建ての龍野市立龍野歴史文化資料館がまわりの借景によくなじんで、その外構もまわりの空間に調和していてすっきりと美しい。
 これまで見たことのある博物館や美術館では、大山祇神社前の美術館と美しさにおいて双璧だねなどと夫婦で話す。石に刻まれた「龍野市立龍野歴史文化資料館」の文字にもうひとつ「鹿島記念」の文字があったので、入館料を支払うときに「鹿島記念」とはなにのことですかと職員の方に聞いてみた。すると、鹿島建設の関連会社から建物の寄贈を受けたのです。ということで、さすが施主と施工者が同一人物でそれが鹿島建設というのだから超一流なはずよねとも言ったりする。その鹿島建設の社長だった鹿島守之助氏がこの龍野市の出身で、「永富家」から鹿島に養子にはいったのだそうだ。揖保川をくだったところに国の重要文化財に指定されている「永富家」がありますよと教えてくださった。
 なにはさておき行くことにする。
 
 パンフレットには
 ≪・・・17世紀の「永富家」は大地主で、庄屋をかねておりました。寛文12年(1672年)に脇坂氏が龍野の領主となってからは、藩に金を融通したり、あるいは年貢を大阪へ積み出す事を請け負うなど藩主も一目おく存在でした・・・。≫

 とあり江戸時代の民家を今に残しているのです。
 
 この「永富家」の歴史的、民俗学的などいろんな見所があったのですが、私は特にその運営姿勢に惹かれてしまいました。
 このたびの旅でもいろんな施設は公設公営がほとんどだったのですが、職員は公務員です。わたしも公務員のはしくれとしてその運営姿勢の見事さにかなわないものを感じました。
 まずは徹底して掃除が行き届いているということです。掃除になによりもお金をかけていると思えます。
 「永富家」のトイレは立ち入り禁止になっていましたが、管理人住居らしき棟との間にあるトイレは高級ホテル並みでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
<<『発心集』 | メイン | 97「人間の復興と魂の再生」>>
コメント
-  -
 職場が変わったそうですが、慣れる迄が大変だったのですね。
家庭と仕事と、まだまだ働ける若さが眩しいです。
季節変わりには家事仕事も多く、私も夏物を用意したり今日は家の事に追われました。

 ご旅行はご夫妻一緒で、さぞ楽しい旅となりましたことと思います。
ご夫君が骨董好きとは、其れも楽しい趣味かと思います。
テレビ出演、お軸が偽物でなくてよかったですね。
私も時々観ているテレビです。
鑑定団の先生方の豊富な知識や鑑定眼に、驚嘆する時が多いです。
 ご夫君、霞様ですか?
志村様の連歌の座へ霞様の投句がなく、是非又投句なさって下さるようお勧めして下さい。
なんでしたら、あかね様もどうぞ。
このところ原発関連が続き、投句もそちらへ偏り勝ちですが、世の有象無象なんでもありですし、骨董へ傾くお気持ちを表すのも楽しいかも知れません。
どうぞ、よろしくご伝言下さいね。
うたのすけ様、志村様、みどり、が交互に投句していますが、もっと広がりが欲しいと思っております。
 今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
2011/05/20 17:20  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
行政が作る建物は、景観にそぐわぬものが多いようです。景観を壊さぬように配慮するのが、マチづくりの基本です。借景を利用するのはとても重要だと思います。そんな建物とであったとき、そのマチの文化度の高さを感じてしまいます。旅先でそんな建物に出会って、幸せでしたね。
2011/05/24 12:39  | URL | かわ #-[ 編集]
-  -
 なぜかあわただしくてほとんどパソコンの前に座れません。夫にはみどりさんのお誘いをしっかり伝えておきました。夫は最近古文書を読むのは辞書の数だと感じたのかやたら辞書を買ってきます。昨日はいつもの古書店で『現代実用字海』を買おうとしたら本屋さんがくださりとても「庭」とはよめそうもない文字がこの辞書で読めたといってうれしそうです。一文字読むのにこんなに手間がかかるのですから古文書解読は一人でやっていては宝くじを買うようなものだと思いながらつい私もやってしまいます。解読してみるとじつはぜんぜん面白くない文章であることがほとんどです。
 そんなことで日を費やしている昨今の夫婦ですがお付き合いのほど宜しくお願いします。
2011/05/27 09:32  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
- かわ さん -
 ほんとうに幸せでした。
 姫路城が目的だったのですが、ほかに龍野市では「宮本武蔵修練の地」という圓光寺、聖徳太子建立の斑鳩寺。そして書写山圓教寺などにも足を運びました。
2011/05/27 09:55  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/401-75bdfc28

| メイン |