『春朗合わせ鏡』の「がたろ」
2011/07/30(Sat)
高橋克彦著 『春朗合わせ鏡』の「がたろ」から終わり迄を読む。

 この「がたろ」という章にきて「なんだか聞き覚えのあることば」と思ってもしやと過去のブログ記事を調べて「やっぱり」読んでいた。でも、おもしろいので最後まで読むが何一つ覚えていないのが不思議。
 「がたろ」とは、当時、川のそばというか、河原とか橋の下に住んで、川の掃除をしたりする河太郎と呼ばれていた人たちのことだそうだ。ある日春朗は、大洪水で小屋ごと流されそうになる「がたろ」をすくい拾って家に帰る。この人が実に奇特な人でなんでもありがたいありがたいと言ってずいぶん悟っているところが春朗の人生に大きく影響を及ぼす。そのひともまじっての事件解決のくだりがえがかれるのである。最後まで読んでいくと実は彼は江戸で5本の指に入る大きな筆の卸問屋のだんなであることがわかったりする。
 
 このように葛飾北斎の32歳頃の様子がえがかれている捕り物帖っぽい本を読んでいてつくづく思った。
 知り合いの人の中にも推理小説のようなものしか読まない人がいる。飽きないのかしらと思っていたが、たいがいの推理小説はかかわる人の職業や専門的な事柄などがよく調べられてかかれている。そこのところで充分知識欲を満足させられるのだと言うことではないか。この物語でも絵にまつわること、そして江戸時代末期の画壇の様子、などを味わうことが出来る。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『五箇山ぐらし』 | メイン | 春朗合わせ鏡』の「父子道」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/413-cdb8c333

| メイン |