『奇跡の人』
2011/09/26(Mon)
真保裕一著 『奇跡の人』 を読む。

図書館で何気なく手にしたが、帰って開いてみると、400頁もの本で、文庫本のように文字が小さい。
何日かかかってやっと読み終えた。

 交通事故で絶望とされ、命を取り留めたとしても、植物人間と言われた相馬克己という青年の23歳から32歳までの8年間の闘病生活と、それから、退院して社会に復帰した2ヵ月間くらいしかたっていないのに、また火事現場で子供を助けるために怪我をして、8年前と似たような症状になるまでの話。
 交通事故では、体は足に障害が残るだけで、杖をついて歩けるまでになるが、事故から意識が戻る以前の記憶をまったく失ってしまう。 
 これ等のことが、「母親の看病記録」と、「病院での入院生活の中での時々の思い」と、「退院して、失った過去の自分についてしらべ、家事現場で事故に遭うまでのこと」が、並行して語られる。
 この物語のキーポイントは、誰もが結託して彼の過去について語ってくれないということである。
 そのために、よけいに過去について語れない何かがあったのではないかと混乱して、慣れていない社会生活の中でこのような事故をまた招いてしまったということのようだ。

 半分くらい読み進むまで、リハビリに関する本かと思った。
 看護にあたる母親が、一人息子の入院中に癌の宣告を受けて彼を残して死んでしまうかもしれないと、彼への手紙から始まり、ついで彼の看病を通しての彼の病状が日にちを追って丁寧に語られるからだ。
 退院して、まだ一人での生活にも、仕事にも慣れていないのに、自分の過去について執拗に調べ始めた頃から、この物語は本領に入る。

 読み終わってしばらくして、ふと、「なんだ」と気づいた。これは『冬のソナタ』と、たいへん似ていると思った。平成9年5月初版、同年7月には4版となっている。人気の小説家であるらしい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『岩崎弥太郎』 | メイン | 『相対性理論』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/427-dba3492a

| メイン |