「浪華城焼討」
2012/02/06(Mon)
司馬遼太郎著 「浪華城焼討」を読む。

 これは司馬遼太郎短編全集八のなかの作品。

 きょうは夫の付き添いで午前中運転免許証の更新に行き、昼は市会議員の新年会に行った。
 帰ってテレビを見ながら毛糸の帽子を編んで日を暮らした。
 帽子は、何十年ぶりかに編み針を持ってまったく適当に編んだので編み上げるまでには何度も頭に合わせながら、編んでは、ほどいてみたりで、本を読んだことはまったく忘れていた。
 記録しようと思ったら、内容をすっかり思い出せない。
 
 本文中の印象的な言葉をどうにか思い出した。夫にもその言葉を話したので思い出したのだ。誰かに話すと話した内容を覚えているので思い出しやすい。
 「土佐の志士は長州のミカン畑のコヤシになり、薩摩の芋畑のコヤシになった」という言葉だ。

 そうだ、これは土佐の勤皇の義士の話。
 土佐の勤皇の志士は、藩が佐幕派だったために斬られても藩がなんの故障も言い立てないので遠慮なしに斬られた。犠牲者は薩長藩よりも多いのに、維新が終わってみたら維新政府は薩長に独占された。
 その一例。

 土佐の脱藩浪人田中顕助は仲間8人で長州の三田尻の招賢閣に行き、高杉晋作から長州征伐の根拠地になっている大阪城に将軍家茂が入城するのでそれを斬るように言われる。そのときは高杉晋作は藩の中心から遠ざけられていたために軍資金をわずかしか用立てることができずにいた。
 大坂で身を潜めながら計画を練る。8人では城を焼いたばかりでは効果がないので後方攪乱のために途中、篤志家をさがしては一宿一飯に預かりながら同志を募りに3人は山陰路へ遊説に出かけることにした。
 女が出来て、おいしいご飯も食べられている顕助はでかけない。
 出かけた三人は篤志家と思い寄付をお願いした庄屋に強盗が入ったと言いふらされ、近隣の村人によってたかって殺された。後になって三人が勤皇の義士であることがわかって村人によって大きな塚が出来、庄屋は村人に腹を立てられて相手にされなくなる。
 このように、一流の志士はほとんど死に、才質ともに三流の顕助は長寿を得て多くの栄誉を受けた。土佐の志士としてはめずらしい。

 ここまで、彰義隊や新撰組、勤皇の志士などの、司馬遼太郎のいう三流の人々の話を立て続けに読んでみると、世の中三流の人がほとんどで、私のような普通の人間の人生が混迷の時代をどう生きていくのか見ているようで、切なさが自分のようでいろんな人生を肯定して読めることに気づく。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(6) | TB(0) | ▲ top
<<入院時のあれこれ 1 | メイン | 「槍は宝蔵院流」>>
コメント
-  -
こんにちは♪

やっと訪問する時間が取れました(*^_^*)
ブログも随分長く書いていらっしゃるのですね
継続は力なりと良く言われます
がわたくしの場合どこまで続けられるのかは全く自信がありません
本が好きなのですね 素晴らしい事です
私も昔は良く読みましたが今は料理&ブログの更新でいっぱいいっぱいです
もう一つ肝心な事がありました4わんずと暮らしていますので彼らの世話もあります
どうぞ宜しくお願い致します
今日の記事面白く読ませて頂きました(o^。^o)

2012/02/12 15:12  | URL | はやとうり #-[ 編集]
-  -
 ご訪問ありがとうございます。
 最近はこれでも、ほんの少し読んでくださる方のことを考えて記録するようになりましたが、なんという本を読んだかの覚書のつもりではじめたブログなので、交流には程遠く、この場を提供してくださっているプロバイダーに申し訳ないことです。
 そんなブログのことは年末まで、そのアドレスなどを家族以外知人に言ったことがありませんでしたが、なぜか年末ころ何かが吹っ切れてみんなにしゃべりました。
 でも、意外と誰もやっていないみたいなのに驚きました。
 読むのは大好きで勝手な解釈をしていますが、書くとなると大の苦手で、それに時間がかかって読書が半分くらいになっているかもしれません。
 そんなブログですが、今のところ続ける予定です。
 15日には耳の手術で2週間くらい入院する予定なのでその間はお休みしますが、また復帰する予定です。
2012/02/12 17:18  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
-  -
 耳の手術で15日にご入院とは、早くお便り差し上げたかったです。
数日伺わないでおりましたもので、ごめんなさい。
私のコメントへのお返事、拝読致しました。
病状くわしく存知ませんが、必ず御快復なさると思います。
 温かそうなニット帽が目に浮かんでいます。
しばらく、お話しできず残念ですが、お帰りになりましたら又お話し致しましょう。2週間長いですね。
入院中、きっと読書なさると思いますが、ご無理なさらずにね。
ご夫君の方へも時折伺っております。
それでは、くれぐれものご無事を祈念致しております。
2012/02/16 18:21  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
えいこうさんのブログであかねさん、入院なさっているのを知り参りました。耳の手術ですか。痛そうです。どうぞゆっくりご養生なさり早くお元気になられますよう。たまたま録音を載せましたが、お聞き頂けませんね。完治なさってからどうぞ。それではお大事に。
2012/02/20 22:09  | URL | 花てぼ #ZjTFAI5c[ 編集]
- みどりさん -
 今日退院いたしました。
 入院中は、ご心配をおかけいたしました。
 そのあいだの、いろいろな心づくしに感謝の気持ちでいっぱいです。
 ありがとうございました。
2012/02/29 17:21  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
- 花てぼさん -
 今日退院いたしました。
 結構大変な手術でしたが、全身麻酔でぜんぜん痛くなく、その後もほとんど痛くありませんでした。
 ご心配ありがとうございました。
 録音楽しみに聞かせていただきます。
2012/02/29 17:26  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/475-357b6b96

| メイン |