『松本清張全集1』
2012/04/22(Sun)
『松本清張全集1』 を読む。
2段組で、文字の小さいのに難儀しながらの読書であった。
 知人のおおくが、読み始めると最後まで読まないと気がすまないので、主婦がそんなこともしていられないから読書はしないという。
 私は外出を好まないので、読書は家事の合間の暇つぶしに読んでいるだけだと思っていた。このたびも、読み始めると最後まで読むということはせず、暇ひまに読んでいたが、この松本清張の作品は続きが気になり早く続きが読みたいと思う作品で知人の気持ちがわかった気がした。
 この全集1には『点と線』、『時間の習俗』と、『影の車』と題して7話の短編があり、その後14ページのていねいな解説がある。
 ここでは、この解説を読んで、私がどんでんがえしをうけたことについて特記する。
 私は国文学を多少学んだことがあるが、その中に推理小説というジャンルはなかった。どちらかというと推理小説は大衆文芸の部類だったのかもしれない。
 しかし、この解説では、松本清張の作品を文学作品として取り扱い解説が進められていく。
 文学界のなかでの、推理小説ブームと、松本清張ブームなどの位置づけから解説されてゆく。
 この解説を読んでいて、推理小説家の書く歴史小説とについて改めて考えさせられた。

 松本清張は歴史学者のもとに行って、歴史について学んだり書籍に触れたりしたようである。その歴史学者がのちにそのとき調べたことを主題にした松本清張の作品を読んで、その読後感を新聞に書いたことがあるという。そのなかに、主人公の秘密をかぎとるような眼光紙背に徹する態度こそ私ども史家の学ぶべきものにほかならぬと書いていたことについて、この解説では、その歴史学者こそ松本清張に嵌められていると述べている。

 こう読んでいくと、私も実は嵌められているのではないかと感じた。
 直前に読んだ松本清張の歴史小説にいままで読んだことのないものを感じて、この歴史認識が大きく自分に欠けていたと思い込み、松本清張に関心が深まり清張のものを読んでみようという気になったのだった。
 とくに、徳川家康の各大名に対する処遇についての記述で、歴史上あったことは一般常識の範囲であるが、なぜ家康がそうしたのかの心理が、いままで描かれていなかったことであって、真相はそうだったのかと、私も嵌められていたのではないかということであった。この解説によると、まったく主人公の歴史上の人物の心境というのは、作者の想像力の所産であって、作り上げられたものであるというのだ。
 山岡壮八や司馬遼太郎そのほかの歴史作家が描くそれぞれの徳川家康がそんなに違っていたとは思えないが、とにかく松本清張の場合はまったく違ったイメージで、リアルに迫ってくるものがある。
 しかしそれは推理小説作家による迫真的なフィクションであるというのだ。そしてそれは、松本清張自身の前半生のなかにこの世を呪詛しその不合理な社会の仕組みに復習せんとする声があり、それを世を代表して実在の人物に仮託していたのだというのである。
 そういえば、家康の江戸幕府構築が、まるで、殺人犯が自分のアリバイ工作を崩れないように綿密に計算して一糸乱れぬ手順でちゃくちゃくとすすめて犯罪をおかすといった描き方と似ているのである。いろんな努力が積み重なって成り行きそうなったというのでなく、成った江戸幕府を家康が綿密に計算して成るべくして成ったと思わせる筆法なのではなかったか。そんなことにも注目しながら松本清張をもう少し読んでいきたい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
<<『源氏物語を知っていますか』 | メイン | 『駅路/最後の自画像』>>
コメント
-  -
清張は私も好きです。中学生の時「黄色い風土」と言うテレビドラマで。すっかり気に入りました。「点と線」は確か青函連絡船が重要な謎解きとして出てきますが、私も何度も海峡を渡っていましたのですぐ謎が解けたのを記憶しています。私の近くの町に、清張を語らせたらこの人の上をいくものがないという人がいますが、一度解説をと思っているのですが、なかなかシャイな人で、表面には出てきません。残念なことです。
私はいま、函館出身の宇江佐真理さんの時代物に凝っています。ブックオフで12冊購入してきました。
2012/04/26 12:25  | URL | ぐち #-[ 編集]
-  -
 楽しそうですね。宇江佐真理さんの時代物のことブログで拝見しました。読んだあとどんな感じか教えてください。
 推理小説そのものは、面白いのですが読後感を書く気になりません。どうしてでしょう。
 入院中、病院の本棚は推理小説がおおく続けて何冊か読んで極めつけ松本清張を読んでいくうちずいぶん世間ずれがして大人になったような気がしています。いま、清張の古代史の謎を読んでいますが、10年くらいかかりそうな感じです。これは反対に1ページごと物申したい内容で、おなじページを何度も読み返しています。
 ブックオフで買われたら、読んだあとどうされるのですか。私の家でも、最近夫がブックオフをよく買ってくるのですこしうんざりしています。夫が欲しがる本が分厚くてとてつもなく重いのも原因しています。目の前にあまり読めそうにもない本が増えていくと、もう本はいいわ!と夫が作ってくれるココナッツのゼリーをお腹いっぱい食べていつのまにか猫の額ほどの庭でごそごそミニトマトなんか植えています。
2012/04/26 20:34  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
-  -
「読み終わった本がありましたらお持ちください」と言われますが、105円の本いくら持って行っても値段は知れたものです。資源ゴミ回収の時に町会に出します。紙類や空き缶類で、年間6万円ほど市役所からバックがありますので、貴重な町会費になります。
2012/04/29 12:03  | URL | かわ #-[ 編集]
-  -
 私の自治会でも収集が昨年から始まりました。それがいくらになるのかは分かりませんが、当日はずいぶんの協力があります。
 でも、面白い本なら、安価でたくさんの人に手にとって読んでもらいたい気もしますね。
 先ごろ、私とおなじ職業で62歳の方が癌で亡くなられました。こんなことがあると身辺を片付けたくなるのが人情で、つい片付かない本の扱いにもどうしたものかと年甲斐もなくうろうろしてしまいます。
2012/04/30 12:32  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/490-fbd68be5

| メイン |