『妖怪』
2012/07/30(Mon)
 平岩弓枝著 『妖怪』を読む。

 久しぶりの歴史小説。
 ちょっとした大作だけど二日でどうにか読み終えた。
妖怪とは、鳥居甲斐頭忠耀(タダテル)のことで、耀蔵(ヨウゾウ)ともいったその耀(ヨウ)と甲斐(カイ)をとって妖怪といわれ、町奉行として、ときの庶民に嫌われたことを意味している。
 この書は、妖怪と言われて嫌われたその鳥居忠耀(タダテル)の物語である。
 嫌われた人が歴史小説の主人公になるのは珍しいが、じつは江戸時代の末期、飢饉や地震・洪水などの天災が続き、庶民の生活は苦しく、また先の将軍の浪費によって幕府の台所は火の車、それに異国の船は日本近海を右往左往している、幕府の権力は地に落ちつつある。そんな中で、老中水野忠邦に見出され改革の志を聞かされ町奉行など幕府の官僚となり、幕臣旗本として、幕府のために命を捧げて働いた彼の姿を、やはり旗本の子孫を自認する代々木八幡の一人娘の平岩弓枝(大正7年生まれ)がえがいたものである。
 読んでいて、これは今の時代を書いているのではないかと思えるほど、政治課題が似ている。こんな課題があるとき、この国を良くしようと、頑張るが、あらゆることがあちらを立てればこちらが立たずで、そのことを楯に、失脚を狙う政敵にボロボロにされてしまう。その様子も今の時代と変わらない。
 本の構成が序破急といった形になっているので、読みづらかったが、映像に携わることの多かった著者だからかなとの思いがした。
 また、読んでいてこの文章の主語が読み返してもわからないところが2箇所あり、自分も文章を書いていて、この分だと、誰がこのことをしたのかわからないから書き直そうと思ってもどう書くと明確伝わるのかわからないことがよくあり、これだけの作家でもこんなことがあるのかと思った。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『カランコロン漂泊記』 | メイン | 『ブラッドベリ、自作を語る』2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/517-abd31dfa

| メイン |