『街道をゆく 18』 1
2012/09/29(Sat)
 司馬遼太郎著 『街道をゆく18』越前の諸道 前半100ページあまりを読む。
 ここでは福井県大野市南西にある宝慶寺を訪ねる。
 この宝慶寺というのが、存在するのかどうかさえわからないまま訪ね、意外なものに出会うという結末である。
 宝慶寺とは、道元が1223年24歳で、入宋したとき、中国人で、道元に親炙し、道元が日本に帰ってから1年遅れて来日し栄西の開いた臨済宗の建仁寺にいる道元のもとに行く寂円という人が開いたお寺。
 道元亡き後、道元の開いた永平寺のほかの僧が、道元の信仰を理解していないことを嘆き、ひとり山中に18年こもりこの宝慶寺を開いたというのである。永平寺のほうは、以後栄えて(栄えさせるということが道元の意思から大きく外れている)今日人々に知られるところであるが、この宋僧寂円の記録はほとんどないのだそうである。
 今では(この文章の書かれた昭和55年ころ)過疎になって、住民がみんないなくなった里の奥深くに、この宝慶寺を見出す。
 このお寺は、永平寺から、僧が5人くらいずつ順番にやってきて守られていた。
 宝物殿をみせてもらい、世に広く紹介される道元の像がここに保存されているものであることを知る。
 道元の信仰への思いと、それに親炙する中国人の僧の思いが熱く語られる。

 永平寺には、二十歳の頃、タイピスト仲間の職場の人のメンバーに入れていただいて、福井、石川、富山と旅したときに行ったことがあるが、遠い思い出で、きりっとしたお坊さんの顔が印象的だったことくらいしか思い出せないでいる。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『街道をゆく 18』 2 | メイン | 『街道をゆく 17』 2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/531-9f747e56

| メイン |