『毛利元就』
2012/10/31(Wed)
 吉本直志郎著 『毛利元就』 を読む。
 少し前の『ヤン一族の最後』同様、図書館で、郷土広島の作家の著書のコーナーにあった本。
 『ヤン一族の最後』が、職場で3年間お世話になった方の作品であったこともあり、少しづつでも、このコーナーの本を読んでみようと借りたのだった。
 毛利元就が、広島の出身であるので、郷土研究をされている方が書かれたのかと思い、PCで検索した。
 記憶したいので書き写す。
 ≪11歳の時、原爆孤児のための養護施設「広島戦災孤児育成所」(佐伯郡五日市町(現在広島市佐伯区))に入所。広島県立広島国泰寺高等学校卒業までここで過ごす。1978年に同所の体験をもとにした『青葉学園物語 右向け、左!』を発表し、児童文学作家としてデビュー。同作は日本児童文学者協会新人賞受賞、ベストセラーとなりシリーズ化、1981年市毛良枝主演で映画化もされた。子供たちを中心に描いた物語のほか、歴史を題材にした作品などを手がける。≫
とある。
 しきりに、ここで述べられている映画が見たいという気持ちがする。

 『毛利元就』に話を戻す。
 明治維新のころ、毛利の藩主は、「そうせい公」といわれたという。家臣の意見に対して
いつも「そうせい」(そのようにしなさい)といったからだが、毛利家は毛利元就以前から、家臣団の協議によってことを決めていたことが伺える。領主の家というものが重要であったからであり、領主そのものより、家を繁栄させることが重要で、その家のために、領主を家臣で評議して決める場面も多くある。家臣が有能であることにより、立派な領主がきまり、その領主によって、有能な家臣が重んじられていく様子が伺える。

この夏、里帰りしたときに、いつもとは違った道を帰った。途中、豊かな家ばかりがある里を通ったとき、夫が、ここは豊かな家がおおいのは、毛利元就が、最後に尼子を討ったとき、一族の命を助けて、この地にまとめて住まわせ、税も取らず、自主管理させていたからだといったが、物語の最後、226回もいくさをした毛利元就がもはや首を取ったり城を取ったりのあらそいに無常観を抱いたのか尼子の義久とその弟たちの命を助けていると締めくくっている。
 とりあえず郷里の毛利元就の話を読むのは、幸せな一時であることを改めて感じた。



スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『徳川家康』 | メイン | 『無宿人別帳』>>
コメント
-  -
「そうせい・ああせい」「くたばってしめい」(まつ・もっとこうしろう」こんなことから名前がつけられたり、愛称で呼ばれるのは、人柄と将来を嘱望されているからなんでしょうね。ご主人のサユリスト。元気回復になるでしょうね。
2012/11/03 11:44  | URL | ぐ #-[ 編集]
-  -
5日くらい前、夫は寝床から起き上がれないほどの腰痛になり、病院にも車で連れて行ったくらいでした。
 その間、私は、宅地を畑にしたところで作られた野菜をざる2杯くらい買ってきて、次々と洗って調理したり、冷凍保存して、すぐに調理できるようにしたりと、主婦の座を奪還にすべくがんばっておりました。
 なのに2・3日して、自分で勝手に病院へ行って、しかも、なんとか屋にまでよって、買い物までしていたのです。私は、すでに今日も奪還の努力の甲斐もなく、研修で広島旧市内まで行って帰って、夫の作った鍋物で夕食を済ませました。
 奪還しかかったときには、職場で「女が長生きするのは台所を預かっているからだと思う。夫や子どもたちのために作っているといいながら、結局は、自分のその日の体調に合わせた献立や味付けになっていることを改めて感じる。人の体調に合わせて作られたものを食べるようになってそのことを身にしみて感じる。今やっとその台所を手に取り戻すことができた。」などとしゃべっていたのに・・・。
 でも、そうは言っても、やっぱり作ってあるとうれしいし、後片付けだけでいいというのは・・・・。感謝。感謝。
 何事もいいことだらけにはいきませんね。

 夫のサユリストには、ただ単に美しい人だからというだけでなく、家族の犠牲になった生い立ちや、昭和20年生まれという共通点があり、われわれ戦後生まれには理解できないどうしょうもない思いを感じます。
 私は夫の末の弟と歳が近くて、夫が一生懸命弟のためにやっていることを弟が理解しない様子を見ると、実は私も義弟と似ているのかなと反省します。
2012/11/03 20:17  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/538-544342ea

| メイン |